1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターの生活費の相場について

フリーターの生活費の相場について

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・一人暮らしの場合、毎月の生活費の目安は12万円

    ・通信費を見直したり自炊を心がけたりすることで、生活費を節約できる

    ・「今の収入では生活が厳しい」「将来が不安」という場合は、正社員を目指そう

一人暮らしの場合、生活費の目安はどれくらいなのでしょうか。

このコラムでは、一人暮らしに必要な生活費の目安や、節約のコツをご紹介します。「生活費に余裕がない…」というフリーターの方は、参考にしてください。

◆一人暮らしに必要な生活費

一人暮らしをしている場合、必要となる生活費の例は以下のとおりです。


・家賃:6万円 

・光熱費(電気・ガス・上下水道):1万円 
・通信費:1万円 
・食費(外食費を含む):2万円

・交際費:1万円 
・消耗品代(シャンプー、ティッシュ、トイレットペーパーなど):1万円 


上記の合計額は12万円ですが、ほかにも趣味にかかる費用や洋服代、年金・健康保険といった各種保険料の支払いが必要。

「将来のために貯金したい」と考えている人は、収支をしっかり把握した上で生活することが大切です。

◆生活費の節約ポイント

ここでは、生活費を節約するコツをご紹介します。

【通信費を見直す】

固定費を削減するには、不要な有料アプリはないか、料金プランが自分に合っているかなどを確認することが大切です。通信費は毎月支払う必要があるため、ひと月あたり1000円安くなれば1年間で1万2000円節約できます。

【自炊を心がける】

外食が増えると多くの費用がかかるため、なるべく自炊するのがおすすめです。「毎日作るのは面倒…」という人は、休みの日にまとめて作り冷凍保存するなど工夫すると良いでしょう。

【家賃が安い場所に住む】

家賃は生活費の大部分を占めるため、出費を抑えたいのであれば安い場所に住むのが賢明です。「駅から近い」「新築が良い」など住居に求める条件があるかもしれませんが、妥協できる部分はないか考えると選択肢が増えるでしょう。

 

「いつもギリギリの生活を送っている」という人も、上記を実践する中で生活費を抑えられれば、貯金する余裕が出てくるかもしれません。

 

「節約を試みても生活が厳しい」「フリーター生活を続けることに不安がある」という場合は、正社員を目指すのがおすすめ。正社員になれば一定の収入を得られるだけでなく、研修制度でスキルアップできたり福利厚生が適用されたりしてやりがいを感じられるでしょう。

就職活動に不安がある人は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、フリーターや第二新卒、既卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。

アドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、ご希望に合うお仕事をご紹介します。当サービスは、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施するため、「就活は初めて」という方も安心です。

サービスのご利用は、すべて無料。お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる