本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 中卒女性が仕事を見つけるには?おすすめの職業と就活のポイント

中卒女性が仕事を見つけるには?おすすめの職業と就活のポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・中卒女性は調理スタッフや販売職、介護職などの仕事が就職しやすい
  • ・中卒女性は「学歴不問」「未経験者歓迎」などの記載がある仕事を探そう
  • ・中卒女性には秘書検定や介護職員初任者研修、簿記などの仕事に役立つ資格がおすすめ
  • ・学歴に不安がある中卒女性は高卒の資格取得を目指すのも1つの手
  • ・入社後に後悔しないために自己分析や企業研究をやっておこう

中卒で仕事を探している女性におすすめ!目指しやすい職種と就活のポイントの画像

中卒で仕事を探している女性の中には、最初から正社員を諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか?どのような経歴や学歴であっても、職業の選び方や努力次第で正社員としての就職は可能です。
このコラムでは、中卒の女性が就職しやすい職業やおすすめの資格、仕事を見つけるための対策など、役立つ情報をご紹介。学歴に不安があって一歩が踏み出せない方は、ぜひ参考にしてください。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

中卒女性におすすめ!就職しやすい仕事8選

中卒の女性が就職しやすい職種は、サービス業を中心に幅広くあります。「中卒だから就職できない」と最初から諦めず、就職できる可能性が高い範囲から仕事を探してみましょう。
詳しい職種については、以下をチェックしてください。

1.調理スタッフ

調理スタッフは、調理や下ごしらえ、盛り付けなどの調理場での業務を行います。料理が得意・好きな方におすすめの仕事です。簡単な調理であれば特別な資格は必要なく、学歴も問われません。仕事を通して料理や食材に関する知識を得られるでしょう。
高齢化が進んでいる影響もあり、飲食店のみに限らず、福祉系施設にも活躍の場が広がっています。

2.接客業

接客業は、宿泊施設や飲食店、アミューズメント施設などでお客様の案内やオーダーの確認などを行う仕事です。
お客様とのコミュニケーションを通して社会的なマナーや接遇のスキルが自然と身につくため、人間として成長していけるでしょう。

3.販売職

販売職は、文字通りお客様に商品やサービスを売る仕事です。携帯ショップやアパレルショップ、旅行会社など、就職先は多岐に渡ります。
接客や商品・サービスの説明だけでなく、在庫管理や品出し、レジ打ちなども行います。

4介護職

介護職は、高齢者や介護が必要な方向けに、食事や排泄、入浴などの介助など、さまざまなサービスを行う職種です。
介護業界は高齢化で年々需要が高まっている一方、深刻な人手不足で悩まされており、経験がなくても働きながら資格を取得できる施設もあります。そのため、未経験者歓迎や、学歴不問の求人を探しやすいでしょう。

5.工場のライン作業

中卒の就職先として、工場もおすすめ。一口に工場といっても、自動車、精密機械、食品など、業種はさまざまです。基本的に工場のマニュアルに沿って作業をこなしていくことになります。そのため、選考の際は「これまでの経験」よりも「これからどれだけ活躍できるか」をアピールすることが重要です。

6.コールセンター

コールセンターのスタッフは、お客様と電話でやり取りをする仕事です。
コールセンターの業務は、大きく分けて「テレオペ」「テレアポ」「テレマ」の3つに分類されます。
「テレオペ」はテレフォンオペレーターの略称で、自社商品・サービスに関するお客様の疑問にお答えする業務です。
「テレアポ」はテレフォンアポインターのことで、お客様に商品紹介の約束を取り付けます。企業によっては、営業の業務の1つになっていることもあれば、営業と分業されていることもあるようです。
「テレマ」はテレフォンマーケティングのことで、既存顧客や新規のお客様に対してアンケート調査や商品のヒアリングなどを行います。
ときにはクレームへの対応も必要になりますが、ポジティブ思考でお客様の問題を解決することにやりがいを感じられる方に向いているでしょう。

7.エンジニア

エンジニアは、システムの設計やプログラミングなど、幅広い業務を行います。男性が多い職業ですが、年々女性のエンジニアも増えてきているようです。ITに興味がある方や、趣味でゲームやアプリを作成しているという方におすすめ。
IT関連も需要があるにも関わらず人手が不足している業界の1つであり、学歴を問わない企業や、未経験者に丁寧な教育を行っている企業が多いようです。

8.自営業やフリーランスという道もある

自営業やフリーランスなど、特定の企業に属さない働き方もあります。
突出して好き・得意な分野があるなら、起業をする、お店を開業する、フリーで仕事を募集するといった道を考えてみても良いでしょう。
もちろん必ずしも成功するとは限らず、大きなリスクも伴います。ただし、現在は少ない資金で開業できるネットショップやフリーランス向けの仲介サービスなど、フリーの身で働く手段や環境が充実しているので、リスクが心配な方はそれらを活用するのも良いでしょう。

中卒女性は学歴不問・未経験歓迎の仕事を探そう

中卒の方や、高校を中退した方が仕事を探す際は、「学歴不問」「未経験者歓迎」といった記載のある求人を探しましょう。この2つの表記の意味については、下記に詳細をまとめました。

学歴不問とは?

学歴不問は、「学歴は一切問わず、どんな学歴の方でも応募可能な求人」を指します。「大卒以上」「高卒以上」など、募集する人材を学歴で区別する求人もありますが、「学歴不問」と書かれている場合は、中卒や高校を中退した方も応募することが可能です。このような募集では、学歴よりも企業や業務にとって必要な人材かどうかが重視されます。

未経験歓迎とは?

未経験者OKや未経験者歓迎と書かれている場合は、「社会経験が全くない」という意味と、「業界・職種が未経験」という意味の2通りあります。
中卒者の方は、社会経験がない人に向けた求人に応募するのがおすすめです。このタイプの求人には「間口を広げてより良い人材を採用したい」という企業の意図があるため、応募者の学歴よりも人柄や価値観、仕事に対する意欲といったポテンシャル面が求められる傾向があります。
一方、「業界・職種が未経験」の場合は、社会経験がある人が異業界・異業種への転職を目指すときに応募できる求人です。応募者が前職で培った経験やスキルを重視する傾向があるため、社会経験がない場合は応募する前によく確認しましょう。

企業が「中卒」に抱きやすい3つの不安

学歴がすべてではありませんが、企業によっては中卒者に対して「勤勉さが足りない」「忍耐力がない」などの不安を抱く場合もあります。
採用担当者が中卒者に抱きやすい主な懸念について、以下にまとめました。

1.勉強への意欲が薄いのではないか

高校へ進学しなかったのは、「勉強への意欲が薄い」もしくは「基本的な学力不足」と捉えられる傾向にあるようです。基礎学力は勉強で身につくとしても、成長意欲が見られなければ企業にとってマイナス要因と捉えられてしまいます。選考の際には仕事への向上心をアピールし、ネガティブなイメージを払拭しましょう。

2.継続力がないのではないか

中卒者の中には高校を中退した方もいるため、企業から「継続力がないのではないか」と不安を抱かれることもあります。物事に対する継続力がないと判断されてしまうと、「入社してもすぐに辞めてしまうのでは?」といった懸念から、採用を見送られる可能性も。このような事態に陥らないために、学力以外で継続力を発揮したことをアピールするのがベターです。
また、家庭事情や病気など、やむを得ない理由で高校入学を諦めた・あるいは中退したという場合は、そのことをきちんと説明したうえで、今は問題なく働けることを伝えておくと良いでしょう。

3.問題と向き合えないのではないか

企業によっては「中卒=粘りがない」というイメージを持っている場合もあり、「何か問題が生じたときに向き合わず投げ出してしまうのでは?」と警戒されてしまう可能性もあります。
これまでトラブルに対してどのように対応をしてきたかを示すことで、採用担当の不安を取り除くことができるでしょう。

中卒の女性が取っておきたい資格7選!

ここでは、中卒の女性におすすめな仕事に役立つ資格についてまとめました。
資格を取得していると、スキルや知識を持っていることを証明できるうえ、勤勉さのアピールにもなります。
この項目では、秘書検定やMOSのような幅広い職業で活かせる資格から、宅建や調理師のような専門的な職業に役立つ資格まで紹介しているので、ぜひチャレンジしてみてください。

1.秘書技能検定

秘書技能検定を取得しておくと、資格の勉強を通して社会人に必要なビジネスマナーや一般常識などの知識を身につけることができ、それらが備わっていることの証明にもなります。3級・2級・準1級・1級とあり、数字が少ないほど難易度が高いです。受験資格は特になく、誰でも受けることができます。
また、検定名にある「秘書」だけでなく、さまざまな業界・職業で役立つ資格です。

2.MOS

MOSはワードやエクセルなど、パソコンを用いた作業によく使用されるソフトのスキルを証明できる資格です。
特に事務系の業務に役立つ資格ですが、現在は幅広い職種や業界でパソコンを使用することがあるため、目指す進路を問わず取得しておいて損はないでしょう。

3.ITパスポート

ITパスポートは、最新技術やセキュリティ、ネットワークなど、IT関連の基礎知識が備わっていることを証明する国家資格です。
就職に有利になるわけではありませんが、未経験からIT関係の仕事に就きたいと考えている方にとっては入門的な資格となるため、ITの基本を押さえるためにも取得しておくのがおすすめ。
また、事務職やテクニカルサポートなどの職種を目指している方にも役立ちます。

4.日商簿記検定

日商簿記検定は、企業の経営活動の整理や計算を行うことで、経営状態や財政状況を知る技能を証明する資格です。
初級・3級・2級・1級があり、一般企業の経理事務を目指す場合は2級を取得しておくと選考で有利になりやすくなります。最初は基礎知識をつけておくためにも初級からスタートすると良いでしょう。
最上位の1級は、公認会計士や税理士といった国家資格の登竜門となる階級です。ゆくゆくは起業したい、公認会計士や税理士を目指したいという方は、1級の取得も検討すると良いでしょう。

5.調理師

調理師試験は専門学校に通わなくとも、飲食店やレストランなどで調理業務経験を2年以上積めば受験可能です。
調理師免許を取得すれば、飲食店だけでなく、学校や病院、介護施設などでも働けるようになり、就職先の選択肢が大きく広がります。
「好きな料理を仕事にしたい」「人の役に立つ仕事がしたい」という方は、取得を検討すると良いでしょう。

5.介護職員初任者研修

介護職を目指している方には、介護職員初任者研修がおすすめです。介護に関する基礎を身につけることができます。介護職のスタートラインに立つ資格のため、取得しておけば「実務者研修」「介護福祉士」などの資格にチャレンジしやすくなるというメリットも。人手不足が問題視されている介護業界においては、資格を保有していることでより就職が有利になる可能性があります。

7.宅地建物取引士

宅地建物取引(宅建)士は、不動産業界を志望している方に向いている国家資格です。
売買や賃借など、お客様が物件に関する取引をする際に重要事項を説明する、関連書類への記名・捺印といった業務は、宅地建物取引士を保有していないとできません。
宅地建物取引士を取得していれば不動産業界への就職に有利になり、高収入も期待できます。
高難易度の資格のため、取得には相応の努力が必要になりますが、不動産業界を目指しているならメリットの多い資格です。
 

学歴に不安がある中卒女性は高卒を目指すのも1つの手

中卒であることに大きな不安やコンプレックスを抱いているなら、高卒・あるいはそれに相当する資格を目指すのも1つの手です。
高卒を目指すことは、不安解消のほかにも仕事の選択肢が広がる、賃金が上がるといったメリットがあります。
下記で高卒を目指す方法を紹介しているので、自分の学歴に不安がある方はご一読ください。

通信制や定時制なら無理なく学べる可能性あり

就職活動やアルバイトと高卒資格取得を両立したい場合は、通信制や定時制の高校に通うのがおすすめです。
一般的な全日制の高校と違い、定時制は昼間・夜間のいずれかの時間帯に毎日、通信制は自宅学習をメインに数日学校に通う形式となっています。全日制の高校よりも遅い時間に登校できたり、時間帯や登校日の融通が利きやすかったりするため、無理なく高卒を目指せるでしょう。

学校に通うのが難しいなら高卒認定を取るのもあり

家庭事情やアルバイトの都合などで学校に通うのが難しい場合は、高卒認定の取得を目指すのも1つの手です。
高卒認定は高卒資格ではないものの、取得すれば高卒と同等の学力があることを証明できます。
ただし、通学と違い高卒レベルの勉強を独学で行わなければいけないため、それだけの自己管理能力や気力が必要です。

中卒女性が仕事を見つけるためにやっておきたいこと

入社してから「この仕事は自分に合っていないかも」「仕事を辞めたい」と思わないためにも、自己分析や企業研究、業界研究などで自分に合った職場や仕事を見極めることが大切です。
入職後に後悔しないためにやっておきたいことを、下記に詳しくまとめています。

自己分析をする

自己分析を進めていくと、「自分がどんなことに興味があるのか」「どんなことに価値を感じるのか」「どんな強み・弱みがあるのか」といったことを客観的に把握できます。
まずは思いつく限りの長所・短所、趣味・特技、好きなこと・嫌いなことなどを書き出してみましょう。その上で、それぞれの裏付けとなる具体的なエピソードを思い起こしながら検証してください。
そこから、自分の強み、価値観、仕事に求めること、将来やりたいことなどを導き出していきます。それらは、あなたが仕事を選ぶ際の「軸」となるでしょう。軸を明確にしておけば志望先となる企業を探しやすくなり、選考でも自分の考えやアピールポイントを表明しやすくなります。

企業研究・業界研究をする

自己分析で自分のやりたい事や興味が分かったら、興味のある業界や企業について詳しく調べてみましょう。企業のWebサイトを確認したり、競合との比較をしたりと、応募企業の分析を深めておくと、志望動機を伝えるときに説得力が増します。
事業内容や経営理念、組織風土などの基本的な項目を始め、その企業の主力商品や経営状況なども調べておくと良いでしょう。

転職エージェントやハローワークを利用する

「就職活動が初めてで、何をしたら良いのか分からない」という人は、無理に一人で進めようとせず、民間の就職支援サービスやハローワークを利用してみてください。就職の悩み相談に応じるだけでなく、履歴書の書き方、面接でのマナーといった、就職活動の基礎を教えてくれます。さらに、就職・転職エージェントの場合は、専任のアドバイザーによる個人に合わせたサポートがあるので、自分に合った仕事を見つけやすいでしょう。


きめ細かいサポートを求めるのなら、若年層に特化したハタラクティブがおすすめです。ニートやフリーター、学歴に不安がある方のサポートにも対応しています。プロのアドバイザーが丁寧なヒアリングを重ねながら、あなたの適性やスキルに合った企業をご紹介。応募書類や面接における選考対策も行っているので、就活・転活が初めての方も安心です。内定率80.4%、就活相談件数60,000人以上の実績を保有しているので、就職・転職活動の成功率アップに繋がるでしょう。
すべてのサービスは無料でご利用可能なので、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

正社員になりたい中卒女性のためのQ&A

正社員を目指す中卒女性の中には、「中卒だから就職できるか心配…」と不安を抱いている方もいるでしょう。ここでは、中卒女性が悩みがちな就職に関わる疑問をQ&A方式で解消します。

中卒から正社員になれる?

中卒から正社員になることは可能です。求人を探す際は、「学歴不問」と記載されているものを探しましょう。「学歴不問」の求人なら、採用の際に学歴を問われません。今までに正社員経験がない方は、「未経験者歓迎」「無資格OK」などの求人も狙い目です。 就職エージェントのハタラクティブは、若年層への就職サポートを行っているので、ぜひご相談ください。

学歴に自信がなく不安です。

学歴に不安があるなら、高卒認定を取る、あるいは通信制や定時制に通うのがおすすめ。高卒認定を取得すれば履歴書に記載でき、高卒程度の学力があることを証明できます。また、通信制や定時制は時間帯に融通が利きやすいため、無理なく通えます。 高卒認定についての詳細は、「高卒認定試験に合格後の就職を考える」、通信制や定時制についてはこのコラムの「学歴に不安がある中卒女性は高卒を目指すのも1つの手」をご覧ください。

中卒が就職しやすい仕事はある?

アパレルショップの販売員や飲食店の店員、営業職などは、「学歴不問・未経験者歓迎」の求人が多く見つかります。特に営業職は実力主義の職場が多く、実績次第で昇進が可能です。 「営業職とはどんな仕事?販売職との違いや必要なスキルを解説」では、営業職の種類をご紹介しています。

中卒で満足のいく年収が得られる?

実力が重視される仕事に就けば、年収アップは十分に可能です。高年収を目指すなら、営業職などのインセンティブがつく仕事に就いたり、仕事に直結する資格を取得したりするのがおすすめ。最初に就職した企業で経験を積み、将来的により給与水準が高い企業に転職する方法もあります。 年収アップのヒントは、「年収を上げる方法を紹介!資格取得や副業は有効?スキルアップの効果は」でもまとめました。

面接のコツはある?

就職への熱意や入社意欲を伝えるのがコツ。曖昧な回答だと、企業は中卒者に対して、「学ぶ意欲が低いのでは?」と懸念を抱いてしまいます。企業の不安を払拭するには、正社員を目指す理由を前向きに語ることが大切です。過去に反省点がある場合は正直に述べ、これからどうしていきたいのか説明しましょう。 面接合格の秘訣は、「中卒からの就活、面接のコツ」でもご紹介しています。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?