職務経歴書の日付はどう書けば良い?正しい記載方法をご紹介

職務経歴書の日付はどう書けば良い?正しい記載方法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 職務経歴書の日付は、提出日に近い日付がベター
  • 職務経歴書の日付は西暦でも和暦でも問題ないが、外資系などは西暦が無難
  • 提出後に成果を上げたり、日付表記に間違いがあったりする場合は修正して再送する
  • 転職年月日を忘れてしまったら、ハローワークや年金事務所で確かめられる

「職務経歴書に記載する日付はいつ?」「年号に決まりはある?」と疑問に感じる方は多いでしょう。職務経歴書の日付は、提出日に近い日付にしておくのが無難。履歴書や職務経歴書といった応募書類の日付欄は、正しく記載することが大事です。このコラムでは、職務経歴書の日付欄の記載方法についてご紹介しているので、職務経歴書の作成方法に悩んでいる方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

職務経歴書の日付はいつにすれば良い?

職務経歴書に記載する日付は、目安としては、できるだけ提出日に近い日付が望ましいでしょう。具体的には、提出日や提出日前日、作成日のいずれかがベターです。
履歴書や職務経歴書などの応募書類の日付欄は、「その時点での書類の内容を証明する」という重要な意味合いがあります。書類の情報が正しくないものであると見なされてしまう可能性もあるので、日付は忘れずに記入しましょう。

また、職務経歴書を郵送する際は、投函日、または投函日前日の日付を記入します。書類選考がなく、履歴書を持参して面接を受ける場合は、前もって日時が分かっているため、面接当日の日付で良いでしょう。

職務経歴書の基本的な書き方について知りたい方は「職務経歴書はフリーターも必要?書き方の見本や作成のポイントをご紹介」や「職務経歴書を簡単に作成するための方法を解説!転職を有利に進めよう」のコラムで詳しく解説しています。

職務経歴書の日付に関して注意すべきポイント

職務経歴書の日付に関する注意点は、下記のとおりです。

西暦か和暦どちらでも良い

職務経歴書に日付を記入する際に、西暦か和暦かの制限はなく、どちらでも問題はありません
ただし、外資系や海外事業を多く行っている企業では、担当者が海外の方の場合もあるため、西暦にしておいた方が無難です。
和暦の場合では昭和や平成を「S」「H」などのローマ字で略するのは避けましょう。また、日付の後に「現在」と付け加えてください。
すべての応募書類で使用する年号は統一しましょう。

修正箇所ができた場合は再提出する

選考期間が長く、面接日までの間により良い成果を挙げることができた、入社後に有効な部署に異動になったなど、書類提出後にアピールポイントが増えた場合は、修正して再提出すると効果的です。
その際、日付は再提出日に近い日付を記入します。
ただし、急に書類が届くと企業側は戸惑ってしまうので、事前に一報入れておいた方が無難です。
できれば提出前にチェックできているのがベストですが、万が一入退社日などの日付に間違いがあった場合も、修正して再提出しましょう。

職務経歴書はPCか手書きのどちらで作成してもOK!

職務経歴書はPCか手書きどちらで作成しても大丈夫です。最近はPCで作成する人も増えてきているため、PCで作成したからといって、採用担当者からよく思われないようなことはないでしょう。しかし、企業から直接手書きで作成するように指示が出ている場合は、市販の職務経歴書等を購入し、手書きで作成してください。

職務経歴書に最適な用紙は?手書きとパソコンどちらが良い?書き方も解説」のコラムでは、職務経歴書を手書きで作成する際とPCで作成する際のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しているので、作成方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書の作成時に過去の転職年月日が分からなくなった場合

職務経歴書を作成する際に、過去の転職年月日が分からなくなってしまった場合は、以下の方法で確認しましょう。

年金事務所

厚生年金に加入していた場合は、最寄りの年金事務所の窓口ですぐに確認できます
年金事務所に行くときは、運転免許証などの身分証明書と年金手帳を忘れず持っていきましょう。
もし年金事務所に直接行くことが困難な場合は、ねんきんネットに登録して、Webサイトで確認するのがおすすめです。

ハローワーク

厚生年金に加入していなくても、雇用保険に加入していれば最寄りのハローワークからも確認することが可能です。その際は、パスポートや運転免許書などの身分証明書を持参します。
年金事務所と同様、直接行く時間がない方向けに電子申請サービスの利用も可能です。

給与振込されていた銀行口座をチェックする

厚生年金にも雇用保険にも加入していなかった場合は、給与振込されていた銀行口座をチェックしましょう。口座をネットバンクにしていた場合は、ネットからも確認できます。

過去の入社・退職日がわからなくなってしまっても、上記の方法で確認が可能なので、分からないからといって適当に日付を記入することだけは避けましょう。

日付のほかにも、職務経歴書や履歴書といった応募書類には記入すべき事項が多くあります。
特に自己PRや志望動機などは、第三者のチェックやアドバイスがあった方がスムーズに書ける可能性があるでしょう。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、就職活動のプロのアドバイザーが、応募書類の書き方や自己分析などを丁寧に指導します。面接対策も行っているので、書類選考を通過したあとも安心です。
就職活動に関して疑問や不安を抱えている方は、ハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ