新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 私服面接をする意味とは?外さない服装をマスターしよう

私服面接をする意味とは?外さない服装をマスターしよう

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・「私服可」はスーツで行くのが一般的
    ・私服を指定されたら私服を着て行こう
    ・私服面接には、マナーや社風との相性を判断する意図がある
    ・面接の私服は「オフィスカジュアル」と考えよう
    ・短いスカートやスニーカーは絶対に駄目

面接はスーツで行くものという常識から、「私服で来てください」と言われると戸惑ってしまいます。

今回のコラムでは求職者が悩みがちな私服指定の面接について、企業側の意図やふさわしい服装を解説しています。
自信を持って面接に臨めるよう、TPOに合った格好をマスターしましょう!

◆「私服指定」と「私服可」の違い

特に服装についての注意がない時は、面接にはスーツを着て行くのが普通です。ただ、企業によっては案内に「私服可」と書かれていたり、「私服でお越しください」と言われたりすることがあります。

この場合、前者の「私服可」には「私服でもスーツでも構わない」という意味があるものの、スーツで行くのが一般的です。企業があえて私服を指定する後者では、私服で行くのが正解でしょう。

私服を指定する企業には何かしらの意図があるので、「面接はスーツ」という考えにとらわれ過ぎず、企業ごとに柔軟に対応してください。


◆なぜ企業は私服面接をするの?

私服で面接をする意味合いは企業によって異なります。相手の意図がわかると服装を考えやすくなるので、企業側の目的を確認してみましょう。

【TPOを守れるか見極めたい】
私服指定といっても、Tシャツに短パンで面接に行くのは常識に欠けた行動です。私服はスーツに比べて選択肢が多く判断に迷うので、企業はあえて私服を指定することで「TPOが考えられるか」「ビジネスマナーがわかっているか」を判断しているのかもしれません。

【社風に合うか判断したい】
企業によっては、応募者が社風に合うかどうかを服装も含めて判断している場合があります。私服にはその人の感性や人柄が現れるため、評価に役立つ部分があるのでしょう。

【リラックスして面接を受けて欲しい】
リラックスして面接を受けて欲しいという配慮から、スーツではなく私服を指定する企業もあります。緊張がほぐれると応募者の思いをより深く引き出せるため、堅苦しくない面接は企業にとってもメリットがあるのでしょう。

【個性やセンスを見たい】
アパレル業界やクリエイティブな職種では、応募者の個性やセンスを評価するために私服が指定されることがあります。


一般に、IT、アパレル、マスコミや広告業界では私服での面接が多い傾向があるようです。
私服を指定されたら、自分が受ける業界や職種、応募先企業の社風を考慮した上でコーディネートを考えてみましょう。


◆私服面接には何を着るべき?

私服だからと普段着で行くとマナー違反になる可能性があります。一般に面接での「私服」はオフィスカジュアルを指すと考え、ふさわしい格好をしていきましょう。

男女別に面接に使えるオフィスカジュアルの基本を解説するので、ご参考にしてください。

【男性のオフィスカジュアル】

・ジャケット
・白やグレー、水色の襟付きシャツ
・チノパン、スラックス
・革靴

【女性のオフィスカジュアル】

・ジャケットもしくはカーディガン
・白やパステルカラーのブラウス
・膝丈くらいのタイトスカートかフレアスカート、もしくはチノパン
・ベージュのストッキング
・パンプス

男女ともにオフィスカジュアルでは落ち着いた色合いのアイテムを選びます。ジャケットやカーディガン、スカートやズボンの色は黒や茶色、ネイビーやグレーがおすすめ。原色に近いビビッドな色は避けてください。

また、男性は腕時計や結婚指輪以外のアクセサリーを外し、女性はネックレスをする場合も服装に合った落ち着いたデザインのものを選びましょう。

アパレル業界やクリエイティブ系の職種は別として、面接はおしゃれや個性的な服装をする場ではないので、あくまでも職場の雰囲気やTPOに合った格好を心がけます。


◆こんな服装は避けよう

色合いやデザインが地味だからといって、以下のようなアイテムはカジュアル過ぎるので避けるべきです。

・革やデニム生地のジャンパー
・Tシャツ
・トレーナー
・デニムパンツ
・スニーカー
・サンダル

身だしなみの印象はかなり大きなものですし、きちんとした服装は相手への礼儀でもあります。私服、スーツに関わらず、面接では相手に失礼にならない格好を心がけましょう。

面接の身だしなみ、マナーについてもっと知りたいという方は、就職・転職支援のハタラクティブにご相談ください!
ハタラクティブには経験豊富なアドバイザーが在籍し、求職活動中に生じるあらゆる不安や疑問に答えています。カウンセリングでは仕事探しの悩みに丁寧にお答えするので、「正社員経験がない」「仕事が見つかる自信がない」という方も安心です。
プロのサポートであなに合った仕事を見つけませんか?

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ