履歴書の資格欄「特になし」でも平気?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の資格欄「特になし」でも平気?

公開日:

最終更新日:

履歴書の資格欄に「特になし」と書くことに抵抗を感じる方もいるようです。資格欄に「特になし」と書くと、企業から見た印象や採用の可否に影響は出るのでしょうか?今回はそんな転職活動のお悩みにお答えします。

◆「資格なし」だと採用されない?

履歴書の資格欄に書ける資格がないと、就職活動や転職活動で採用に不利な影響が出るのでは?と心配される方も少なくないようですが、結論から答えると、資格の有無によって面接に進めなかったり、採用不採用に直結するといったことはまずありません。
何故なら、多くの企業にとって履歴書の資格欄は、あくまでも求職者の能力や現在のスキルを計る目安という位置づけだからです。

特に転職希望者を対象とした中途採用枠の正社員募集では、資格よりも実務経験を重視する企業が多いということを覚えておきましょう。

◆資格欄に書くことがない時はどうすればいい?

履歴書の資格欄に書ける資格がないからといって、空白のままはNGです。記入漏れだとみなされないためにも、記載する資格がない場合は「特になし」と書きましょう。

たとえ資格欄に書くことがなくても、見栄を張って嘘を書くのはもちろんダメです。
志望動機や自己PRをしっかり書いて、仕事に対する熱意や能力を伝える努力をしましょう。

◆現在勉強中の資格について書いてもいい?

現在は未取得でも「○○資格取得に向けて勉強中」「○月に受験予定」というふうに、勉強中の資格を資格欄に記載することは可能です。
ただし資格なら何でも良いというわけではなく、就職後に応募先企業の仕事に活かせそうな資格に絞って書くことをおすすめします。

資格欄を始め、職歴欄や志望動機、自己PRの文章に自信がない、効果的なアピール方法を知りたいという方には、転職エージェントの活用をおすすめします。
転職エージェントに在籍しているアドバイザーは、就職・転職のプロフェッショナル。求人情報を紹介するだけでなく、履歴書作成のコツから面接対策、悩み相談まで幅広くサポートしています。
特に若年層に特化したハタラクティブでは、高卒、既卒、第二新卒といった学歴や、一人ひとりの希望に沿った正社員求人をご紹介すると共に、たとえば今回のような履歴書の「資格なし」をフォローするための志望動機欄の書き方についてレクチャーするなど、実際に役立つアドバイスを行っています。
就活や転職活動について、まずはなんでもご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ