大学進学を考えるフリーターの方におすすめのコラム

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・フリーターの方が大学進学を目指すなら、目的を明確にさせることが大切
    ・目的があやふやなまま進学しては、中退する可能性も考えられる
    ・就職のための大学進学は必須ではない
    ・学歴不問や、高卒に向けた正社員の求人は多く存在する

フリーター脱出を考えたとき、就職するか進学するか選択に迷う人もいるでしょう。今回は、大学進学を考えているフリーターに向けたコラムをご紹介します。納得のいく形でフリーター卒業を叶えるためにも、以下にまとめているさまざまな注意点を参考にしてください。

◆フリーターの方が大学進学を目指すときの注意点

大学は、高校卒業とともに進学するのが望ましいタイミングだといえます。しかし、なかには高校卒業後しばらくの空白期間を経て、大学進学を考える人もいるでしょう。

年齢がほかの学生と1~2歳しか変わらないのなら、一考の余地もあるかもしれません。その理由としては、大学受験では一浪や二浪も少なくないことが挙げられます。
周囲との年齢差が1~2歳であれば、ほとんど壁を感じずに交流することも可能でしょう。それ以上に年齢差が広がっていくと、同級生とはいえ壁を感じる可能性も出てきます。

大学進学を考えたとき、なぜその大学に行く必要があるのか目的を明確にすることが大切です。目的もないまま進学しては、時間やお金が無駄になることも考えられます。なんとなく進学すると不明確な目的や周囲との壁がプレッシャーになり、結果的に中退してしまう人もいるようです。

フリーターの方が大学進学を目指すなら、せめて明確な目的は掲げておくようにしましょう。

できれば、レベルの高い大学を目指すこともおすすめポイントの1つです。フリーターとなると、空白期間が原因でただでさえ就活が不利になる可能性が高いもの。巻き返しを図り就活を少しでも有利に進めるためにも、可能な限りハイレベルな大学を目指すことがより良い選択といえるかもしれません。


◆就職のための大学進学は必須ではない

大卒が条件の求人もありますが、高卒でも正社員の求人は多く存在します。スキルを身につけることは、仕事をしながらでも可能です。
企業によっては、社員が働きながら資格取得を目指せる制度を設けているところもあります。
よほどの専門性を求められる仕事でない限りは、進学ではなく就職の道を選ぶのもおすすめです。

遅かれ早かれ就活する予定なら、必ずしも大学進学を選ぶことはないでしょう。

やりたい仕事の応募条件に有資格がある場合は、進学を選択するのも1つの方法です。そうでない場合は、大学進学が本当に必要なのか考えることも大切だといえます。

進学したからといって、スムーズに卒業できる保証はなく、就活がうまくいくとも限らないのが現状です。就活のための進学と安易に考えず、しっかりと目的を持ったうえで進路を選択しましょう。
進学時・卒業時の年齢を考慮したうえで、計画的に考える必要があるといえます。


◆高卒や大学中退のフリーターの方が就職するには

先述したように、高卒でも正社員になれる求人はあります。就職の条件として、進学が必ず求められるわけではありません。
フリーターの方が大学進学せずに就職するには、学歴不問の求人をあたるのも良いでしょう。

就職エージェントのなかには、学歴や経験不問の求人に特化したところもあります。
プロのサポートを受けることで、よりスムーズにフリーターを卒業することが可能です。

ハタラクティブも、就職支援を行うエージェントの1つです。若年層に的を絞っており、未経験歓迎の求人も多く取り扱っています。
仕事探しはもちろん、面接対策や応募書類の書き方など、就活に必要なさまざまなポイントを手厚くサポート。
一対一のカウンセリングで、適正や強みを拾い上げるお手伝いもしています。
「進学せず、働きながらスキルを身につけていきたい」「フリーターから抜け出したい」そのような願いをお持ちの人は、ぜひ一度ご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ