これって圧迫面接?面接官が威圧的な態度を取る理由

これって圧迫面接?面接官が威圧的な態度を取る理由の画像

【このページのまとめ】

  • ・威圧的な態度や意地悪な質問をされる面接を「圧迫面接」と呼ぶ
    ・ストレス耐性を確認したり志望者の本音を引き出したりするために行われることが多い
    ・圧迫面接はあくまでも「演出」のため、質問や態度の意図を把握して冷静に対処しよう

就活を進める中で、採用担当者に高圧的な態度を取られたり理不尽な質問をされたりする圧迫面接を経験したという人もいると思います。
圧迫面接は、ただ志望者を困らせたり脅したりすために行われているわけではありませんが、どのような意図があるかご存知ですか?
当コラムでは、企業が圧迫面接を実施する理由や対象となりやすい職種を解説しています。
圧迫面接が苦手な方や対処法を知りたい方は参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

圧迫面接とは

圧迫面接とは、面接官がわざと威圧的な態度を取ったり意地悪な質問をしたりする面接のことを指しています。
企業が圧迫面接を行う理由としては、志望者の対応力やストレス耐性を試すほか、事前に準備してきた模範解答ではない本音を引き出すためとも言われています。
ストレスが大きい、仕事量が多い、上下関係が厳しい業種の採用面接で実施される傾向が強く、マスコミや営業職、クレーム対応が必要な職種で行われているようです。

しかし、圧迫面接はあくまでも「演出」のため、実施される意図をきちんと把握して冷静に対応することが重要といえるでしょう。

これが圧迫面接だ!

では、具体的にどのような行為が圧迫面接に当てはまるのでしょうか。
以下によくある例を挙げますので参考にしてください。

面接官の態度例

・大声を出す、頬杖をつくなど威圧的で横柄な態度
・携帯やスマホ、窓の外を見るなど、志望者に興味のない雰囲気を出す
・頭ごなしに否定的な言葉を浴びせかける
・質問への回答に無反応または反応が薄い
・志望者の回答に対して「なぜ?」と問い詰める

面接官の発言や質問例とその意図

「うちの会社には向いていない」「そういう性格の人はこの仕事に合っていない」「その経験やスキルはうちでは役立たない」などの否定的な質問や発言
このような発言は、志望者の自己分析や企業研究、企業とのマッチング度を考えて志望しているかなどを確認している可能性があります。

「つまらない」「ありきたり」「志望動機が薄い」といった、本人や自己PR、志望動機の内容を否定すること
自信を持って回答しているか、しっかりと自己PRを行えるかなどを確かめるために実施されているようです。

「どうせすぐ辞める」「ほかの会社に行ったほうが良い」「不採用になったらどうする」など、やる気を疑ったり不採用をほのめかしたりするパターン
企業への志望動機や入社意欲が本物かどうか見極めていることも。

「なぜ」を繰り返す質問は、応募者の本音や動機の強さを引き出したい、話の整合性を確認したいといった意図で行われるケースもあるので、「圧迫面接だ!」と決めつけずに、「この質問の意図は何か」を見極めて深掘りされる質問にしっかりと回答するようにしましょう。

圧迫面接への正しい対応とは

就活を進めていく中で圧迫面接にあったら、「臨機応変にピンチを切り抜ける対応力やストレス耐性を試されている」と気づくことが大切。
動揺して感情的になったり苛立ちから不機嫌な態度を取ってしまったりすることは厳禁。落ち着いて冷静に対応しましょう。
意地悪な質問をされた場合でも、「圧迫面接だから自分は悪くない」と判断し、落ち込まずに質問の意図を見抜いた回答をすると好印象。

「うちの会社に向いていない」と言われたら、「不足している部分を入社までにしっかりと身につけておきたいと思いますので、よろしければその理由をお聞かせいただけますか?」など、入社への熱意を表すと良いでしょう。

「ありきたりでつまらない」という反応には、「目覚ましい実績とはいえないかもしれませんが、タフで粘り強い性格は御社でも活かせると考えております」といったようにポジティブに切り返します。

ほかにも「圧迫面接」と捉えられる事例は多くありますが、明らかに度を越して個人の尊厳を傷つけるような質問や、性別、出身地、身体、家族などを差別するような悪質な内容(一人っ子、母子家庭、身長が低い、女性だから…など)は「圧迫面接」ではなく「ハラスメント(嫌がらせ)」に該当するかもしれません。
プライバシーに関わるようなことは「申し訳ありませんがお答えできません」と答えるなど、毅然とした態度を示すことも時には必要です。
面接でハラスメントを行う企業は、内定をもらったとしても本当のその企業に就職していいのかを慎重に検討する必要があるでしょう。

圧迫面接の対策法を具体的に知りたい、自分に合った企業を探したい…という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、転職のプロによるカウンセリングを随時行っています。
カウンセリングを通して強みや適性を判断し、その結果からあなたに合った求人をご紹介。
実際に面接で行われた質問例をお伝えするので、万全の状態で面接を受けることが可能です!
登録や利用は全て無料です。書類は通るのに面接でつまづいてしまう…という方もお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION