新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書には長所+経験談+短所+目標を語るのがポイント

履歴書には長所+経験談+短所+目標を語るのがポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の自己PR欄に書く長所と短所は一つずつが理想的
    ・短所は、長所の反対を書くと相手に伝わりやすい内容になる
    ・長所はエピソードをプラス、短所は今後の目標を交えて語ると効果的
    ・応募企業が求めている人物像に近づけるような自己PRを考えよう
    ・長所が思いつかないときは、家族や友人、プロのアドバイザーに相談しよう

履歴書を書くときに思わず考え込んでしまう自己分析。
あなたは、自分自身の「長所」と「短所」をきちんと伝えられますか?

このコラムでは、履歴書に記載する長所と短所の項目についてご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書の長所と短所、迷わず書けていますか?

履歴書に書いた内容は、おおよそ面接でも質問される場合が多いでしょう。
企業側が求職者の個性を知る方法の一つに、自己PRの項目があります。

よく聞かれるのは、「あなたの長所と短所をお答えください」という質問です。
回答するときに気をつけたいのは、職種や業務に関する内容に寄せた説明を行うこと。
もちろん、単純に性格や人柄に関することを伝えるのも正解です。しかし、より採用のポイントをアップさせるには、業務に活かせそうな長所と改善する余地のある短所を述べるのが適していると考えられます。

もし、短所について何を書いていいのか迷ったときには、長所の逆のことについて触れると書きやすいと言われています。また、ゆくゆくは改善できる短所を記載した場合は、どのように改善しようとしているのかまで書けると、さらに採用ポイントが高くなるかもしれません。

自分の長所と短所を見つめることからはじめよう

記載する際のポイントは、「具体例を書く」ということ。
また、長所と短所は表裏一体でもあるため、長所の裏を突き、短所を述べて改善策を伝えるのが最適です。
短所を述べるときには、ネガティブになりすぎないように注意しましょう。

まずは、相手に伝えたい自分の長所を探ろう

長所に価する内容は以下のようなものが挙げられます。

・責任感が強い
・行動力がある
・好奇心旺盛
・協調性がある
・リーダーシップがとれる
・臨機応変な対応力がある
・誠実さ
・素直さ
・ポジティブ思考
・忍耐力がある、努力家
・おおらか
・几帳面、手先が器用
など

上記に挙げたもの以外にも、まだまだたくさんの長所と呼べる項目はあります。
長所を語るコツは、「一つに絞ること」です。
長々といくつも挙げるのではなく、自分の一番の長所だと思う部分をしっかりと伝えるのが大きなポイントになります。

自分にピッタリの長所を見つけたあとは、短所の伝え方を探っていきましょう。

短所の伝え方は?

自分の長所を一つだけピックアップしたあとは、その長所を短所に置き換えて話を進めるとスムーズに伝えることができます。

まずは、上記で挙げた長所の例を元に、短所を述べていきましょう。

・責任感が強い/完璧主義、一人で解決しようとする
・行動力がある/諦めが悪い、冷静さに欠ける
・好奇心旺盛/八方美人、気が散漫しやすい
・協調性がある/自己主張が乏しい
・リーダーシップがとれる/自己中心的になりやすい
・臨機応変な対応力がある/変わり身が早い、すべてを背負ってしまう
・誠実さ/人の意見に左右されがち
・素直さ/信じやすい、世渡りベタ
・ポジティブ思考/楽観的すぎる
・忍耐力がある、努力家/頑張り過ぎる、限界を超えてしまう、無理をしがち
・おおらか/大雑把
・几帳面、手先が器用/神経質、真面目
など

自分のアピールポイントを効果的に書く方法

面接担当者に色濃く印象が残るような経験談を交えて自己PRをしてみましょう。

長所と短所を交えて話すことで、自分らしさを出そう!

表と裏の関係でもある長所と短所。
自身のエピソードを盛り込みつつ分かりやすく説明することで、自分らしい個性ある内容に変えることができます。

まず最初に長所を回答します。
(例)私の長所は責任感が強いところです。

つぎに、どうしてそこが長所なのか、ということを詳しく伝えるためにエピソードを一つ盛り込みます。
(例)学生時代に行った新聞部のサークル活動では、社会問題や大学内の行事、大学生活に関する内容など、さまざまなテーマを取り上げ、制作をしていました。その中で私は新聞部の部長としての責務を全うすべく、取材やネタ出し、編集作業など、あらゆる業務を経験してきました。すべての工程において妥協することなく、無事に発行日までに仕上げていた、という経験から責任感の強さを活かすことができました。

エピソードを語ったあとは、短所を述べてその後の理想像を伝えましょう。
(例)その半面、短所でもある完璧主義の一面により、なんでも一人で抱えてしまいがちです。今後は一人ですべてを担おうとするのではなく、御社のモットーとしている「チームワーク」を肝に命じ、一社員としてしっかりと会社に貢献できるように、責任感の強さを最大限に発揮していきたいと思っております。

ただ単に「自身の長所+エピソード+短所」を語るだけでは物足りない内容になりかねません。応募企業側の求めている人物像に少しでも近づけるように、最後に必ず「今後の目標」や「心がけること」などを交えて、できる限りポジティブに語ることが重要です。
自分自身の性格をしっかりと見極め、長所と短所に求められる人物像をプラスして自己PRの内容を考えてみましょう。

自分の長所と短所が明確にわからない人は…

自己分析をするのが苦手な人は、家族や友人などを頼ってみるとよいでしょう。
第三者から見た自分自身を語ってもらうことで、発見できなかった長所や短所が見つかるはずです。
長所を教えてもらう際の注意点は、「そんなことない」と自分自身を謙遜しないこと。教えてもらった長所を自分で認めない限り、きちんと向き合うことは困難です。
第三者からの判断を素直に受け止めて、個性あふれる自己PR文を作成してみましょう!

もし、家族や友人からの意見を受け入れられない…という人は、就職支援サービスを利用してみてはいかがですか?
当ハタラクティブでは、就職に関することならどんな相談も受け付け可能◎就職支援サービスを利用すると、一人で悶々と悩むことなくスムーズな就活を実行できます。
自己PRの書き方をレクチャーすることはもちろん、履歴書作成のアドバイスや個々にピッタリの企業選び、適職診断、業界説明会への参加など、さまざまなサービスを展開しています。
ご興味のある方、まずはお気軽にご相談からはじめてみてください。
プロの就活アドバイザーがあなたのステキな一面を引き出し、理想の転職を叶えるお手伝いをいたします!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ