私服面接では何を着たらいい?ふさわしい服装を紹介

私服面接では何を着たらいい?ふさわしい服装を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 服装についての指定がない時は、面接にはスーツを着て行くのが一般的
  • 私服を指定されたら私服を着て面接に行こう
  • 私服面接には、マナーや社風との相性を判断する意図がある
  • 面接の私服は「オフィスカジュアル」と考えよう
  • エンタメ業界やアパレル業界など特定の業界では、私服面接で個性やセンスを求められることがある

面接時の服装を「私服」と指定され、これまでスーツでしか面接に行ったことがない人は、どんな服を着ていけばいいのか混乱してしまうことがあるでしょう。このコラムでは、私服面接で着るべき服装や判断に迷ったときの対処法など解説しています。私服面接の目的や意図も解説しているので、自信を持って私服面接に臨めるよう、TPOに合った服装を理解しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

私服面接に適した服装とは?

面接で私服を指定された場合、オフィスカジュアルといわれる服装で臨むのが無難でしょう。就活やビジネスシーンにおける「私服」は、普段着とはニュアンスが異なるので注意してください。オフィスカジュアルとは、ビジネスの場にふさわしく、スーツよりもカジュアルよりの服装という意味です。しかし、オフィスカジュアルにも明確な定義はなく、業界や会社の雰囲気によって差があります。
下記では、男女別に一般的にオフィスカジュアルといわれる服装を紹介しているので、参考にしてください。

【男性編】私服面接にふさわしい服装

男性の私服面接にふさわしい服装は、スーツを少しカジュアルにアレンジした形です。一般的には、下記のようなアイテムが必要でしょう。

・ジャケット
・白やグレー、水色の襟付きシャツ
・チノパン、スラックス
・革靴

ジャケットやボトムの色は、黒や茶、ネイビー、グレーなどできるだけ落ち着いた色が好印象です。シャツは白や薄い水色を選ぶと、清潔感や爽やかな印象になります。「男性が面接に着ていくべき私服をアイテムごとに紹介」も参考にしてください。

【女性編】私服面接にふさわしい服装

女性の私服面接にふさわしい服装は、カジュアルさと上品さを兼ね備えた装いです。

・ジャケットもしくはカーディガン
・白やパステルカラーのブラウス
・膝丈くらいのタイトスカートかフレアスカート、もしくはチノパン
・ベージュのストッキング
・パンプス

ボトムはスカートでもスラックスでも構いません。どちらでも、ベージュのストッキングを着用しましょう。全体的に落ち着いた色合いにまとめ、ビビッドな色は避けてください。靴は3~5センチ程度あるパンプスを履くと姿勢が良く見えます。アクセサリーをする場合は、華美過ぎず主張の少ないデザインを選びましょう。「女性が面接に着ていくべき私服をアイテムごとに紹介」でも、女性のオフィスカジュアルについて解説しています。

カバンや時計にも注意
私服面接では、服装だけでなくカバンや時計といったアイテムにも気を配りましょう。バッグは、A4サイズの書類を折らずに入れられる大きさで、自立するタイプがおすすめです。また、夏場でも薄手のジャケットがあると上品な印象になります。アクセサリーにもつ印象は人それぞれなので、迷った場合は外したほうが賢明です。「面接時に最適なカバンの色・サイズ・デザインは?」では、面接に適したカバンや持ち物について紹介しているので、こちらも一読ください。

私服面接で参考にできる服装

オフィスカジュアルを理解しても、面接に私服で行くことに不安を感じる方もいるでしょう。ここでは、参考にできる服装の探し方を紹介します。自分の服装が浮いていないか不安に思っていると、面接で本来の力を発揮できない可能性も否めません。万全のコンディションで私服面接に臨めるよう、できる対策を講じてみましょう。

会社を訪問して雰囲気をつかむ

私服面接に適した服装が分からない場合は、実際に会社を訪問して雰囲気をつかむというのも手です。会社説明会やOB・OG訪問を利用して、実際に働いている社員の服装をチェックしてみましょう。普段どういった服装で働いているかが分かります。社員に質問ができるようであれば、私服面接にふさわしい服装について、直接尋ねてみても良いでしょう。

職場の写真を確認する

会社のWebサイトや求人情報サイトでは、職場の写真が掲載されていることもあります。実際に働いている人のファッションをチェックできるでしょう。

面接当日の私服が浮いてしまったとき
私服面接の対策をしても、面接当日には自分の服装だけ浮いているように感じてしまう可能性も否めません。
服装の選択を間違えたと感じても、面接で話す内容に集中しましょう。面接は、服装で判断される部分もありますが、それだけで合否が決まるわけではありません。気持ちを切り替え、準備してきたアピール内容をきちんと伝えましょう。

私服面接で避けるべき服装

先述のとおり、私服面接で求められるオフィスカジュアルの定義はあいまいです。人によって線引が異なりますが、明らかに避けるべきである服装も理解しておきましょう。
私服面接で避けるべき服装は、普段着と感じられる服装や、友人と遊びに行くようなラフな格好です。色や柄が派手過ぎるもの、肌の露出が多い服も避けた方が良いでしょう。色合いやデザインが地味であっても、素材にも注意が必要です。革やデニム素材のジャンバー、トレーナーやデニムパンツはラフな印象を与えます。スニーカーやサンダルは、カジュアルに寄り過ぎるため避けるべきでしょう。
「私服」と指定されていても、あくまで目的は就職のための面接です。TPOを考え、シンプルで清潔感のある服装を選んでください。

会社が私服面接をする5つの意図

面接に着ていく服装について迷う方は、私服面接の意図を知ることも大切です。意図を理解すれば、どのような服を着ていけば良いのか見当もついてくるでしょう。「私服の指定があっても、面接にはスーツを着ていけば間違いない」とは、言い切れません。場合によっては会社の意図を無視する形になってしまうこともあるため、注意しましょう。

1.社会の常識があるかを判断している

私服面接の目的の一つは、TPOをわきまえられるかをチェックすることです。TPOとは、Time(時)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字で、状況に応じて適切な服装を使いわけることを指します。
「私服で来てください」と伝えると、中には普段着で来てしまう人もいるでしょう。堅苦しくない雰囲気の面接であっても、あまりラフな格好で行くのは社会の常識がないと判断されます。
また、シャツやブラウスを着ていてもシワや汚れが目立つようでは、相手を不快な気持ちにさせる可能性もあるでしょう。第一印象を悪くしてしまい、面接が不利になることも考えられます。

2.緊張を和らげてほしい

面接特有の緊張を、少しでも和らげてほしいという会社側の気持ちから、私服面接を指定されることがあります。スーツを着ると気合が入ることもありますが、緊張し過ぎてしまうこともあるでしょう。リラックスした雰囲気で、応募者のことをよく知りたいと考えている会社では、しばしば私服面接が設けられます。

3.自由な社風であることをアピールしたい

私服面接を実施している会社の中には、自由な社風をアピールするために行っているところもあるでしょう。面接官をはじめ、従業員も私服で勤務しているため、応募者にもスーツ着用を求めません。クリエイティブ関係やIT系、ベンチャー企業など、自由な発想を求める会社で、こういった傾向があるようです。

4.採用基準に私服のセンスも含まれている

一部の業界や職種の面接では、応募者のファッションセンスも採用基準に含まれていることがあります。私服面接を行うことで、自社のセンスに合った感覚を持っているか確認しているというわけです。特に、顧客に対して私服で接客する場面がある仕事の場合は、従業員のファッションセンスも会社のイメージにつながるでしょう。業界によって、私服に求められる特徴も異なります。私服のセンスが問われる業界と望ましい服装を紹介するので、参考にしてください。

エンターテインメントに関する業界

エンターテインメントに関する業界ではオフィスカジュアルよりも普段着に近い服装が好まれることもあるようです。しかし、清潔感も大切にしましょう。
エンターテイメント業界は、人を楽しませることを目的としています。仕事柄、面白味のある人物が求められるケースが多い傾向があるようです。面接時の私服には話のネタになるようなポイントを取り入れておくと、面接官から質問された際に会話が弾むでしょう。

ブライダル業界の場合

ブライダル業界の私服面接では、オフィスカジュアルが好ましいでしょう。ブライダル業界は、人の幸せを叶える仕事です。清潔感だけではなく、華やかな印象を出すことも重要になります。
シャツやブラウスなど、布地は光沢のある柔らかい素材のものをチョイスすると華やかになるでしょう。女性の場合は、パールの装飾がついたブラウスや、華美過ぎないアクセサリーをつけると、業界の雰囲気に合うため、おすすめです。

アパレル業界の場合

アパレル業界は衣服を取り扱う職業のため、ほかの業界よりも面接時に私服のセンスが重視されるでしょう。面接時の私服が、採用の合否に直結する可能性も否めません。流行に対して敏感か、センスがあるか、などが問われます。応募先企業やブランドのテイストに合っているかも重要です。企業研究をして、ブランド理解をした上で服装を選びましょう。
競合となる他社のロゴがはっきり入った服装を選ぶと、志望度を疑われてマイナスな印象になるため、注意が必要です。

広告業界の場合

流行を発信する広告業界では、トレンドに敏感な人材を採用する傾向があります。面接でも、トレンドをおさえつつ、清潔感を感じさせる私服が望ましいでしょう。オフィスカジュアルがおすすめですが、個性をアピールすることも頭に入れておいてください。
広告業界では個性を大事にしている会社も多く、個性を見るために私服面接を設定していることもあります。アパレル業界と同様、ある程度のセンスを表現できると面接官の目を引くでしょう。奇抜過ぎる格好はNGですが、自分を表現する服装を選択することも大切です。

5.個性や人柄を私服から判断したい

私服では服装に差があるため、個性や人柄を重視したい会社では面接時の服装を私服と指定することも多いようです。私服面接には、個性や人柄など、応募者の素に近い部分を見たいという目的が含まれていることもあります。応募者が選んだ服装次第で、面接官にどのように思われたいかや、性格的な特徴も分かることがあるでしょう。
面接をスーツで行う場合は、応募者が皆同じような格好になるため、個性や人柄はパッと見の印象では分かりにくくなってしまいます。

面接の服装が私服かスーツかを判断する6つの基準

面接の案内をメールや電話で受けたときに、服装について指定がある場合もあれば、あいまいな表現をされる場合もあるでしょう。表現によって、スーツでも問題ないこともあれば、私服でなければ印象が悪くなることもあります。面接案内の文言は、服装を選ぶ一つの基準となるので、確認しておきましょう。

1.服装について表記がない場合

面接時の服装について特に指定がない場合は、スーツで向かうのが無難です。
私服を選択して良いのは、私服と指定があった場合に限ります。面接時のスーツの着こなしについては、「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」も参照ください。

2.「服装自由」の場合

「服装自由」と書かれていれば、スーツでも私服でも構いません。判断に迷った場合は、失礼な印象を与えないスーツを着用するのが良いでしょう。
私服を選ぶのであれば、ビジネスや面接の場面にマッチする格好かという点を意識して服を選んでください。ベーシックな色使いでまとめた、かっちりした印象のオフィスカジュアルなら、ほかの応募者がスーツで来ていても悪目立ちせず、好印象です。

3.「普段の服装」の場合

会社によっては、「普段の服装」と指定することもあるでしょう。この場合は、オフィスカジュアルを選択すると間違いありません。「私服面接に適した服装とは?」で紹介したとおり、面接に普段着で臨むのはマナー違反です。普段着という言葉を額面通り受け取り、ジャージやスウェットのようなラフな格好や、華美過ぎる服装で面接に行かないようにしてください。
学生の就職活動の場合、スーツは避けたほうが無難でしょう。一般的に、スーツは学生が日常的に着用するものではないためです。一方、転職活動中の方は「普段の服装」としてスーツを着用していも、問題はないでしょう。

4.「私服可」の場合

「私服可」の場合は、スーツかオフィスカジュアルのどちらかを選択しましょう。服装に悩んでしまう場合は、スーツで問題ありません。スーツであれば、社会人のマナーとして失礼な印象にはならないでしょう。「面接時の私服からセンスや個性を見たい」というよりも、「どちらでも構わない」というニュアンスが強いため、ビジネスシーンにふさわしい服装であれば問題ないでしょう。

5.「私服でお越しください」の場合

「私服でお越しください」と書かれていたときは、私服で面接に行きましょう。私服が指定されているときは、スーツで行ってはいけません。オフィスカジュアルが良いでしょう。
ただし、アパレル業界や広告業界などでは、センスや個性、人柄を感じさせる私服が好まれるケースもあります。志望業界の傾向をチェックしておくと良いでしょう。

6.「カジュアルな服装」の場合

「カジュアルな服装」と書いてあるときは、オフィスカジュアルで面接に臨みましょう。ジーンズやTシャツのような、いわゆる”カジュアル”な私服ではありません。この場合は、ビジネス上のカジュアルを認識できているかを判断されている可能性があります。そのため、個性的な私服やフォーマルなスーツは避けたほうが良いでしょう。

「あなたらしい服装でお越しください」の場合
面接の服装に「あなたらしい服装」を指定をする場合は、個性が問われているといえます。自分の個性やセンス、人柄をアピールする機会だと捉え、服装を選んでください。
面接中には、その服装を選んだ理由を聞かれることも考えられます。あらかじめ、なぜその服装を選んだか、理由やテーマなどの回答を用意しておくと良いでしょう。自分らしさを表す理由があれば、スーツでも構いません。

面接時の身だしなみは、面接官への第一印象を左右します。服装を整えることは、相手への礼儀でもあるので、TPOに合った服装で面接に臨みましょう。
面接の身だしなみやマナーについて不安がある方は、就職・転職支援のハタラクティブにご相談ください!
ハタラクティブには経験豊富なアドバイザーが、求職活動中に生じるあらゆる不安や疑問を解決します。面接練習も行っているので、服装だけでなく、受け答えに自信がない人も安心です。
就職や転職をお考えの方は、プロのサポートも利用してみてください。

関連タグ