新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学中退からのニート…脱却する術とは?

大学中退からのニート…脱却する術とは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・大学中退の主な理由として、経済的理由や学業不振などが挙げられる
    ・文科省の調査によると、年間の中途退学者は2.65%いる
    ・資格取得や職業訓練の受講、就職活動の実施など、前向きなアクションを行うことで、ニートから正社員を目指すことが十分に可能

大学中退し、さらにニートに…。将来に不安をお持ちではありませんか?確かに卒業者に比べると、中退者は学歴に曇りが出ることは確かです。
それ相応の中退理由が無ければ、履歴書に中退の2文字を記載するのは心苦しいものがあることでしょう。
しかし、中退してニートになったからといって、正社員になれないとは限りません。このコラムでは、中退者に多い理由、ニートから正社員を目指すためにやるべきことなどについてご紹介しています。

◆大学を中退する理由

受験勉強に注力し合格を勝ち取って入学したものの、大学を中退してしまう人は意外と多いものです。中退を決断する人に多い理由には、どのようなものがあるのでしょうか。
主に以下のような理由から、中退に踏み切るようです。

・経済的な事情
・人間関係(周囲に馴染めないなど)
・病気や怪我などの身体的な理由
・学業不振
・就職
・留学 など

就職や留学などは比較的前向きなイメージはありますが、基本的にはネガティブな理由が多いようです。確かに、最終学歴が高卒になるのは悔しいことかもしれません。
しかしあまり後悔せず、中退することで得られるメリットについても目を向けてみましょう。例えば金銭面。学費を払うために学業とアルバイトを両立し、心身に負担を感じていたのであればそこを解消することが可能です。
また、時間にもゆとりができるため、気持ちにも余裕が生まれます。自分とじっくり向き合う時間が作れますし、やりたいことに専念できるでしょう。


◆大学中退はあなただけじゃない

後ろめたい気持ちに引っ張られると思いますが、大学を中退する人はあなただけではないですし、珍しいことでもありません。
文部科学省の調査によると、平成24年度に中退した人は79,311人という結果が出ています。調査対象である全体の生徒数が2,991,573人なので、年間に中退している人は2.65%です。
約37人に1人が中退に踏み切っていると考えると、それほど少ない数字でもないのかもしれません。

大学中退後、ニートから正社員になった人がいるのは事実です。自分だけだと悲観しすぎず、今できることは何か前向きに考えることが大切なことと言えるでしょう。

参照元:文部科学省 - 学生の中途退学や休学等の状況について http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/10/__icsFiles/afieldfile/2014/10/08/1352425_01.pdf


◆大学中退ニートからの脱出

大学中退後にニートになる人の悩みで多いのが、就職できるのかという将来のこと。大きな不安要素の1つと言えるでしょう。不安を払拭するために必要なのは、徐々に自分に自信をつけていくことが大切です。
具体的には、資格を取得する、職業訓練に行く、自己分析をする、何事もポジティブに変換するよう癖づける…など。まずは何かしら始めてみることが大切です。
そして小さくても良いので、目標を立てそれを達成していきます。この積み重ねにより自信がつくきっかけになるので、ぜひ試してみてください。

次のステップは、就職活動の開始。就活は一人で行うものだと思っている人が多いのですが、プロの手を借りてみるのも1つの方法です。自分では気づかなかった強みや長所が見つかったり、効率良く就活を進められたりと、メリットはいろいろあります。
具体的にはどういうところに、就職に関する相談をすれば良いのでしょうか。いくつかご紹介します。

【ハローワーク】

就職相談をする場所としてハローワークを思いつく人は多いと思います。ハローワークとは、国が運営している職業紹介事業所です。正式名称を「公共職業安定所」と言い、人材を探している企業と仕事を探している求職者の架け橋としての役割を担っています。
全国に540ヶ所以上あり、無料で利用できることから気軽に職探しの相談ができる機関です。
ハローワークで提供している主なサービスをご紹介します。

・求人紹介

企業側が求人を掲載する際、普通はお金がかかるものですがハローワークでは無料です。ハローワークに求人が集中するため、求人数は多め。大量の求人の中から自分に合った仕事を見つけることができます。
職員さんもあなたのニーズに合った求人を紹介してくれますし、気になる求人があれば企業へ電話をかけて申し込みをしてくれるため便利です。
また、地元企業に強いのもうれしいポイント。現在の居住地から無理なく通える範囲の就職先を見つけることができます。

・職業訓練

仕事に対する能力に不安のある方や、ブランクがあり就職に不安のある方などにうれしいサービスです。パソコンやネイル、アロマなど、コースは多種多様。受講したいコースがあれば、職員さんが斡旋してくれます。

・面接対策

面接に不安がある方を対象に模擬面接を行っています。基本的なマナーを習得できるほか、改善点を細かくチェックしてもらえるため、自信を持って本番に臨むことができるでしょう。

以上のように、就労はもちろん、就労のために必要となるサポートを受けることができます。

【就職エージェント】

次にご紹介するのは民間の機関。就活に関するプロのアドバイザーが求職者に合わせて必要なサポートを無料で提供します。提供している主なサービスについては以下のとおりです。

・カウンセリング

まずは、希望職種や不安点など、幅広くヒアリングしあなたの状況を把握。就活に関する不安を解消へと導き、正社員になるための準備を行います。

・求人紹介

カウンセリングから得た情報を参考に、ニーズに合った求人をご紹介。就職支援サイトには掲載されていないような、非公開求人の紹介も可能です。
また、あなたの適性に合わせた求人の紹介も行っていますので、今まで注目していなかった企業と出会えることも。視野を広げられるきっかけにもなるでしょう。

・応募書類の添削

ES(エントリシート)や履歴書、職務経歴書など、求人に応募するための必要書類の書き方のアドバイスや、記入後の添削などを行います。
一人では知り得なかった、書類選考を突破するためのコツなどを習得可能です。

・面接対策

採用の大きな判断材料になる面接。ここでどれだけ採用担当者に好印象を与えられるかが大切です。面接対策では、身だしなみや基本的な面接の流れ、マナーなどをレクチャーしています。

以上のように、ハローワークでも就職エージェントでも、無料でサービスを受けることが可能です。大きな違いは無いものの、就職エージェントのほうがよりきめ細やかなサポートを得意としています。
親身になって相談に乗ってもらえ、丁寧なサポートを受けられますので自信を持って不安なく就職活動を進めることができるでしょう。

【ハタラクティブをご活用ください】

ハタラクティブもまた、求職者に寄り添った就職支援サービスを提供しています。「仕事探し、何から始めればいいの?」「そもそも何がやりたいか分からない」など、お仕事に関する悩みに対し、一つ一つ丁寧にサポート。
二人三脚で内定までのゴールを目指します。サポートを行うのは、気さくでフレンドリーな就職のプロたち。一人で進める就活よりも、ずっと効率的で心強いと感じていただけるはずです。ご相談、お待ちしています。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ