20代の平均年収とは?

20代の平均年収は正規と非正規で差はありますか?

厚生労働省の調査により、20代の正規と非正規の平均年収の差は100万円以上あることがわかっています。その理由の一つは、福利厚生が正社員にのみ適用している会社が多いからです。「20代の平均年収はどのくらい?正規と非正規での違い」の記事でも解説していますのでご覧ください。

学歴によって初任給は違いますか?

新卒・新入社員の初任給は最終学歴によって異なることが多いです。高卒より大学卒のほうが初任給の平均額が高いといえるでしょう。詳しい金額は、「初任給の平均はどれくらい?学歴別に見てみよう」でご紹介しています。

20代の正社員で平均年収に差がつく理由は?

月給によって差がつくのはもちろんですが、平均年収に差がつく要因として考えられるのは手当や昇給額の違いです。昇給制度が整っている会社であれば、長く勤め続けることで必然的に年収がアップしていくため、差がつきます。20代後半の平均年収については「20代後半から差がつく?平均年収と給与アップのコツ」で詳しく解説していますのでご覧ください。

平均年収は働く業種によって違いますか?

平均年収は業種ごとにも差があります。しかし、20代のうちは業種の違いよりも学歴や働き始めた年齢によって差を感じることが多いかもしれません。「平均年収を年齢別にご紹介!気になる収入アップの方法とは」で業種別の平均収入額をご紹介しています。

正社員とフリーターの給与の違いはどれくらいありますか?

正社員とフリーターの給与には、大きな差があります。 平成30年に国税庁が行った調査によると、正社員の平均年収は男性が約559万円、女性が約386万円となっています。対してフリーターの平均年収は、男性が約236万円、女性が約154万円です。そのため、男性は約320万円、女性は232万円の差があります。
参照元
国税庁
「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」2 調査の結果 ハ 平均給与

年収をアップさせるにはどうしたらいいですか?

フリーターや派遣などの非正規で働いている場合は、正社員を目指すことで年収アップが期待できるでしょう。すでに正社員の場合でも、今よりも待遇が良い会社に転職することで年収がアップする可能性があります。なお、転職を考えるのであれば就職・転職支援サービスのハタラクティブがおすすめ。プロのアドバイザーが求人の紹介から選考対策まで無料でサポートしてくれます。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION