面接で落ちまくったフリーターが内定をもらえるようになるまでにやったこと。

面接で落ちまくったフリーターが内定をもらえるようになるまでにやったこと。の画像

テストパターン

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

フリーターの就職は難しい?でも受ける人の違いで結果も変わる

あなたは同じフリーターでも就職活動が順調にいっている人とあまりうまくいっていない人を見たことはありませんか?
両者とも同じフリーターという立場にもかかわらず、なぜ結果に大きく差が出てくるのでしょうか。就職活動であるので受ける会社による違いもありますが、準備の内容によって結果は大きく変わっていきます。
面接に受かるための準備には大きく2つの要素があります。それは面接の時に話す内容の整理と、模擬面接の実施です。

面接の時に何を話す?

面接を受ける中で何を話すかは非常に重要です。ここで自己アピールをできなければ当然面接では落とされますので、徹底した準備をしておく必要があります。
面接がうまくいく人とうまくいかない人との違いはこの準備の段階で分かれると言えるでしょう。
では準備で何をすれば良いのでしょうか。まずは志望動機を固めることです。
面接官からすれば長く活躍してくれる方を迎えたいと考えますので、志望度が高い人を積極的に採用したいと考えるでしょう。したがって、自分の志望動機をわかりやすく、かつ具体的にまとめる必要があるのです。

注意すべき点は、どの会社でも言えることを志望動機に含めないことです。どうしてもその会社に入りたい理由を面接官に感じてもらうために、その会社ならではの志望動機をきちんと伝える必要があります。そのため、企業研究を十分に行いましょう。
この時、自分で調べることはもちろんですが、可能であれば就職支援サイトなどを利用して会社の情報を集めるのが良いでしょう。

面接練習を繰り返し行う時のポイント

面接をパスするためには伝えたい内容をスムーズに伝える必要があります。そのため、十分に練習しておくことが望ましいです。
自分でイメージしながら練習しても良いですが、おすすめなのはその企業の面接に関する情報を有している就職支援サービスのコンサルタントを利用することです。
就職支援会社の場合、面接官が何を質問するのか、チェックポイントについて情報を有しています。そのため、コンサルタントを相手に面接練習を行うことでより本番に近い面接練習が可能になります。
特にフリーターの場合であれば、これまでどういった経験を積んできたのかというのをしっかりと伝える必要があるので、フリーターの就職事情に精通しているコンサルタントに相談するのが良いでしょう。
志望動機や自己PRなどは自分の言葉できちんと伝えることで意欲の高さが自然と伝わるものです。そのため、事前に考えていた想定回答を棒読みにならないように、スムーズに言葉にできるまで繰り返し練習する必要があります。そうした繰り返し練習をしておくことで本番でもあがることなくアピールできるようになります。
人前で話すのが苦にならない方であっても面接という独特の場に慣れるためには繰り返し練習するのが良いでしょう。また、緊張しやすい方は特に繰り返し練習をすることで本番であがり過ぎるのを防げるでしょう。

現在フリーターの方におすすめのサービス

面接の時に話す内容や面接練習は、自分の立場に立って考えてくれるコンサルタントに相談すると効果的です。フリーターの就職に強いハタラクティブであればニーズに応えることができるためオススメだと言えるでしょう。

関連タグ

  • arrow