履歴書の基本的な書き方とは?

専門学校の卒業は学歴になるのですか?

専門学校は、高校や大学と同様に学歴になります。ですので、専門学校に行った経歴は必ず履歴書の学歴欄に記載しましょう。ちなみに、夜間の専門学校も学歴に含まれます。 履歴書には、入学・卒業年と正式な学校名を記入しましょう。記載がないと「学歴詐称」とみなされる恐れがあるため気をつけてください。 履歴書の書き方は「履歴書の学歴欄。専門学校を卒業した場合の書き方は?」に掲載しています。

大学卒業後に専門学校に行った場合、最終学歴は専門学校になりますか?

その場合、最終学歴は大学になります。 最終学歴とは、通った学校の中で最も教育水準が高い機関を指すため、必ずしも最後に通った学校が最終学歴になるとは限りません。 履歴書に書く学歴は時系列順に記載すればOKです。大学卒業の後に、専門学校の入学・卒業を記載しましょう。 最終学歴について詳しく知りたい方は、「大学?専門学校?意外と知られていない最終学歴の定義」をご覧ください。

専門学校を中退した場合も履歴書に書く必要がありますか?

中退であっても、専門学校に行った経歴は学歴欄に記載します。 「学校法人〇〇学園〇〇専門学校〇〇専門学部〇〇コース 中途退学」のように記載してください。さらに1行下に、「親の介護のために退学」「家庭の経済的な事情のために退学」「進路希望の変更のために退学」といった理由を書き添えると良いでしょう。学業不振といったネガティブで説明しにくい場合は、「一身上の都合により退学」と書けばOKです。

語学スクールやカルチャースクールなどは学歴になるのですか?

なりません。 大学や専門学校以外にも学校はありますが、基本的に都道府県知事の認可がない学校は学歴と認められません。自動車教習所や職業訓練学校も学歴に入らないので注意してください。 ただし、これらの機関で学んだことを自己PR欄などでアピールするのはOKです。

職務経歴書の「現在に至る」はどのようなときに使いますか?

職歴欄に会社名を書いた後、今もそこで働いている場合に「現在に至る」もしくは「在職中」と記入します。 「現在に至る」は、「今もその状態である」という意味なので、すでに退職しているときは使いません。現在退職して仕事をしていない場合は、「以上」とだけ書けばOKです。 「以上」と「現在に至る」の詳しい使用法は、このコラムの「職務経歴書の「現在に至る」はどこで使う?」をご覧ください。

有給消化中も「現在に至る」を使うのですか?

有給消化中であっても、会社を辞めていない限りは「現在に至る」や「在職中」を使います。また、正社員ではなくアルバイトとして働いている場合も同様です。 フリーランスの方は、現在も職歴欄に記載した仕事を行っている場合は「現在に至る」を使いましょう。

職務経書の退職理由は何と書けば良いですか?

退職理由は「一身上の都合により退職」と書くのが一般的です。契約社員や派遣で働いて契約期間が終わった場合は、「契約期間満了のため退職」と書きましょう。 また、やむを得ない事情があるときや、会社を短期で辞めているときは、具体的な退職理由を書くと理解を得やすくなります。 詳しい書き方は「職務経歴書の退職理由、定番フレーズはこれだ!」を参考にしてください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION