ニートから就職を目指そう!介護職の魅力と目指し方

ニートから就職を目指そう!介護職の魅力と目指し方の画像

【このページのまとめ】

  • ・一般的にブランクがあると就職には不利とされるため、ニート経験者は就活をスタートしづらい
    ・しかし、ニーズの高い職種である介護職は、未経験者も積極的に採用しているため、チャレンジしやすい
    ・売り手市場で求人の幅も広く、資格取得や実務経験によって収入アップできるのが魅力
    ・体力的、精神的な負担はあるので、自己管理能力が求められる仕事でもある

ニートとして生活している、ニートは脱したけれどアルバイトを続けている…という方の中には、就職したいけれど1歩を踏み出せない気持ちがあるのではないでしょうか。ニート期間中のブランクが不利に働かないか、自分ができる仕事はないのではないか…と不安に感じている人もいるでしょう。

そこで今回は、就職経験がない方にもチャンスのある職種として、介護職についてご紹介します。
やりがいや詳しい業務内容について情報をまとめましたので、ぜひ就職活動の一助にしてみてください。
 

◆ニート経験者が就職するには

一般的に、空白期間が長引くほど就職には不利とされています。空白期間が1~2ヶ月ほどであれば、あまり気にしない採用担当者もいるようですが、3ヶ月以上となると、面接時に質問することが多いようです。
そのため、ニート経験のある方は、ご自身のブランクがネックになるのではないかと考え、なかなか就職活動を始められないということもあるのではないでしょうか。

しかし、ブランクについて気にしすぎると身動きが取れなくなってしまいます。ブランクがあるから就職できない…という考え方ではなく、ブランクがあっても就職するにはどうしたら良いのかを考える方向にシフトするのが大切。その解決策の1つとして、安定的にニーズのある業界や職種を選ぶことが挙げられます。
そこでおすすめなのが介護職。高齢化社会を背景に、ニーズの高い職種です。有効求人倍率は平成29年7月から3倍前後を推移。他業種と比べても売り手市場の傾向は顕著でしょう。

介護職の業務内容は、お年寄りの身の回りのことをお世話すること。食事や入浴の介助、レクリエーションの見守りなど、多岐に渡る業務内容が特徴です。
働く施設や資格の有無によっても違いがあり、自分の適性や状況に合わせて求人を選びやすいでしょう。

参照元:厚生労働省「一般職業紹介状況(第11表)」 https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&tstat=000001020327&cycle=1&tclass1=000001030883&second2=1

 

◆介護職の魅力

では、介護職の魅力とは具体的にどのようなものでしょうか。下記にいくつか挙げて解説します。

・求人の選択肢が幅広い
・資格なしでもチャレンジできる
・職歴が問われない
・資格取得でキャリアが広がる

まず、先程も触れた通り、採用市場の傾向としては売り手市場です。求人の選択肢は幅広く、未経験者にも門戸が開かれているため、教育制度に力をいれている事業所も多いでしょう。
介護職というと資格ありきのイメージを持つ人が多いようですが、資格を持っていなくてもアシスタント職からスタートすることができます。実務経験を積みながら資格取得の勉強を進めていくケースが一般的なようです。
また、介護福祉士やケアマネージャーなどの資格を取ることで、さまざまなキャリアプランを描きやすいのも介護職ならでは。現場での実務経験を積みながら、将来的には施設の役職に就くことを目標にしている人もいるようです。資格手当を支給している事業所も多いため、高いモチベーションで業務に取り組みやすいでしょう。
資格取得によって勤務地を問わずに仕事ができるのも、介護職ならではの魅力ではないでしょうか。

 

◆介護職で働く注意点

一方、介護職として働く上での注意点ですが、大きく分けて2つあります。
1つ目は、他業界と比較すると給与額が少ない傾向にあること。無資格の未経験者でもチャレンジできるメリットがある反面、経験者の方が即戦力として評価されやすい業界でもあります。だからこそ、経験や資格取得によって、将来的に収入アップが見込めるということですから、自分のキャリアプランについて、資格取得も含めて考えるのが大切と言えるでしょう。
受け身の姿勢ではなく、意欲的に自分の付加価値を増やす努力ができる人が成功する可能性が高いと言えます。先程の項目でも触れた通り、教育制度や資格取得支援に力を入れているところを条件に探してみるのも良いかもしれません。

2つ目は、体力的、精神的なタフさが必要であること。介護の業務は思った以上に体力が必要なシーンが多くあります。
利用者の体を支える入浴介助、1日に複数回行うリネン交換、リハビリのサポートなど、業務内容を見ると体力的な負担が高いことは一目瞭然。自分でケアするほか、業務を行いやすい姿勢を工夫するなど、自己管理が必要です。
また、認知症の利用者をケアする仕事の場合は、通常のコミュニケーションに加えて、さらに細やかな配慮が求められます。人によっては精神的に辛くなりやすい仕事とも言えるため、具体的な業務内容を細かく調べ、働いている姿を詳細にイメージすることが大切。施設によっても働き方が異なるため、自分にはどのような施設が合っているのかも考えておいたほうが良いでしょう。

 

◆就職活動にはエージェントの利用がおすすめ

今回はニーズの高い介護職について詳しくご紹介しましたが、他にも未経験者にまで採用枠を広げている業界はたくさんあります。自分の興味や適性に合わせて、調べてみると良いでしょう。

もし、就職したい気持ちはあるけれど、職種選びからどうしていいか分からない…というニートの方は、エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。
エージェントとは、就職活動を全面的にサポートしてくれるサービス。カウンセリングを基にぴったりの求人を紹介してくれたり、応募や面接日程の調整を行ったりしてくれます。

ハローワークの職業相談と似ていますが、職種や求職者のタイプごとにサービスを特化させていることが大きな違い。厳選した非公開の求人を扱っているため、1人で探したときにはなかった企業に出会えることがあるのも魅力です。
内定の可能性を高めるために、求人サイトやハローワークなど他の人材サービスと併用してみてはいかがでしょうか。

若年層に特化したエージェントのハタラクティブでは、ニート経験のある方のほか、フリーターや第二新卒、既卒の方にぴったりの求人をご提案しています。就活のプロが厳選した求人は常時2,300件以上、カウンセリング実績はこれまで11万件以上。就活アドバイザーが求職者一人ひとりに付くため、細やかなサポートが可能です。

初めて就職活動をする、ブランクがあって不安、どんな求人があるか見てみたい…という方も大歓迎。サービスは全て無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A