マーケティングの志望動機はどう書く?作成ポイントや例文をご紹介!

マーケティングの志望動機はどう書く?作成ポイントや例文をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • マーケティングの志望動機は、企業が求める人材やスキルを把握したうえで作成しよう
  • マーケティングの志望動機で評価されやすいのは「トレンドを掴む力」「コミュ力」など
  • マーケティングの志望動機には、志望理由を裏付けるエピソードを盛り込むと良い
  • 未経験者は、志望動機でマーケティングに興味を抱いた理由を説明するのがおすすめ
  • 経験者は、志望動機でマーケティング業に関する前職の実績や経験をアピールしよう

就職・転職活動でマーケティングの志望動機をどう書けば良いのか悩んでいる方もいるでしょう。マーケティングの志望動機を作成する際は、志望先の企業が「どのような人材を求めているのか」を押さえておくことが大切です。このコラムでは、マーケティングの志望動機を作成するポイントを詳しく解説します。マーケティングの志望動機でアピールすると良いスキルや例文も紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

マーケティングの志望動機はどう書く?

マーケティングの志望動機は、企業が求める人材やスキルを理解したうえで作成するのがコツです。志望動機では自身の強みを伝え、採用メリットを積極的にアピールしましょう。

マーケティングの仕事とは

マーケティングとは、企業の商品やサービスを販売・展開するための活動全般を指します。マーケティングの仕事はビジネスの方向性を握る重要な役割ともいえるでしょう。詳しくは「マーケティングの仕事」で解説しています。

マーケティングの志望動機で評価されやすいスキル

マーケティングの志望動機で評価されやすいスキルは、「トレンド情報を掴む能力」「企画を立案する能力」などです。基本的に、マーケティングは「価値を提供して、利益を得る」ことを目的としています。そのため、マーケティングの仕事では、消費者にうまくベネフィットを伝え、実際に行動を起こさせることができるスキルが求められるでしょう。

トレンド情報を掴む能力

時代によって売れる商品や求められるものは変動するため、マーケティングの仕事ではトレンドへのアンテナを常に張り巡らせておくことが重要です。世の中の情報を幅広く集め、今の時代に合ったトレンドを見極める必要があります。

企画を立案する能力

常にアイデアを求められるマーケティングの仕事において、企画立案能力に長けていることは「強み」として評価されやすいでしょう。企画立案に至るまでの背景には、問題の発見や現状分析、企画制作があります。問題と現状分析を踏まえたうえでの企画立案ができると志望動機でアピールできれば、採用担当者からの関心を高められる可能性があるでしょう。

コミュニケーション力

マーケティングの仕事では、企画や開発、営業、宣伝など各部署との連携が必要です。商品化から販売までの工程を円滑に進めるためにも、コミュニケーション力は重要な要素の一つといえるでしょう。

数字やデータを扱える能力

数字やデータを扱えるスキルが身についていると、採用担当者からの評価を得やすいはずです。マーケティングを行うには、対象ユーザーの数や価格帯、コストといったデータを精査・分析する必要があります。客観的な数値やデータを示したうえで企画立案ができれば、マーケティングの仕事での活躍が見込めるでしょう。
昨今拡大しつつあるWebマーケティングに必要なスキルが知りたい方は、「未経験からWebマーケティング担当になる方法!向いている人と必要スキル」もチェックしてみてください。

マーケティングの志望動機を作成する3つのポイント

マーケティングの志望動機を作成する際は、以下の3つのポイントを意識するのがおすすめです。

1.マーケティングの志望理由を明確にする
2.志望動機にまつわる具体的なエピソードを盛り込む
3.企業の採用ニーズに沿った志望動機を意識する

それでは、それぞれのポイントについて以下で見ていきましょう。

1.マーケティングの志望理由を明確にする

志望動機を作成するにあたって、自分が「なぜマーケティングの仕事に就きたいのか」という志望理由を明確にしておくことが大切です。企業は志望動機から応募者の意欲や適性を確認しようと考えています。志望理由が曖昧だったり分かりにくかったりすると、仕事へのやる気に懸念を抱かれる恐れも。「志望動機が思い浮かばない…」という人は、自己分析や企業研究などを行い、自分がなぜマーケティングの仕事を志望するのかをクリアにすると良いでしょう。

2.志望動機にまつわる具体的なエピソードを盛り込む

志望動機には、「マーケティングを志望する理由」を裏付けるエピソードを盛り込むのが効果的です。単に志望動機を述べるだけでは具体性に欠けるため、採用担当者を納得させられません。自分だけの経験やエピソードを伝えて、志望動機に説得力とオリジナリティを加えましょう。「店舗の売り上げを前年よりも○○%アップさせた」「月の販売本数で1位を獲得した」など、数値や客観的なデータを掲示するのもおすすめです。

3.企業の採用ニーズに沿った志望動機を意識する

志望動機を作成する際は、応募先企業の採用ニーズに沿った内容を意識すると良いでしょう。どれだけ素晴らしい志望動機を伝えても、仕事に対する考え方や方向性などが企業の求めるものと一致していなければ採用に至らない場合があります。志望動機では、マーケティングの仕事に活かせる自身の強みや経験などを伝えたうえで、入社意欲や貢献意欲をアピールすると、採用担当者からの評価を高められるでしょう。
志望動機の作成方法が知りたい方は、「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」もぜひ参考にしてみてください。

志望動機の基本構成は?

志望動機の基本的な構成手順としては、「志望理由→志望理由と結びつくスキル・経験(エピソード)→貢献意欲」がおすすめです。志望動機を作成する際は、相手に伝わりやすい構成や分かりやすい内容を心掛けましょう。志望動機の作り方については「志望動機の例文とポイント!面接のコツは?好印象を与える伝え方」もぜひご参照ください。

マーケティングの志望動機の例文

ここでは、マーケティングの志望動機の例文をご紹介します。未経験者と経験者の2パターンに分けて例文を掲載しているので、志望動機を作成する際の参考にしてみてください。

【未経験者向け】マーケティングの志望動機の例文

「消費者の声を反映した商品開発に携わることで人々の日常を豊かにしたいと考え、マーケティング職を志望しました。これまで勤めてきた販売職では、トレンドを常に追求すること、お客さまそれぞれのニーズを掴むことが重要とされていました。販売するうえで最も意識したことは、『この商品を購入後、お客さまはどのような価値を得られるか?』です。お客さまのニーズを考えたうえで提案させていただき、満足の声をいただいたときの喜びは私のなかで心に残る経験でした。このことをきっかけに『マーケティング』に興味を持ち、マーケティングの基礎を独学で勉強しました。その結果、前職では売上数の実績でトップを実現でき、表彰されたことがあります。これからも持ち前の探究心を活かし、実践的な場面からもマーケティングの知識を吸収して、御社(貴社)の商品の売り上げ拡大に貢献したいです。」

志望動機のコツ

未経験者の場合、マーケティングに興味を抱いた理由やきっかけを説明すると、採用担当者に仕事への意欲が伝わりやすいでしょう。また、マーケティング業務ではなくても、応募先の仕事で活かせる前職の経験やスキルは積極的にアピールするのがおすすめです。たとえば、前職が販売職ならトレンドやニーズをキャッチする能力、営業職ならコミュニケーション力やプレゼンスキルなどをアピールできます。「未経験者が履歴書の志望動機を書くコツとは?作成方法を例文付きで紹介」もぜひご参照ください。

【経験者向け】マーケティングの志望動機の例文

「前職の経験を糧に、今後は別分野で自身のマーケティング力を活かしていきたいという思いから、御社(貴社)のマーケティングを志望します。前職では3年間マーケティング業に携わってきました。そこでは、先輩のフォローと自身の探究心により、マーケティングの基礎をしっかり掴むことができたと自負しております。前職に勤めているとき、売上が伸び悩んでいた時期がありました。データの取り扱いが苦手だった私は、そこに原因があると考え、マーケティングに関する『数字』について猛勉強しました。身につけた知識をもとに、データ分析や現状を数字で読み取り、そこから費用対効果を期待できる商品の企画立案をしたところ、人気商品として会社の売上に大きく貢献できたのです。入社した暁には、前職で得た経験や知識をもとに、即戦力として御社(貴社)のサービス拡大に貢献したいと考えております。」

志望動機のコツ

経験者の場合、自身が持っている能力をアピールすることはもちろん、前職でどのような結果を出してきたかを伝えることが大切です。企業が経験者に求めるのは「即戦力」なので、マーケティング業に関する実績や経験、スキルなどを具体的に示しましょう

「マーケティングの仕事に就きたいけど、志望動機の書き方に悩んでいる」という人は、ハタラクティブに相談してみませんか?ハタラクティブは、既卒・第二新卒・フリーターなどの若年層に特化した就職・転職エージェントです。プロのアドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、あなたにぴったりの求人をご紹介いたします。応募書類の作成や面接対策もサポート。プロの視点で志望動機や自己PRの作り方をアドバイスするので、効果的な選考対策が行なえます。就職・転職活動を検討している方は、ぜひ一度ハタラクティブをご活用ください。

マーケティングの志望動機に関するFAQ

ここでは、マーケティングの志望動機にまつわる疑問やお悩みにFAQ形式で回答していきます。

マーケティングの仕事とは?

マーケティングとは、簡単にいうと「商品(サービス)が売れる仕組み」を考える仕事です。具体的には市場の調査・分析を行ったり、消費者のニーズに合った商品を開発したりします。詳しくは、「マーケティングとは」をご覧ください。

マーケティングの志望動機に役立つスキルは?

マーケティングの志望動機では、「数字に強い」「ロジカルシンキングできる」「トレンドに敏感」などがアピールできます。「マーケティングに向いている人の特徴とは?仕事内容や目指す方法も解説」を参考に、マーケティング業務に活かせる自分の能力や性格傾向を掴みましょう。

マーケティングの志望動機を作成するポイントは?

マーケティングの志望動機を作成する際のポイントは、「志望理由を明確にする」「具体的なエピソードを伝える」「企業の採用ニーズを意識する」などです。このコラムの「マーケティングの志望動機を作成する3つのポイント」で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

自分が考えたマーケティングの志望動機に不安がある…

マーケティングの志望動機を作ってみたものの、「この内容で問題ないか心配…」という場合は、第三者に意見を聞いてみるのが有効です。自分よりも人生経験が豊富な両親や先輩などに相談すれば、客観的で実のある意見がもらえる可能性があります。就職・転職エージェントのハタラクティブでも、就活のプロが志望動機の作成方法をアドバイスしているので、ぜひご活用ください。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧