新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 在籍していた会社が社名変更。履歴書の職歴はどう書く?

在籍していた会社が社名変更。履歴書の職歴はどう書く?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の職歴欄には、企業名を省略せず正式な名称で記入する

    ・在籍していた会社が社名変更した場合は、旧社名のあとに現社名を括弧書きする

    ・社名を変える企業は少なくないため、応募書類を書く前に公式Webサイトをチェックしておこう

    ・履歴書を書くときは応募先や自分に合った履歴書を選ぶ、書いたあと見直すといったことに注意しよう

    ・高評価につながる応募書類を作成するには、転職エージェントの利用がおすすめ


在籍していた会社が社名変更した場合、履歴書の職歴欄に旧社名・現社名どちらを書かなければいけないのか迷うことがあるかもしれません。こちらのコラムでは、社名が変わったときの書き方や職歴欄を書くときの注意点などをご紹介します。職歴欄の書き方のコツをつかんで、自分を効果的にアピールできる履歴書を作成しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

職歴の基本的な書き方

学歴を書いた行から1行空けて、「職歴」と書いてから職歴を書き始めます。入社・退社の年月に間違いがないように気をつけましょう。正社員としての勤務経験がない場合でも、応募職種に活かせるようなアルバイトの経験があれば、職歴欄に書くことができます。経験した仕事の内容や配属先などを具体的に書くことで、自己アピールにつながるのではないでしょうか。

社名は省略せず正式名称を書く

履歴書の職歴欄を書く際に注意することは、社名を省略しないということです。株式会社を(株)と省略したり有限会社を(有)と省略したりせずに、正式名称を書く必要があります。また、「株式会社」「有限会社」が会社名の前に付くのか後に付くのかといったことについても気をつけて、正式名称を書くようにしましょう。

退職理由は書く?書かない?

職歴欄に退職理由を書くべきかどうかということに決まりはありません。転職の回数が多く「一身上の都合により退職」という理由が履歴書に並んでいると、採用担当者にマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。逆に、スキルアップや資格取得を目的とした退職であれば、退職理由を書くことで自分をアピールできるかもしれません。どのように書けば採用担当者に好印象を与えられるかということを意識して、退職理由を書くかどうか判断してみたら良いのではないでしょうか。ただ、履歴書に書かなかったとしても面接時に聞かれることが推測されるため、きちんと答えられるように準備しておくことが大切です。

在籍していた会社の社名が変更された場合

社名が変更されていたのに履歴書に書かなかったといったケースでも、それがマイナス評価に直結するとは考えられません。しかしながら、現社名を書いていないということは厳密に言うと正確な情報ではないため、過去に在籍していた会社についても名称が変わっていないか確認しておくと良いでしょう。

書き方の例

社名変更した場合、一般的には旧社名のあとに括弧書きで現社名を書きます。社名変更の理由や時期について書く必要はありません。

<例>

株式会社◯◯(現▲▲▲株式会社)入社

在籍していた会社の公式Webサイトを確認する

M&Aや知名度アップを図るといったことなどを理由に、社名を変更する企業は少なくありません。退職してから数年経っている場合、社名が変わっていることも考えられます。再編成の動きが活発な業界にいたという経験があれば、社名について特に気をつけておく必要があるといえるでしょう。履歴書の職歴欄や職務経歴書を書く前に、公式Webサイトをチェックしておくと安心です。

履歴書を書く上での注意点

履歴書を書くときには、以下のようなことに気をつけましょう。

・応募先や自分の経歴に合う履歴書を選ぶ

・手書きの場合は、下書きをする

・職務経歴書の内容と齟齬がないようにする

・誤字脱字や情報に誤りが無いか、必ず見直す

企業側からの指定がなければ、一般的には市販の履歴書を使用する人が多いと考えられます。履歴書には意外と種類があり、学歴・職歴欄のスペースが多いものや自己PR欄が大きいものなど様々です。どのような様式を選ぶかは自由ですが、応募先の特徴や自分のキャリアに合ったものを選ぶと良いでしょう。下書きや見直しをして記入ミスが無いようにし、高評価につながる履歴書に仕上げましょう。

転職をお考えであれば、転職エージェントのご利用をおすすめします。

「ハタラクティブ」では、就活アドバイザーが応募書類の書き方をはじめ面接対策、自己分析など幅広くサポート。マンツーマンで対応しているため相談しやすく、第三者目線でのアドバイスを受けることで効率良く転職活動をすすめることができます。

まずはお気軽に「ハタラクティブ」にお問い合わせください。
 

職歴の社名の書き方に関するお悩みQ&A

履歴書の職歴を書く際、「以前勤めていた会社が社名が変わっていた」というケースもあるでしょう。ここでは、応募書類の社名の書き方などをはじめ、職歴欄の記入のコツを解説しています。以下を参考に疑問を解消しましょう。

旧社名と新社名のどちらを書けば良いですか?

以前勤務していた社名が変更している場合、在籍時の旧社名、変更後の新社名を両方記載するのが基本です。
応募書類には、「201×年4月◯◯株式会社(現株式会社△△)入社」のように書きます。詳しくは、このコラムの「在籍していた会社の社名が変更された場合」をご覧ください。
 

職歴を書く際のポイントが知りたいです。

職歴に志望先の応募職種に関わるものがあれば、業務内容も記載すると良いでしょう。
「〇〇業務で窓口を担当」「◯◯部で採用活動に従事」など簡潔に書くことでアピールできます。その際、扱った製品やサービス、営業の実績なども記入すると分かりやすいです。「転職するなら職務経歴書の記載方法をマスターしよう!」にも書き方のコツが載っているので参考にしてみてください。
 

以前の勤務先が倒産・廃業していた場合はどう記入する?

昔の勤務先が倒産などで無くなっている場合、履歴書の職歴欄には書かなくても構いません。
「◯◯株式会社 一身上の都合により退職」など通常の書き方で良いでしょう。しかし、倒産が理由で前職を退職している場合は、「株式会社△△ 会社倒産により退職」のように事実を記載する必要があります。退職理由の書き方については、このコラムの「職歴の基本的な書き方」もご覧ください。
 

職歴が多い場合は全部書くべきでしょうか?

転職回数が多い場合でも、履歴書には職歴をすべて記載することが基本です。スペース内に収めるポイントは、「職歴欄の行数が多い履歴書を使う」「入社と退社の年月を同じ行に書く」などがあります。それでも記入スペースが足りない場合は、直近の3~4社を記載しましょう。それ以前の職歴は、どのような業務に携わってきたのかを簡潔にまとめるのがポイントです。履歴書の書き方をはじめ、転職活動でお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。就活のプロがきめ細やかに応募書類の添削や面接対策などを行います。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ