1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. やりたいことを見つける方法

やりたいことを見つける方法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自分のやりたいことを仕事にできると、苦しい時でもがんばれたり、向上心や自信が生まれたり、幸せを感じやすくモチベーションを持続できるといったメリットがある

    ・やりたいことが見つからないのは自己分析が十分でないことが原因かもしれない

    ・表面的だったり自己否定的な評価を下したりといった自己分析の落とし穴に注意しよう

    ・やりたいことが見つかったら、5年後、10年後もその仕事を続けている自分の姿をイメージしてみよう



「やりたいことを仕事にする」というのは理想的な働き方である一方、「やりたいことが見つからない」という人も多いようです。本当にやりたいことを見つけるためにはどうしたら良いでしょうか?このコラムでは、やりたいことを見つけるための自己分析方法や注意点などについてまとめています。ぜひ参考にしてください。

◆やりたいことを見つける重要性

自分がやりたいことがわからずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

やりたいことがわからないと、就職や転職などに際しても進路の方向性を見いだせず、思い悩んでしまうかもしれません。もちろん、誰もがやりたいことを仕事にできているわけではありません。しかし、やりたいことを仕事にしていると、キャリアを形成していく上で、以下のようなメリットがあります。

・苦しい時でも頑張れる

・アイデアや工夫といった向上心が生まれる

・自分に自信を持てる

・やりがいや幸せを感じられる

・モチベーションを持続できる

いずれも仕事を長期的に続ける上で大切なことではないでしょうか。やりたいことを見つけて仕事にする重要性は、そこにあります。

すぐにやりたいことが見つからない場合、仕事や職種についての書籍や体験談を読んだり、職業体験セミナーなどに参加したりする人もいるかもしれません。しかし、それでも自分のやりたいことがわからないとしたら、もしかしたらその原因は、自己分析が足りていないことかもしれません。

では、どんな自己分析をすれば良いのでしょうか?次項で考えてみましょう。

◆自己分析の「落とし穴」に注意!

自分のやりたいことを見つけるために、確かに自己分析は有効です。内面を深く掘り下げることで、長所や短所、傾向や適性など、自分を客観視できるからです。

しかしここで注意が必要なのが「自己分析の落とし穴」です。

表面的な自己分析しかできていなかったり、反対に自己分析に時間をかけ過ぎてますます迷路にはまってしまったりするようでは、やりたいことを見つけるという目的から遠ざかってしまいます。企業の求める人物像に無理に当てはめようとして、本来の自分の姿を歪めてしまうというのも良くありません。また、短所ばかり探したり、自分に対して否定的な評価をしたりというのも、思い込みの強い結果となってしまいます。

自己分析が効果的なものであるかどうかの目安として、「自分の価値観や行動基準を再認識たか」ということを自問してみると良いでしょう。興味や関心を抱いていること、持っているスキルや性格などから、自分がどのような人物像なのかを客観的に見つめ直し、自分軸を明確にすることが大切です。 

◆5年後と10年後を考える

自分が本当にやりたいことを見つけるには、今だけに焦点を当てるのではなく、将来を見据える必要もあります。

短期のアルバイトなら今だけに注目しても良いかもしれませんが、正社員として長期的に働くのであれば、未来の自分も含めて考えることが非常に重要だからです。 

表面的な条件だけを見てやりたいと思っていることは、年齢とともに変わっていくケースが多いでしょう。しかし自分の本質に根差して本当にやりたいことは、長続きする可能性が高いようです。

自己分析の結果を基にやりたいことを見つけた場合、5年後、さらには10年後の姿をイメージしてみてください。自分がその仕事を続けている姿が想像できるでしょうか。

本当にやりたいことを見つけるには、まず今やりたいことを紙にできるだけ多く書き出してください。その中からできるだけ長続きしそうなもの、総合的に考えて無理でないものを選ぶようにすると、現実的な判断ができるのではないでしょうか。

自分が本当にやりたいことが見つからない、やりたいことはあるが自分に向いているかどうかわからないなどのお悩みがある方は、ハタラクティブのキャリアアドバイザーにご相談ください。
マンツーマンの丁寧なカウンセリングを通じて、一人ひとりの希望や適性にマッチするお仕事をご紹介すると同時に、効果的な自己分析や選考を通過するための書類作成、面接対策といったサポートも万全です。
プロのアドバイスを受けながら、本当に自分に合った仕事や働き方を探しませんか? 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    行きたくない仕事の飲み会でうまく断るコツ

  • image

    給料が安い!そう感じた時に選択すべき手段

  • image

    フリーターが取るべきおすすめの資格まとめ

  • image

    ハローワークで申請!失業保険の貰い方

  • image

    面接の「最後に一言」で落ちる?対策別の例文と合否フラグを解説

  • image

    良い印象を与えられる証明写真の服装が知りたい!

  • image

    職業能力開発総合大学校ってどんな学校?

  • image

    職務経歴書にフォーマットはある?書き方のポイントと簡単な作成方法まとめ

  • image

    仕事が早い人の特徴とは?効率的に作業するコツについて

  • image

    「行」と「御中」の正しい使い方を解説!消し方、書き換え方を覚えよう

  • image

    フリーターから活躍できる業種・職種一覧

  • image

    仕事中なのに眠い、原因別の対策方法で睡魔を撃退

  • image

    三つ折り厳禁!履歴書の封筒の正しい入れ方をマスターしよう

  • image

    知っておきたい!会社の雰囲気を見極める方法

  • image

    専門卒の就活先とは?職種の選択肢と年収について

  • image

    経験が有利になる?30歳の転職を成功させるには

  • image

    ハローワークの面接練習を活用しよう!申込方法や服装はどうする?

  • image

    雇用保険受給資格者証とは?退職後、手元にない人は要注意!

  • image

    企業に伝わる略歴の書き方とは?

  • image

    人手不足はいつ終わるの?IT業界の現状

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる