営業事務に向いてる人・向いてない人の特徴をチェック!

営業事務に向いてる人・向いてない人の特徴をチェック!の画像

この記事のまとめ

  • 営業事務に向いてる人には責任感が強い、臨機応変に対応できるといった特徴がある
  • 営業事務に向いてない人には一人で作業したい、主体的に動けないとった特徴がある
  • 営業事務に向いてる人になるには、仕事に優先順位をつけ情報共有を行うことが大事
  • 営業事務として働くことで、会社への貢献を実感できるメリットがある

営業事務に向いてるのはどんな人か知りたい方は多いでしょう。営業事務に向いてる人には「コミュニケーション能力がある」「計画を立てるのが得意」といった特徴があります。営業事務の仕事に興味のある方は、向いてる人の特徴を事前にチェックしておきましょう。このコラムでは、営業に向いてる人、向いていない人の特徴をご紹介。また、営業事務に向いていない人が向いてる人に近づくための方法も解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

営業事務に向いてる人の特徴4つ

営業事務に向いてる人には「コミュニケーション能力がある」「チームで働くことが好き」「臨機応変に対応できる」などの特徴があります。営業事務の役目は、営業スタッフが業務を円滑に進められるようサポートし、お客さまに満足してもらうことなので、自分に何ができるか常に気を配るのが大切です。
以下では、営業事務に向いてる人の特徴を詳しく解説するので、自分に当てはまる特徴がないか確認してみましょう。

1.コミュニケーション能力がある

営業事務に向いてるのは、コミュニケーション能力がある人です。営業事務の仕事は一般事務に比べると、コミュニケーション能力が求められる場面が多い傾向に。営業スタッフだけでなく、社外の人とのコミュニケーションを取る機会も多いでしょう。

2.計画を立てるのが得意

営業事務に向いてる人は、計画を立てながら仕事を進めるのが得意な人です。営業事務の仕事は、電話対応や書類作成、顧客対応といった幅広い業務に携わります。複数の業務を並行して行うので、効率良く計画的に業務を進められることが求められるでしょう。営業事務の仕事内容については「営業事務の仕事」のコラムで詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3.臨機応変に対応できる

物事に臨機応変に対応できる人は、営業事務に向いてるといえるでしょう。営業事務の業務は、営業スタッフや顧客から急な依頼をされる機会が多くあります。このようなときには、自分の仕事があってもイレギュラーな対応が必要となることも。また、営業スタッフや顧客から、マニュアルにはない対応を求められることもあります。営業事務の仕事では、自分で最善の方法を考え、臨機応変に対応すべき場面が多いといえるでしょう。

4.責任感が強い

責任感が強い人は、営業事務に向いてるでしょう。顧客情報の管理や書類作成といった業務は、ミスが起きないよう、特に注意を払わなければなりません。そのため、ミスを起こさないよう常に意識する責任感の強さが求められます。

営業事務に向いてない人の特徴4つ

営業事務に向いてない人には「一人で作業したい」「主体的に動けない」といった特徴があります。営業事務を目指そうと考えている方は、自分に当てはまる要素がないか確認しておきましょう。

1.一人で作業したい

一人で作業したい人は、営業事務に向いてない可能性があるでしょう。営業事務は基本的にチームで業務を分担し、目標達成を目指します。そのため、一人でコツコツと業務を進めるのが好きな人は、営業事務は向いてないといえるでしょう。
営業事務に向いてない人の特徴は「営業事務の仕事はきつい?辞めたい理由や疲れたときの対処法を解説」のコラムでもまとめているので、あわせてご覧ください。

2.マルチタスクが不得手

マルチタスクが不得手な人も営業事務に向いてないでしょう。営業事務の仕事は、複数の業務を並行して行います。書類作成中に電話対応を行ったり、営業スタッフや顧客からの急な要望に対応したりと、自分が取り組んでいる業務を遮られてしまうことも。多くの業務を振られることが苦手という方は、営業事務に向いてない可能性があります。

3.主体的に動けない

主体的に動けない人も、営業事務に向いてない人の特徴です。営業事務は営業スタッフと連携して業務を進めますが、営業スタッフが忙しいときは、指示をもらえないことも。そのような場合には、主体的に行動することが求められます。指示された仕事しかできないと、営業スタッフを十分にサポートできません。与えられた仕事をこなすことの方が得意な人は、営業事務に向いてない可能性があります

4.パソコンでの作業が苦手

パソコンでの作業が苦手な人は、営業事務に向いてないといえます。営業事務は一般事務に比べると、パソコンスキルが求められる傾向に。請求書・見積書といった書類を作成するには、ExcelやWordを使用できることが前提の場合が多いので、パソコンでの作業が苦手な方は営業事務に向いてないでしょう。

営業事務に応募する際の、志望動機のポイントについて」のコラムでは営業事務の仕事に必要なパソコンスキルをご紹介しています。営業事務を目指すにあたり、自身のパソコンスキルを磨きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

営業事務に向いてない人が向いてる人に近づくには?

営業事務に向いてない人が向いてる人に近づくには、「仕事の納期を把握する」「情報を共有する」といったことを日常的に意識することが大事です。以下に詳しく解説していくので、「営業事務に向いてない…」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事の納期を把握する

営業事務に向いてないと感じる人は、仕事の納期を把握できるようにしましょう。納期に間に合うよう仕事をすることは、営業事務に限らず社会人として大事なことです。仕事を依頼された際には、いつまでに終わらせて提出すれば良いか、自分の中で期日を設けておきましょう。

仕事に優先順位をつける

営業事務に向いてる人になるには、仕事に優先順位をつけることを意識するのが効果的です。営業事務の仕事は多岐にわたり、緊急対応の必要な業務が発生することがあります。一つの仕事に集中してしまうと視野が狭くなってしまい、ほかの業務に支障をきたす可能性も。一つひとつの仕事に対して、終わらせるのに必要な時間や納期を把握しておきましょう。そうすることで、仕事の優先順位をつけながら業務を進められるようになります。

情報を共有する

営業事務に向いてない人は、情報を共有することを常に意識してみてください。営業事務の仕事は、営業スタッフとの連携がとても重要。営業スタッフは社外にいることが多いので、何かあった際には連絡を取り、すぐに情報を共有することを心掛けましょう。日常的にコミュニケーションを取るよう意識すれば、業務の際にも円滑に連絡を取りやすくなるでしょう。

新しいことに関心を持つ

新しいことに関心を持つことで、営業事務に向いてる人に近づける可能性があります。営業事務の仕事では、新商品の販売や新しい営業スタッフが入ってくるといったように、新しいことに触れる機会が多いことも。新しいことをポジティブに捉えて、学んだり身につけたりしようとする姿勢を持つことが大切です。そうすることで、自分の仕事に対する向き合い方や考え方が変化する可能性があります。

営業事務の仕事が向いてないと感じる人は、仕事の種類を変えてみるのも一つの手段です。営業事務の仕事の種類は「営業の仕事の種類はどんなものがある?」のコラムに載せているので、チェックしてみてください。

営業事務として働く5つのメリット

営業事務は、営業スタッフから依頼を受けて書類を作成する機会が多いため、パソコンスキルやビジネススキルが身につきやすいです。また、仕事の基礎となる営業職に関する理解が深まるため、キャリアチェンジがしやすい点もメリットでしょう。下記で詳しく解説します。

1.会社への貢献を実感できる

営業事務は営業部署の一員として、チームで一丸となって結果を出すために働くので、会社が掲げた売上目標の達成に直接貢献できます。会社への貢献を実感できることは、大きなやりがいでありメリットといえるでしょう。

2.パソコンスキルが向上する

営業事務は、請求書や契約書、プレゼン資料など数多くの書類を作成する機会が多いため、ExcelやWordといったパソコンの基本的な操作が身につくでしょう。新たに覚えることも多いため、もともとパソコンスキルがあった方でも、自然にスキルが向上するのがメリットといえます。

3.未経験でも働きやすい

営業事務の仕事にはパソコン操作が必須となりますが、それほど高度なスキルは必要ないため、「未経験可」という求人募集を多く見つけられます。最低限のパソコンスキルが求められる求人もありますが、応募先が多いことは大きなメリットといえるでしょう。

4.キャリアチェンジしやすい

営業事務は、事務作業だけではなく、営業に関わる一通りの仕事内容や専門の知識も身につけられます。また、ほかの事務職よりもお客様と直接コミュニケーションをとる機会が多く、接客スキルが身につくこともメリットの一つです。
このように、営業事務は事務の仕事以外にも多くのことを学べて、己を成長させられるため、キャリアチェンジをしやすくなります。転職するときには、そのまま営業事務としてのキャリアを活かす以外にも、営業職や人事、労務事務などさまざまな選択が可能です

5.プライベートを充実させやすい

営業事務は営業職に比べると、プライベートを充実させやすいメリットがあります。
営業職の場合は、外回りも多く顧客の都合に左右されるといったように、退社時間を自分の希望でコントロールしにくいのが現実です。しかし、営業事務の場合は、営業部署で働いていても、ほかの事務職と同様に残業が少なく、退社時間も含めてプライベートを充実させやすいといえます。

営業事務でスキルアップを実現する方法

営業事務でスキルアップするには、「資格を取得する」「目標達成意識を持つ」といった方法が有効的です。自身のキャリアパスを広げることにもつながるので、ぜひ参考にしてみてください。

資格を取得する

将来的にほかの事務職として活躍の幅を広げていきたいと考えている方は、資格を取得するのがおすすめです。たとえば、簿記の資格は経理事務、TOEICは貿易事務に活かせます。事務職に関する資格を取得すれば、営業事務以外の事務職にキャリアチェンジを図ることが可能です

目標達成意識を持つ

営業事務でスキルアップを図るには、目標達成意識を持つことが大事です。営業事務という立場であっても、製品の売上や会社の利益を伸ばすために工夫することは可能。営業事務として最低限の仕事をこなすだけではなく、能動的に動くことがスキルアップにつながっていきます。

「営業事務の仕事が自分に向いてるか知りたい」「未経験から営業事務に就職・転職したい」とお悩みの方は、就職・転職エージェントを活用しましょう。
就職・転職エージェントでは、専任のアドバイザーが手厚く就職・転職活動をサポートします。仕事探しに関する相談もできるので、一人での就活に不安を感じている方にもおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、「営業事務の仕事は自分に合ってる?」「営業事務の仕事に挑戦してみたい」といった相談にもお答えしたうえで、あなたに合った求人や職場をご紹介します。
はじめての就職だけでなく、転職を希望している方もご利用が可能なので、職場に希望することや将来のキャリアプランをお伝えください。専任のアドバイザーが希望をヒアリングし、おすすめの求人をご案内いたします。
仕事の選び方以外にも、書類作成方法や面接対策といった実践的な内容もしっかりとサポート。サービスの利用はすべて無料です。まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ