既卒、職歴なしから就職を目指す方法!

既卒、職歴なしから就職を目指す方法!の画像

この記事のまとめ

  • 既卒で職歴なしの方が就活する場合は、新卒向けで既卒可の求人や未経験歓迎の求人を中心に探すと良い
  • ブランク期間に何をしていたのかをしっかり伝えることが大切
  • 業界研究や企業研究もしっかり行っておこう
  • ひとりでの就活が不安な場合はプロに相談してみるのも一つの手

既卒者の中には職歴なしで就職って厳しいよなぁ・・・とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は就職活動未経験の方にも分かりやすく、そして職歴なしでも内定を目指せる就活のポイントについてご紹介します。特に既卒者で職歴なしの方が心配される、自己PR方法、面接対策については身につけておいて損はないはず。知識を身につけて不安を解消しましょう!あなたの価値を知ってもらう就活を一緒に考えませんか?

【関連記事】
既卒者の就活、成功のためのコツ

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

既卒・職歴なしの方が押さえておきたい求人のポイント

既卒者で就職を考えるなら、学校卒業から3年以内の方は新卒向けの求人も視野に入れましょう!というのも、政府の雇用支援策により「新卒採用に当たって、少なくとも卒業後3年間は応募できるようにすること」と企業に対して努力義務を課しているからです。

最近では新卒求人の中に「既卒者歓迎」の表記もよく見られるのでぜひチェックを。既卒ということで新卒採用を諦めていた方には意外な採用の糸口ですね。
そして学校卒業から年数が経過している既卒者も気にしておきたいのが、未経験歓迎、研修ありの求人。若い人材を求めている業界では、未経験の方や社会人経験のない方も歓迎という求人も存在しています。

しかし、未経験歓迎と一口にいっても、特定資格が必要、社会人経験が必要、社会人未経験OKなど詳しい条件はさまざま。すべての求人に応募できるわけではありません。
記載されている内容だけで分からない場合は企業に問い合わせることをおすすめします。

また、就職してからの研修体制は知っておきたいところ。ビジネスマナーの基礎的な部分から研修が行われている会社であれば、職歴のない方もスムーズに働き始められるのではないでしょうか。

既卒・職歴なしの方の自己PR、面接対策

既卒・職歴なしの方が就活時に気になるのは「ブランク期間に何をしていたのか」ということ。面接でも必ず聞かれる内容といって良いでしょう。

フリーターや派遣社員として働いていた場合はその経験を伝えることもできますが、職歴なしの場合は「その期間に何をしていたか・やっていたことで企業に貢献できることはあるのか」を伝えましょう。

例えば、「業務に関連する資格を取得するために勉強していました」というような前向きな内容にするのがおすすめ。「何もしていなかった…」とネガティブな伝え方にならないようにすることが大切です。

また、応募企業についてしっかり研究しておくことも非常に大事です。企業のWebサイトやパンフレットを読み込むのはもちろん、会社説明会に行ったり、チャンスがあれば企業訪問してみるのも手でしょう。
情報を集めることで、自分が仕事を通じてやりたいこと、なぜこの業界・企業を選んだのか、自分が入社したらどう貢献できるのかなど企業が知りたいポイントをブレなくアピールすることができます

就活の手始めは仕事探し!どんなサービスを利用する?

就活の中で就職先を探す、というと求人サイトや求人誌などでの求人検索をイメージする人が多いと思います。
それらの求人情報は好きな時に見ることができるというのが良い部分ですが、情報量が膨大なだけに探すのも一苦労。探しているうちに自分の基準もあいまいになってきた、そもそも職歴なしで強みってPRできるの?と悩んでしまうことになるかもしれません。

そんな方におすすめなのがハタラクティブです。ハタラクティブでは専任の就活アドバイザーが就職に関する相談を一手に引き受け、仕事探しから面接対策まで全面的にサポートします。就活から採用までの道のりを一緒に歩んでくれますよ。
既卒者向けの求人も取り揃えていますので、迷っている方は一度登録を検討してみてはいかがでしょうか。今回は既卒・職歴なしの方が知っておきたい就活に関する情報をまとめました。
職歴なしだから…と諦めず、上記を参考に正社員として働くことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連タグ

  • arrow