面接で重要な自己PR!基本から例文まで紹介します

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 面接コラムTOP
  4. >
  5. 面接で重要な自己PR!基本から例文まで紹介します

2017/07/06

【このページのまとめ】

  • ・自己PRは就活の面接において、自分の強みをアピールできる最大のチャンス
    ・自己PRを求める企業がチェックしているのは、応募者の能力や強み、経験、企業の欲しい人材とマッチしているか
    ・自己PRは事前準備が大切。自己分析、企業研究を行い、説得力あるエピソードを添えてアピールする
    ・自己PRと混同しがちな自己紹介。面接で間違えると、質問の意図を理解できないコミュニケーション能力がない人という判断をされることも
    ・企業に響かない自己PRは、誰にでも言える、例文をそのまま使っている、具体性がない、一貫性がない、企業のニーズに合わないなど

就職活動で大切な自己PR。あなたは自己PRの目的を理解し、上手に自分をアピールできていますか?
なぜ自己PRが必要なのか、どんな自己PRが企業に響くのかを知ることは就職活動に不可欠です。
このコラムでは、知っているようで知らない自己PRの基本から作り方まで、注意点や例文などを挙げてまとめました。

◆自己PRの基本

就職活動をする際に、書類や面接で必ず求められる自己PR。
しかし、自己PRがどういうものなのかきちんと理解し、上手に企業にアピールできている人は少ないのではないでしょうか。
まずは自己PRについて知っていきましょう。

◇自己PRとは?

就職活動における自己PRとは、応募者が自分の能力や長所、経験、意欲をアピールし、自分の強みを知ってもらうチャンス。
志望動機と並んで面接の結果を大きく左右する、重要な質問です。

◇企業が求めるもの

企業側が自己PRを応募者に求める際、チェックしている点を考えてみましょう。
・応募者の能力や強み
・それを裏付ける経験
・自分を論理的にアピールできているか
・応募者の能力や強みが、企業の欲しい人材とマッチしているか

◇事前準備を忘れずに

企業から「もっと知りたい」と思ってもらえる自己PRにするために、事前準備は必ずしておきましょう。


【自己分析】

自己PRを考えるには、自己分析は必須。
自分のことは自分が一番分かっているという人もいますが、それは本当でしょうか?
自分がいったいどんな人物で、どんな強みがあり、どんな考え方をしているのか、客観的に見られていますか?
他人に自分を伝えるためには、まず自分が自分を知ることが大切です。

【自己分析をするには】

自己分析ってどうするの?という方のために、自己分析の方法を紹介します。

・自分史の作成
学生時代(中学~大学)に頑張ったことや上手くいったこと、失敗したこと、悔しかったこと、忘れられないことなどを書き出してみます。
一見自己PRにならないようなことでも、関係ないと思っていた「失敗」が「成功」に繋がったなど、今まで気づかなかったことが見えてくるかもしれません。
小さなことでもいいので書き出して、その一つひとつを自分を知る手がかりにしましょう。

・掘り下げる
自分史を作成したら、各エピソードをそれぞれ掘り下げていきます。
「頑張ったこと」であれば、なぜ頑張れたのか、その結果どうなったか。
「失敗したこと」であれば、失敗した原因は何か、その後、自分はどんな行動をしたか。
こうして掘り下げることで、一つひとつから自分の長所や短所が出てきます。具体的なエピソードから自分を知ることで、根拠のある自己PRができるようになります。

・整理する
学生時代の経験を一つずつ見ていったあとは、1つの線で結んでみましょう。
中学から大学までの複数のエピソードを整理することで、失敗したことや頑張ったことに共通する点を見つけ、自分がどのような行動をする人間なのか、どんな特徴があるのかを知ることができます。

こうして導き出した「自分」と向き合い、経験や長所を強みとして自己PRに役立てます。

【エピソード】

自己PRを裏付けるようなエピソードがあれば用意しましょう。
就活中の新卒の人であれば、学生時代の学業やアルバイト経験、留学経験、転職活動中の人であれば、前職でのエピソードや経験などが考えられます。
第二新卒の方は、職歴が浅く前職のエピソードだけだと薄くなってしまう場合は、学生時代の話を盛り込んで話すようにしましょう。

エピソードを話す際に注意する点は、印象に残ろうと話を大きくしすぎないこと。
面接官に「なぜ?」と質問をされた時に、回答に困ってしまうようでは、せっかくのエピソードも意味がありません。
それよりも、本当に自分が打ち込んだこと、一生懸命努力したこと、主体的に動いたことなどをアピールしましょう。

【自己PRの基本の流れ】

自己PRの考え方を確認したところで、次は自己PRの基本的な流れをまとめます。

「私の強みは〇〇です」という結論を述べる

過去に直面した問題(課題)を紹介

問題をどのようにとらえたか

問題の改善解決に向けて何をしたか

どのような成果が得られたか

「この強みを活かして御社の〇〇の仕事に貢献していきたいと考えています」

自己分析をしてまとめた自分のエピソードや長所を使い、説得力のある自己PRを作りましょう。
面接では、1分、3分など時間を指定される場合もあるので、短いバーション長いバーションなど用意して、どんな状況にも対応できるようにしておくと安心です。



◆自己PRと自己紹介は別物!

自己PRと混同されやすいのが自己紹介。
ほとんどの面接で聞かれる質問ですが、両者がどう違うのかを知っておかないと、自己紹介のあとの自己PRで同じことを言ってしまう、なんていう失敗をしてしまうかもしれません。

【自己紹介では何を話す?】

自己紹介では、自分のプロフィールをわかりやすく簡潔に、1分程度を目安にまとめて述べます。
新卒採用の学生であれば大学名や学んだ内容など、中途採用であれば今までの職歴など。そのあとの自己PRや志望動機に繋がるような、なぜこの企業に応募したのかといったことも簡単に触れると良いでしょう。

【自己PRと自己紹介の違い】

自己紹介を求められているのに自己PRをすると、会話の意図が読めない人、コミュニケーション能力が低い人と思われる可能性があるので注意が必要です。

・自己PRの目的・・・企業が自己PRを求めるのは、応募者の能力や意欲を知りたいから。
・自己紹介の目的・・・一方の自己紹介には、応募者のプロフィールや人柄を知ることと、コミュニケーションのきっかけ作りという2つの目的があります。

両者の質問の目的を理解し、きちんと準備して面接に臨みましょう。

 

◆こんな自己PRは響かない!

せっかく用意した自己PRも、面接官に響かなければ意味がありません。
自己PR作りのNGポイントを知っておきましょう。

・誰もが言えるような自己PR

自己PRは応募者自身を知ってもらうチャンスです。他の人と同じような自己PRは印象に残りづらいでしょう。

・ネットや書籍の例文をそのまま使ったような自己PR、自分の言葉ではない自己PR

初めての就活では、自己PRをどう作ったらいいのか分からず、例文や作り方などを調べるのは誰しも同じです。しかし、その例文をそのまま使ってしまっては自分のアピールにはなりません。
また、たくさんの応募者を面接している面接官には、それが本人の言葉でないと見破られてしまうこともあるでしょう。
例文は参考程度に、きちんと自分の言葉で自己PRを考えることが大切です。

・具体性、客観性に欠ける自己PR

「協調性がある」「粘り強い」「努力を惜しまない」などの言葉は、具体性や根拠となるエピソードがないと薄く聞こえてしまいがち。
また、面接官は応募者が自分を客観的に見られているかもチェックしています。
同じような長所を表す言葉でも、基づくエピソード次第で伝わり方も変わってくるのではないでしょうか。

・書類の内容と一貫性がない面接での自己PR

どんなに素晴らしい自己PRも、履歴書などの応募書類の内容と一致しないと、一貫性のない信用できない人という判断をされてしまいます。
応募書類は必ずコピーを取り、面接の自己PRを用意する際は読み返しましょう。また、面接では書類の内容をさらに深くした自己PRをすることがポイントです。

・応募先のニーズに合わない自己PR

どんなに高いスキルがあっても、業務で活かせなければ意味がありません。企業が求める人物像に沿うアピールをするためには、企業研究は不可欠。
どの企業にも当てはまるものではなく、自分の強みをどのような形でその企業で活かせるのかを伝えられる自己PRを考えましょう。

・アピールポイントが多すぎ、どれが一番大切な箇所なのかわからない自己PR

強みが多いのは良いことのようにも思えますが、アピールポイントが多すぎる場合は「結局何が伝えたいのかわからない」ということになってしまう可能性も。
上記の「応募先のニーズ」にも通じますが、企業研究をした上で、その企業で一番活かせるアピールポイントはどこかを考えましょう。

 

◆面接官に響く自己PRとは?例文をご紹介します

ここでは、今までの自己PRの注意点やポイントを踏まえて、例文をあげてみました。
前述した通り、例文はあくまでも参考ですので、自分の経験・強みで応募企業にどのように貢献し活躍したいのかが面接官に伝わるよう考えましょう。

〈「向上心」をPRする例〉

「私の強みは、自分の能力を高めていく努力を惜しまないことです。
前職ではアパレルの販売員をしておりました。忙しい店舗に配属されたため、新入社員の頃は毎日思うように仕事ができず、反省ばかりでしたが、これではダメだと思い、どうすればお客様に喜ばれリピートして頂ける接客ができるかを考えました。
まず、専門的で説得力のあるアドバイスができるよう勉強しお客様に信頼される接客を目指しました。常連の方が来店された際にはお客様それぞれの好みに合わせた接客を心がけ、季節ごとにご来店いただいた感謝のお手紙を、お話した内容を添えてお送りしていました。
そのうち、私に会いに来てくださるお客様が増え、数年後には全販売員の売上1位を達成しました。その時の達成感は忘れられません。前職と畑は違いますが、御社に新しく設立されたアパレル部門の仕事で、アパレルの知識やチャレンジ精神、目標を達成する力を活かしていきたいと思っています。」

〈「コミュニケーション能力」をPRする例〉

「私の強みは、相手の気持を汲み取る力です。
学生時代、飲食店でアルバイトをしていました。お酒も提供する店舗だったため、お酒の入ったお客様との意思疎通が難しく、働き始めた頃は失敗ばかりでした。
しかし、働き続けるうちに、お客様との会話を上手く運べるようになり、何を望まれているのかを汲み取れるようになりました。
また、一緒に働く仲間とも積極的にコミュニケーションを取り、先輩に何を求められているのか、後輩は何を困っているのかを察知し誰よりもはやく対応できるようになりました。
この仕事を通し、相手が何を望んでいるかを考え、何がベストな対応なのかを判断し行動する力をつけられたことは私の自信になりました。
幅広い年齢層が共に垣根なく働くという御社の社風を知り、私のこの経験、強みを活かして貢献できるのではないかと考えています。」

〈「協調性」をPRする例〉

「私の強みは協調性があることです。
学生時代のサークル活動では、私の学年と1学年上の先輩との間に溝があり、サークル運営が上手くいかない時期がありました。
ですが、私は先輩達のサークル活動に対する姿勢も、同学年の新しい事を始めたいという意欲も、どちらも素晴らしいと感じていたので、両者の関係がうまくいけば、より良い運営ができるのではないかと考えました。
まず、先輩方との交流を深め、活動を間近で見ることで、それまで知らなかった丁寧な仕事や私達への配慮などを知り、それを同学年に伝えました。
そして、同学年の仲間達からは先輩への素直な思いを聞き取り、先輩方に尊敬の気持ちを伝えました。はじめはギクシャクしていましたが、定期的にみんなが参加できるイベントなどを企画し、少しずつお互いを知ることで誤解が解け、オールメンバーで大きな目標を達成することができました。サークルの仲間や共に過ごした時間は私の宝物です。私はこの時の経験を活かし、草の根のような小さな活動からたくさんの人を繋ぎサポートすることで、御社の福祉サービス事業に貢献していきたいと考えています。」

自己PRでは、アピールする強みを裏付けるエピソードと、どのように困難に立ち向かった経験があるのかが伝わるようにまとめることがポイント。
コラムの文頭でも触れましたが自己PRは自分を会社に知ってもらう最大のチャンスです。そのチャンスを逃さないよう準備を万全にして臨みましょう。

 

◆自己PRに悩んでいる人は、就職・転職支援のハタラクティブにご相談ください

就職活動では避けて通れない、面接での自己PRについてまとめましたが、いかがでしたか?
自分の強みや長所などは、わかっているようで、実際に誰かに伝えるとなると困ってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。
自己分析をしっかりし、自分と向き合うことで、気づかなかった自分のアピールポイントを見つけることができるのかもしれません。

しかし、初めての就職や転職活動では、どのように進めていいか分からず不安を感じる方もいるのではないでしょうか。
そんな時は就職・転職支援のハタラクティブにおまかせください。
ハタラクティブでは、企業研究や自己分析、それに基づく書類作成も経験豊富なキャリアドバイザーがサポート。どんな仕事が向いているか、基本的なカウンセリングから、内定・入社後のフォローまで、納得のいく就職が実現するようマンツーマンでの支援をしています。
「正社員の経験はないけれど、初めて就職しよう」「次こそはやりがいのある会社に出会いたい」そんな、本気で就職・転職活動をしている方を応援します。
サービスは全て無料ですので、ご相談だけでもご利用ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ