社長面接で聞かれることは?転職者におすすめの逆質問

社長面接で聞かれることは?転職者におすすめの逆質問の画像

この記事のまとめ

  • 社長面接でもしっかり評価されているので、単なる顔合わせと捉えるのは危険
  • これまでに比べて深掘りされる可能性が高いため、社長面接はしっかり対策しよう
  • 社長面接の逆質問では、社長にしか聞けない、答えられないことを聞く

社長面接が「ただの顔合わせ」「ほぼ内定だから対策しなくて良い」と思っているなら要注意!社長面接ももちろん選考の一環なので、対策不足なら不合格になる可能性はあります。このコラムでは、社長面接で聞かれることを紹介しながら、効果的な対策をまとめました。最終面接前にしっかり確認し、納得できる結果を手に入れましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

社長面接とは

社長面接とは、言葉通り社長が行う面接のこと。多くの場合は選考の最終段階に設けられています。企業によっては、社長ではなく役員が最終面接を行うことも。これまでの面接との違いは「これまでの面接とどう違う?最終面接の合格率とは」のコラムでご確認ください。

社長面接の特徴

社長面接では、入社後について具体的な質問がされることが多いです。社長が自ら、「企業について理解しているのか」「本当に意欲があるか」「採用して問題ないか」を確認。社会人としての基礎力や企業との適性を見ていた一次・二次面接とは目的が異なるでしょう。
また、最終面接となるので入社日や配属先、入社後の業務など具体的な内容を確認されることも。ただし、これらは最終面接の確認事項の一環として行っている可能性が高いため、聞かれたからといって必ず合格とは限りません。

未経験OK多数!求人を見てみる

社長面接が行われる目的

社長面接は、企業のトップから応募者を評価して本当に採用すべきか確認する目的があります。「ただの顔合わせ」「ほぼ内定だから」と軽視せず、しっかり面接の意図を理解しましょう。

企業のトップから見て適性があるか判断する

社長面接には、企業のトップという目線から、自社に適性があるか判断する目的があります。社長しか知り得ない判断基準や今後の事業ビジョンを見据えて、適性を判断しているようです。

社長と価値観が同じか確認する

同じ目的や目線で物事に取り組めるかは、採用で最も重要なポイントのひとつ。社長の考え方や進む方向性に合致しなければ、どんなに優秀な人材でも活躍は難しいと考えられます。企業によっては、適性を客観的に判断するため「適性検査」を実施することも。「企業との相性を判断する適性検査。その種類や対策方法とは?」のコラムで確認しておきましょう。

社長面接でよく聞かれる質問

社長面接では、これまでと同じ質問をされることが多いです。しかし、より深堀した内容になるため、しっかり対策する必要があるでしょう。そのほか、仕事への熱意や志望度も確認されやすいです。

今までより深掘りされる質問

社長面接では、回答内容に嘘や偽り、ズレがないのかを確認するため、これまでの面接で聞かれた質問を再び聞かれることもあります。さらに、同じ質問でも一歩踏み込んだ、深掘りされる質問が多くなると予想できるでしょう。

入社後に対する具体的な質問

ミスマッチを防ぐためにも、社長面接では入社後に対する具体的な質問もされやすいといわれています。「入社して5年後にはどうなっていたいか」といった質問から、具体的なビジョンを持っているか、事業や業務内容に十分な理解があるかを確認。また、主体的に取り組める人材かを確認する目的もあるでしょう。「5年後の自分がわからないときは?評価されやすい回答を例文付きで解説!」「面接で「10年後の自分」を聞かれたら?分からない時は質問意図を考えよう」のコラムを参考に、回答を準備しましょう。

仕事に対する熱意を確認する質問

社長面接まで残る応募者の能力は一定と考えられるため、仕事に対する熱意や入社意欲を確認して差をつけることも。企業理念にどれだけ共感しているのか、事業を理解したうえでどんな仕事に取り組みたいか、といった回答が、熱意のアピールになるでしょう。
ただし、単に仕事に対して熱意があれば合格、というわけではありません。素直さ、明るい性格、物事に対して誠実な姿勢なども評価されます。

志望度に対する質問

入社意思の確認を目的に、社長から「自社が第一志望か」と直接聞かれる可能性はあります。基本的に、聞かれたら「第一志望」と答えましょう。「最終面接の質問内容と回答例を紹介!上手く答えるためのポイントも解説」のコラムも参考にしながら、第一志望の理由も合わせて伝えます。

社長面接の逆質問ではどんなことを聞く?

最終面接で特に肝心なのが逆質問。
せっかく社長や役員という立場の方と話せるにも関わらず、「質問は特にありません」という回答では企業への興味が薄いと判断されてしまいます。また、少し調べればわかることやその立場の方に聞く必要がないと判断されることを質問してしまった場合も、印象は良くありません。
今後の事業展開についてや企業が目標に対してどのような取り組みを行っているのかなど、自分で調べた上で疑問に思った点を尋ねるのがおすすめです。

社長にしか答えられない質問を用意しよう

社長面接の逆質問では、社長にしか答えられない質問を用意するのがおすすめ。入社後も社長と話す機会は限られるため、入社意欲の確認や企業理解も兼ねて下記の質問を用意してみましょう。

経営や理念について

・◯◯という企業理念を掲げていますが、理念を遂行するにあたって不足していると考える要素はありますか?
・全社員が企業理念を遂行するために、どういった対策を行っていますか?
・御社の強みは◯◯と考えておりますが、今後さらに強化したい要素はありますか?

経営理念そのものは企業研究やこれまでの面接で理解しているはず。社長面接では、「社長が考える経営状況や企業理念」に絡めた逆質問をしましょう。

事業方針について

・メイン事業とは異なる◯◯事業を始めた背景や経緯について伺えますか?
・御社のメイン事業で活躍する社員に必要なスキルや要素はなんですか?
・◯◯のインタビューで近いうちに海外展開をスタートさせるとおっしゃっていましたが、具体的な予定や目的を伺います

事業方針についても、Webサイトなど企業研究で基本は把握したうえで、さらに深掘りした質問をしましょう。

社風について

・社長が考える「働きやすい環境」を教えてください
・社長から見て、活躍している若手社員の特徴はありますか?
・部署ごとの社風の違い、共通点を教えてください

社風や企業文化は、実際に働かないと分からない点が多いもの。質問と自分のアピールが同時に叶う逆質問をしても良いでしょう。なお、避けるべき逆質問は「面接で聞いてはいけない逆質問とは?失敗を回避して就職を成功させよう」のコラムにまとめています。社長面接の前に確認しておきましょう。

社長面接に有効な対策は?

社長面接の前に、社長本人について調べてみましょう。価値観や人となりを理解することで、有効なアピール方法を見つけられる可能性があります。また、社長が発信するメッセージなどを確認することで、企業や社長が伝えたい内容を確認できます。

社長自身について調べる

企業のWebサイトなどで社長自身について調べ、人となりや経歴を確認しておきましょう。これまでの社長の経歴や考え方を把握することで、どんなアピールが有効なのかを判断できます。仕事に対して熱意や気持ちを大切にする人と、多くの仕事を経験してきてスキルや経験値を重視する人ではアピール方法は異なるでしょう。社長について調べ、価値観や考え方を把握しておきます。

企業理念を詳しく調べる

企業理念だけを捉えるのではなく、「なぜこの理念を掲げているのか」「いつ、誰が制定したのか」など背景まで調べることが大切。企業理念とは、その企業のあり方や事業方針、行動指針を示したものです。働く従業員も、企業理念に共感して行動することが求められるため、本当に自分と合っているのか、共感できるのか、確認しておきましょう。

社長が発信しているメッセージや発言を確認する

企業のWebサイトなどに掲載されている社長メッセージには、「企業の社会的責任」「消費者などへのアピール」を目的としていることがほとんど。そのため、メッセージを確認することで社長が一番伝えたいこと、重視していることを読み取ることができるでしょう。これらを把握したうえで社長面接に臨めば、より入社意欲のアピールになります。

自己分析や企業研究を改めて行う

前述したように、最終面接ではそれまでの選考よりも深い質問が行われるのが一般的。ただ「自分が何を目指しているのか」を語るのではなく、志望する企業の方向性と照らし合わせたうえで考えるようにしましょう。相手が納得する回答を用意するには、自己分析や企業研究を改めて行うのが効果的。いくつかの選考を受けたことで考え方などに変化が生じている可能性もあります。内容の確認と、より深掘りするためにも、社長面接前には改めて行いましょう。

社長面接に対策は必須!

社長面接に対して「顔合わせ程度」と思っている方もいるようですが、それは間違いです。
忙しいなか、わざわざ社長が面接を行うことを考えれば、これまで説明したようにしっかり評価される場だと分かるはず。面接を設定するにはコストがかかるため、せっかくの面接の場を最大限活用して評価する企業がほとんどです。
社長面接まで進むと、一次面接や二次面接で聞かれた基本的な内容を忘れてしまうことも。企業の基本情報や不十分なアピールでは、社長面接を突破することは難しいでしょう。
社長面接の前に改めて企業の基本情報や自己アピール、志望動機などを確認し、万全な対策で社長面接を受けてください。

どんな対策をすれば良いか分からない、極度に緊張してしまいしっかり話せるか不安など、最終面接に対する不安や疑問ならハタラクティブにお任せください。
ハタラクティブは、若年層を利用対象としている就職・転職エージェント。企業情報に長けた専任アドバイザーが就職や転職をサポートするため、企業ごとの対策もしっかり行えます。書類作成から模擬面接まで、段階ごとにアドバイスを交えながら就職活動を支援。就活でなにをすればいいか分からない、いつも面接で落ちてしまうなど、選考に関するお悩みを、ハタラクティブで解消しましょう!

この記事に関連するタグ