履歴書の職歴欄に書くのは「退社」「退職」どっち?

履歴書の職歴欄に書くのは「退社」「退職」どっち?の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の職歴は学歴の最終行から一行あけて書き始め、西暦・和暦を統一する、正式な企業名を記載するなど基本的なポイントを押さえよう
  • ・正社員の場合「退職」か「退社」で迷ったら「退職」と書くのが無難
  • ・アルバイト歴を書く場合は「退社」と記載しよう
  • ・退職理由は「一身上の都合」「会社都合」など自分に当てはまるケースを書こう

転職活動で履歴書の職歴欄を書くにあたって、前職について「退職」「退社」のどちらが正解なのか迷っている方はいませんか?今回は履歴書記載の微妙な表現の違いについて、基本的な書き方と共に今一度おさらいしましょう。
また退職理由の書き方についても解説しますので、参考になさってください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書のキホン―職歴欄の書き方

まずは履歴書の職歴欄の基本的な書き方からおさらいしましょう。 ポイントは以下の4点です。

・学歴の最終行から1行あけ、「職歴」と記入して書き始める

・西暦、和暦は学歴や他の元号と統一する

・会社名は省略せず、配属先や職務内容も正確に記載する

・最終行に「現在に至る」と記入し、さらに一行下に右寄せで「以上」と記入する

履歴書を書く時は書体や文字の大きさを揃えて丁寧に、読みやすく明瞭な書類作りを心がけましょう。

「退職」or「退社」―履歴書に書くべきなのはどっち?

履歴書の見本には「退職」としているもの、「退社」と書いてあるものの両方があるため、迷ってしまう方も多いようです。

厳密なルールはありませんが、どちらかといえば「退職」と記載する方が無難。「退社」には、職場を辞めて去るという意味のほかにも、一日の仕事を終えて会社から帰るといった複数の意味合いがあるからです。

実際には「退職」か「退社」の違いで採用に影響が出ることはなく、どちらでも可としている企業がほとんどのようです。

ただし、志望する企業の事業に関連する業務など、職歴欄にアルバイト歴を記載する場合は「退職」ではなく「退社」と書きましょう。 理由としては、正社員ではなく非正規雇用には「退社」という表現を使うことが多いからです。

退職理由の書き方はケースバイケース

履歴書の職歴欄に書く退職理由は、詳しい退職理由を書く必要がある場合をのぞき「一身上の都合により退職」で大丈夫です。その他、契約社員の場合で「契約満了のため退職」、会社の倒産やリストラによって辞めた場合は「会社都合により退職」と記載するケースも。自分の退職がどの表現に当てはまるのか、履歴書を書く前に確認しましょう。

いずれの場合も履歴書では簡潔な表現にとどめ、具体的な退職理由は、職務経歴書や面接で伝えるのが一般的です。 

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION