人と話すことが苦手!面接を成功させるコツってあるの?

人と話すことが苦手!面接を成功させるコツってあるの?の画像

この記事のまとめ

  • 面接が苦手という気持ちを受け止めて、自己分析を行う
  • 自分のことを話すのが苦手な人は、企業の求める人物像に合わせてまとめる
  • 目上の人と話すのが苦手な場合は、最低限の敬語やマナーを身に付ける
  • 失敗するのが怖いという人は、出来ないと思い込まない
  • 面接を成功させるためにも、事前の準備が肝心!
  • 一人で面接対策を行うのが不安な場合は、ハタラクティブへ相談を!

就職活動や転職活動において切り離すことができないのが面接。
一次面接や二次面接、最終面接などを行う面接官はそれぞれ異なることが多く、当然見られるポイントも異なります。
人と話すことが苦手な上に緊張が加わって上手く話せない人もいることでしょう。
ただでさえ面接そのものが苦手なのに、不採用通知が来てしまうとモチベーションが下がるという人もいるかもしれません。
こちらのコラムでは、面接が苦手な方へ向けて面接成功のコツをケース別に紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

◆面接が苦手だけど、攻略法はある?

面接が苦手、嫌いと思うことには、「自分のことを話すのが苦手」「目上の人とのコミュニケーションが苦手」「失敗するのが怖い」など、人によってさまざまな理由があります。
自分がなぜ「苦手」と思っているのかを分析し、苦手な部分を解消することで成功につなげることができます。
まずは苦手だという気持ちを認識して、それを改善する努力をしてみましょう。


未経験OK多数!求人を見てみる

◆面接を成功させるのためのコツ

それでは、具体的にはどのようなことを行えば面接を成功に導くことができるのでしょうか。
苦手意識のケース別に対策方法を紹介します。

【自分のことを話すのが苦手な場合】

まずは自己分析を行い、企業の求める人物像に沿って伝えるべきポイントを選びましょう。
その際、話すのが苦手だからといって話す内容の丸暗記をしてはいけません。面接本番で頭が真っ白になったとき、丸暗記では何も思い出せなくなるというケースが多々あります。
自分の考え方を持って、自分の言葉で話せるように練習しておくことが大切です。
もしも予想していなかった質問が行われた場合は、「少しお時間をいただけますか」と回答を待ってもらうこともできます。
面接を担当してくれる方と誠意をもって対話しましょう。

【目上の人とのコミュニケーションが苦手な場合】

目上の人と話すのが苦手な場合は、失礼にあたらないよう、敬語や基本的なビジネスマナーを身に付けましょう。
失敗してしまったときには、すぐに謝罪することを心掛けます。
また、言葉遣いに気を取られてばかりで面接の内容対策を怠らないように注意が必要。
求められているのはそこで働きたいという熱意です。
「面接を受けるということは、相手は自分のことを知りたいと思ってくれている…」というような前向きな考え方を持ち、面接に挑みましょう。

【失敗するのが怖い場合】

面接という大きな場で「失敗したらどうしよう」と考えてしまい、プレッシャーで上手く動けなくなる人もいるかもしれません。
「自分には出来ない」と思い込んでしまわないように、今までに頑張ってきたプロセスを大切にして考えを的確に伝えられるようにしましょう。
模擬面接などをすることで、面接そのものの空気感や会話に慣れておくことが効果的です。
好印象を与えられるよう、面接官へ共に働くビジョンをアピールすると良いでしょう。
面接官と会話をするという気持ちで、緊張しすぎないようにすることが大切です。


◆面接対策ならハタラクティブ

面接時に失敗しないためには、事前の対策が肝心です。
自己分析や企業研究を徹底的に行いましょう。
事前準備をしっかり行うことで自信が身につき、苦手意識を攻略することができるかもしれません。

「一人で面接対策を行うのは不安…」「的確なアドバイスがほしい」と思う方はハタラクティブを活用してみてはいかがでしょうか。
若年層に特化した就職支援サービスに取り組んでいるハタラクティブでは、面接対策をしっかり行っています!
正社員としての就職や転職を成功させたいという方のご利用をお待ちしています。