第二新卒にはどんな資格が必要?

第二新卒が就職活動をする際に、強みとなるのが資格です。
資格は自分のスキルを可視化したものであり、企業が自分を判断するための情報として非常に有効です。

正社員を目指して就活中の方や、フリーター生活をしている方に向けて、どのような資格が必要とされているのかをご紹介します。
そして、企業が求めているのは資格だけではありません。
第二新卒から正社員になるには、資格と同じくらい重要視される要素があるようです。

転職に便利な資格とは

第二新卒が就活で新卒と渡り合うためには、資格をとっておくことが一つの策です。
たとえば「秘書技能検定」は、事務やビジネスマナー、接遇スキルなど会社経営には欠かせない資格です。

また「マイクロソフトオフィススペシャリスト」は、PCなどの電子情報を扱うオフィスでは必須とも言える資格です。
経理の仕事に携わるなら「日商簿記」。英語力を活かして働きたい第二新卒の方は「TOEIC」で600点以上を目指すと、グローバルに活躍できる第二新卒として企業の目を引くことができるでしょう。

更に、サービス・販売系の資格もあります。
「販売士検定」は流通業界では唯一の資格であり、販売員や営業職を目指す方が身につけておきたいスキルです。

いずれも新卒や第二新卒のみならず、フリーターから正社員への就職でも強みとなる資格ばかりです。
取得した目的や、資格を活かしてどのような仕事をしたいかといった情報を企業にアピールしましょう。

第二新卒は資格よりやる気?

新卒の就職活動には何かと資格が重要視されますが、第二新卒の場合は必ずしもそうではないようです。
企業が第二新卒を募集する場合、重視されるのは「やる気」や「情熱」、「コミュニケーションスキル」です。

企業は第二新卒に対して、他の社員と衝突せず、情報や意見を素直に吸収しながら成長して欲しいと考えています。
ですから資格や経験以上に、新しい環境で頑張ろうとする情熱や、柔軟なコミュニケーション力を求めているのです。

もちろん、同じくらいのポテンシャルを持つ第二新卒が複数いれば、その中からスキルや資格を豊富に持っている人が正社員採用の可能性は高まります。
企業情報や求人内容をしっかりと調べて、どのような資格が優遇されかどうか把握しておきましょう。

フリーターやある程度時間に余裕がある方は、資格取得に向けて今のうちに勉強しておくと、良い結果につながるかもしれません。
新卒より魅力的な第二新卒を目指しましょう。

資格がなくても転職は可能?

転職を目指す第二新卒の中には、「資格がないから新卒に勝てない」「このままずっとフリーター生活かも」と不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、資格が全てではありません。
資格を豊富に持つ応募者は魅力的ですが、企業が第二新卒に何よりも求めているのは仕事に対する情熱です。
資格がなくてもあなただけのスキルを最大限に発揮しながら働ける職場について、しっかりと情報収集してみましょう。

企業によっては、第二新卒を正社員として採用した後に、資格取得に向けた研修や支援制度を整えている所も多いです。
セミナー参加やスキルアップのための書籍購入をサポートしている企業であれば、やる気次第で成長できそうですね。

「第二新卒は新卒とは違う」「資格がなければ就職できない」と焦ってしまいがちですが、資格だけが全てではありません。
未経験からでも挑戦できる企業は多いため、情報を集めて自分にベストの働き方を見つけてみましょう。

第二新卒は新卒に比べて就職が不利だと言われています。
そこで巻き返すには、新卒にはないスキルをアピールする事が肝心です。

企業に「この人がうちに来てくれたら」と思うような、魅力的な人材を目指してみませんか?
ハタラクティブのコンサルタントと相談しながら、企業が欲する第二新卒になりましょう。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ