新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で「最近感動したこと」を聞かれたら?伝え方のポイントと例文を紹介!

面接で「最近感動したこと」を聞かれたら?伝え方のポイントと例文を紹介!

公開日:

最終更新日:

面接で「最近感動したこと」を聞かれたら?伝え方のポイントと例文を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接で最近感動したことを聞く目的は、応募者の人柄や臨機応変さを見極めるため
    ・最近感動したことのエピソードは日常の出来事で問題ない
    ・身の回りの出来事に興味を持つのも、最近感動したことを見つけるためのポイント
    ・最近感動したことを面接で答えるときは、嘘をつかないようにしよう
    ・最近感動したことの題材は、何か得たものがあるかどうかを基準に選ぼう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

面接では、「最近感動したことは?」と聞かれる場合があります。そのような質問を受けたとき、どのように答えれば良いのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。
最近感動したことは出来事の内容だけでなく、そこから何を得たのかに焦点を当てることが重要です。
このコラムでは、面接で「感動したこと」を聞かれたときの答え方や注意点をご紹介します。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

面接官が最近感動したことを聞く3つの意図

「最近感動したこと」に的確に答えられるように、まずは面接官の意図を知っておきましょう。
最近感動したことを聞かれる主な理由として、以下の点が挙げられます。


1.応募者の人柄や価値観を知りたい

応募者が最近感動した体験を通し、その人の人柄や価値観を掘り下げる目的があります。
どのような点に感動したかを知ることで、その人が何を大事にしているのか、何を原動力にしているのかなど、人となりを把握しているようです。
応募者の人柄や価値観を知っておけば、企業との相性や仕事への姿勢を測る基準になります。


2.臨機応変さを見るため

応募者の臨機応変さを見極めるのも、最近感動したことを聞く目的の1つです。
面接対策する場合、志望動機や自己PR、キャリアプランなど、仕事に関する質問を想定して回答を考えていることが多いでしょう。
「最近感動したこと」という予想しにくい質問をすることで、応募者が予期せぬ出来事が起きた際にどのような対応を取るのかチェックしているようです。


3.緊張を解くため

応募者の緊張を解くために、最近感動したことを聞く場合もあるようです。
緊張したままの状態だと、応募者が自分の力を発揮しきれなかったり、本音を伝えられなかったりと、思うように面接を進められないことも。
そのような状況を防ぐために、「最近感動したこと」という仕事から離れた話題を出し、応募者がリラックスして面接に臨める雰囲気を作っています。


最近感動したことを考えるときの3つのポイント

最近感動したことを考える際は、下記のポイントを踏まえましょう。


1.エピソードは日常のささやかな出来事でOK

感動エピソードは、日常の中のささやかな出来事でOKです。
面接官の涙をさそうような話や、エピソードの内容が壮大である必要はありません。
面接官が見ているのは、感動した出来事のエピソードではなく、その体験の中で感じたことや得たものがあるかどうかです。そのため、エピソードは大小関わらず、自分にとって実になった出来事を選ぶと良いでしょう。


2.経験から学んだことに焦点を当てる

感動した出来事だけではなく、どのような影響を受けたのか、何を学んだのかに焦点を当てて説明しましょう。
先述したように、感動した出来事の内容よりも、その経験を通した成長を相手に伝えることが重要です。たとえば、映画を見て感動したことを題材にする場合、「その映画の影響で新しい価値観を得た」「視野が広がって前向きな気持ちになった」など、得た学びや気づきを具体的に伝えましょう。


3.身の回りの出来事に興味を持つ

感動したことを考えるには、つねに身の回りの出来事に興味を持つことが大切です。
最近のニュースや話題になっている本・映画、身近な人の言動など、身の回りのことに興味を持っていれば、印象に残ったことや心に響いたことが自然と浮かぶようになります。
これまで気づかなかったことの発見につながる可能性もあるため、身の回りの出来事に関心を持ちましょう。


最近感動したことを面接で伝えるときの注意点

最近感動したことを面接で伝える際は、下記の点に注意する必要があります。


嘘はつかない

悪印象に繋がるの恐れがあるので、嘘を答えるのは避けましょう。
面接では回答したことをさらに深堀りされるため、虚偽の内容は高確率で見抜かれてしまいます。「バレなければ良い」と甘く考えず、本当に感動した体験を探しましょう。
また、最近感動したことの回答は、「その体験によってどう感じ、成長したのか」ということを重視されます。自分のパーソナルな部分を知ってもらえるチャンスなので、人から聞いた話や作り話ではなく、実体験を話すようにしましょう。


題材選びは慎重に

「最近感動したこと」の題材は慎重に選びましょう。
どんなに素晴らしい体験であっても、自分がそこから何も学んでいなければ評価に繋がりません。
たとえば、留学した体験を題材にしようとした場合、「面白かった」「楽しかった」だけでは不十分です。それ以外に得たものや学んだたことがないなら、避けるのが無難でしょう。自分の価値観や生活にプラスの影響を与えた体験であれば、読書や旅行などの趣味でも構いません。
そのため、「この体験なら評価されるだろう」と安易に考えず、「何か得たものがあるかどうか」を基準にしてエピソードを選ぶと良いでしょう。


「最近感動したこと」の例文集!

「最近感動したこと」の例文を下記にまとめました。面接での伝え方に悩んでいる方は、参考にしてください。
ただし、あくまで伝える際の参考に留め、内容は自分の体験と言葉で構成するよう心がけましょう。


日常生活を題材にする場合

友人との交流や映画鑑賞のような、日常生活を題材にする場合の例をまとめました。


例1

最近感動したことは、私の誕生日を友人がサプライズで祝ってくれたことです。以前私も友人にサプライズで誕生日のお祝いをしたのですが、今度は私がサプライズをされたので非常に驚き、とても嬉しくて感動しました。その出来事を通して、「人を喜ばせることの素晴らしさ」と「人が自分のために何かをしてくれることの素晴らしさ」の両方を知りました。
これからも人に喜んでもらえるようなことや、誰かのためになることを続けていきたいと考えています。


例2

◯◯という映画を見て感動したことです。事故で家族を失った主人公が周囲の人に支えられながらこれまでの夢を叶えるという内容の映画でした。そのストーリーを通して、物事は自分一人の力だけでなく、誰かのサポートもあってこそ成し遂げられるということを学びました。
それ以来、常に周囲への感謝を忘れないことと、自分も誰かの支えになることを心がけて行動するようにしています。


学生時代の出来事を題材にする場合

私が感動したことは、部活の大会で優勝したことです。
日々チームメイトと励まし合いながら練習を重ねていたたため、目標達成に向けて努力することの大変さと大切さ、そしてチームが1つになって優勝を勝ち取ることの喜びは今でも忘れられません。
部活で培った継続力や諦めない心、チームワークをこれからも大切にしていきたいと考えています。


アルバイトを題材にする場合

アルバイト先の上司が、みんなが働きやすい職場になるよう常に気を配ってくれていたことに感動しました。
私が悩んでいるときは常に声をかけてくれて、相談に乗ってくれる方でした。ときには本部に改善を求めて働きかけてくれることもありました。その上司のおかげで快適に働くことができ、今でも感謝と尊敬をしています。
私も上司をお手本に、周囲の人が悩んでいたら積極的に声掛けをし、改善が必要な場合はそのために何をすべきか考えて実行するようにしています。


ボランティアを題材にする場合

先月◯年前に起きた災害の被災地を訪問し、現地の方が懸命に生活している姿に感動しました。
災害から数年が経った今でも、心の傷に苦しんでいる人がいたり、災害当時の傷跡が消えていない場所があったりと、未だ完全に復興しているとはいえない現状を知りました。
それでも復興のために仕事に励んでいる人や、いつもどおりの日常を送っている人を見て、どのような状況でも懸命に生きる大切さを学ぶことができました。
このボランティアに参加して以来、辛いことがあっても自分を奮い立たせて物事に取り組むようになりました。


面接対策に悩んだら就活のプロに相談しよう

最近感動したことのほかにも、面接では思わぬ質問をされる可能性があります。
「面接でどんな質問をされるのか分からない」「どんな対策をすれば良いのか分からない」
そのようにお悩みの方は、就職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。


ハタラクティブは、社会人未経験や既卒、フリーター、第二新卒などを対象とした若年層向け就職支援サービスです。
プロの就活アドバイザーによる企業別の面接対策や書類作成のレクチャー、お悩み相談など、さまざまなサポートをマンツーマンで行っています。
未経験可能な求人を多数取り揃えているため、興味がある仕事にもチャレンジしやすいでしょう。
就職・転職活動に自信がない方、企業探しに迷っている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。



これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ