仕事を辞めたい…新卒入社した会社を1ヶ月で退職するのは甘え?

仕事を辞めたい…新卒入社した会社を1ヶ月で退職するのは甘え?の画像

この記事のまとめ

  • 大卒で新卒入社した人の約3割が入社後3年以内に離職している
  • 新卒で仕事を辞めたい理由には、人間関係や評価への不満や残業の多さが多い
  • 新卒で仕事を辞めたいと思っても、人間関係が良好なら留まる選択肢もある
  • 新卒入社した仕事を辞めるなら、自己分析と企業研究を徹底して転職先を探そう

新卒で入社したけど仕事を辞めたい…。そう考えている方に向けて、大卒者の離職率や、新卒入社した人が仕事を辞めたいと思う理由などをまとめました。新卒であってもなくても仕事を辞めたいと感じる理由には大きな違いはありません。また、第二新卒のメリットなど、退職・転職を考えている方が知りたい情報をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

新卒だけど仕事を辞めたい

新卒で入った会社を辞めたいと思う方は多いようです。就活時には気にならなかったことでも、いざ入社して仕事をしてみると気になったり、どうしても自分に会わないと感じたりするもの。実際に、新卒入社した会社を3年以内に退職する人は一定数存在します。

大学卒業後、新卒入社した人の離職率

新卒入社できたものの、すぐに「辞めたい」と思ってしまい、退職してしまう人が少なくありません。厚生労働省の調査によると、大学卒業後に就職し、3年以内に離職した人は、およそ3人に1人です

  1年目まで 2年目まで 3年目まで 合計
平成29年 11.6% 11.4% 9.9% 32.8%
平成30年 11.6% 11.3% 8.3% 31.2%
平成31年 11.8% 9.7% 21.5%
令和2年 10.6% 10.6%

引用:厚生労働省「学歴別就職後3年以内離職率の推移

年度ごとに多少の変化はあるものの、概ね入社3年以内に離職している人は3割ほど。入社後3年以内に退職・転職を考えるのは珍しいことではないといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
新規学卒就職者の離職状況を公表します

その他の学歴でも新卒入社の4割以上が離職する

上記の資料を見ると、大学卒業以外の新卒入社の方が3年以内に離職する割合も、決して低くないことが分かります。短大や高卒で新卒入社した方の離職率はおよそ40%。中卒では約60%を占めています。

新卒で仕事を辞めたいと感じるのは甘えではない

新卒で入社した会社を短期間で辞めたいと考えたときに、「すぐに辞めるのは甘えでは?」と思ったり、周囲に言われたりする方もいるでしょう。しかし、「仕事を辞めたいのは甘え?辞めるべきかどうかの判断基準を解説」のコラムでも解説しているように、本気で退職を考えており、しっかりとした理由があれば甘えではありません。
「会社に行くのが面倒くさい」「好きな仕事じゃないから」「働くのが嫌だから」といった理由で仕事を辞めたいと思っているなら、甘えです。しかし、「この会社で働いてもキャリアが見えない」「本当にやりたいことに挑戦したい」などキャリアを見据えた退職なら、甘えとはいえないでしょう。

新卒入社した人が仕事を辞めたいと思う理由

新卒が仕事を辞めたいと思う理由は人によって異なりますが、多くが「会社とのミスマッチ」「人間関係」「労働環境」などが挙げられます。

仕事内容や社風とのミスマッチ

就活でしっかり調べていても、実際に働いてみると「思っていたのと違った」ということはあるでしょう。仕事内容や業務の進め方、社風などが合わないと、働き続けるのは大変なこと。社内イベントに強制参加させられるなど、社内の雰囲気や慣例に合わない例も多いようです。

人間関係の問題

上司や先輩、同僚との関係が良くないと、業務にも支障をきたします。社会人になれば、学生時代のように「気の合う人とだけ付き合う」ことはできません。業務上、避けることはできないため、人間関係が良くないとストレスの原因となり仕事を辞めたいと思ってしまうでしょう。

キャリアアップできない環境や評価制度への不満

自分の行動や能力が正当に評価されていない、キャリアビジョンを描いていたのに環境や制度上難しいかもしれない、と不満を抱く人も。新入社員には、実績や成果につながる業務ではなく、基礎となる仕事を割り振られる傾向にあります。すぐに評価が得られると思っていた場合、どんどん不満が溜まってしまい辞めたいと思うように。

残業の多さや待遇の悪さ

考えていたよりも残業が多い、休日出勤もある、働く上での待遇が悪い、というケースがあります。
通常、新入社員は業務内容や新しい生活リズムに慣れてもらうため、残業は少ない傾向。自分はそうでもなくても、先輩や上司の残業が常態化していたり、業務に対する給与が低すぎたりする場合は仕事を辞めたいと思うでしょう。残業代の支給額に疑問を感じたら、「知っておきたい!残業手当の正しい計算方法とは」のコラムを確認しましょう。

新卒で入社した仕事を辞めても良い場合

新卒で入社した仕事を辞めたいと思ったときに、迷わず退職してもいいケースがあります。労働環境が劣悪だったり、社内でハラスメントが行われていたりするなら早めに退職すべき。また、会社の経営が芳しくないときも、将来を考えて早めに退職すべきでしょう。

劣悪な労働環境

長時間労働を強いられる、残業代が支給されない、有給取得を拒否されるなど、労働基準法に違反するほどの劣悪な労働環境の場合は、早々に退職すべき。ブラック企業の可能性が高く、働き続けるのは危険です。「労働基準法違反の判別基準と違反に気づいた時の対処法」のコラムをご確認いただき、労働基準法に沿った勤務かどうか確認してみましょう。

社内の人間関係が悪い

社内の人間関係が極端に悪かったり、ハラスメントが日常的に行われていたりする企業も早期離職して問題ありません。前述した「労働環境が劣悪な会社」と同様に、ブラック企業の可能性が高いです。たとえ自分がハラスメントの被害に合っていなくても、ハラスメントが行われている企業風土は許されるものではありません。当事者でなくとも大きなストレスを感じるため、心身に影響が出る前に退職しましょう。

会社の経営状況が悪い

就職活動中には会社の経営状態までは把握できていない、数字などをみてもいまいち理解できないという方も多いはず。しかし、いざ入社をすると先輩や上司などの話から会社の経営状況や現状が厳しいと判明することもあるでしょう。また、自身の給与や手当が減ったり長年の取引先から断られたりと、明言がなくても経営状況が厳しいことを体感できることも。会社がどうなるかわからない状況では安心して働き続けることができませんし、最悪の場合は倒産する可能性も。また、経営状況が悪い会社であれば、給与未払いなどの状態になる可能性があります。倒産して無職になってから転職活動をするのは大変なので、経営状態が良くないと感じた時点で転職を検討してみてください。

将来性やキャリアプランを描くのが難しい

会社から将来性を感じなかったりキャリアプランを描けなかったりする場合も、仕事を辞めて問題ないケースです。会社の方針や社風などによっては自分が成長できない環境であったり、理想として持つキャリアプラン遂行が難しかったりすることもあります。その状態ではモチベーションが低下し、業務パフォーマンスが悪くなり評価されない…という悪循環に。現在の仕事で自分が望むキャリアや将来が叶わないのであれば、若いうちに転職を検討すべきでしょう。

新卒で入社した仕事を辞めない方が良い場合

新卒入社した仕事を辞めたいと思っても、辞めないほうが良い例もあります。特に、退職後のプランをよく考えずにその時の感情や雰囲気で仕事を辞めるのは危険です。

人間関係が良好で居心地が良い

「仕事は楽しくないが、人間関係が良好である」という人もいるでしょう。仕事そのものに大きなやりがいや熱意を感じなくても、人間関係や職場の雰囲気が良い場合は、退職をすべきではありません。職場の雰囲気や人間関係が良好なら、仕事の悩みや不安を相談しやすいはずです。転職しても次の職場も良い雰囲気、良い人間関係とは限りません。仕事が特別楽しいと感じなくても、良好な人間関係の職場で働き続けていれば、その仕事が天職になる可能性もあります。

仕事を辞めた後のプランが決まっていない

仕事を辞めたあとのプランが決まっていない状態も、辞めるべきではありません。「辞めてから考えれば良い」と思う方もいるようですが、辞めてから考えていては空白期間が伸びてしまいます。結果、空白期間が長くなり焦って適当な企業に転職する可能性も。本当にやりたいことや自分が描くプランではない企業に就職してしまうと、また短期で離職する事になりかねません。

解決の可能性があることが退職理由になっている

すぐに解決は難しくても、数年経てば解決する可能性が高い内容を退職理由としている場合も、仕事を辞めるのは待つべき。例えば、仕事内容が雑用や基本でつまらない、と思っていても、新卒で入社していれば当たり前のこと。経験やスキルを身につければ仕事内容も変わります。自分の希望した部署に配属されなくても、勤続年数が長くなれば異動希望を出せることもあるでしょう。

新卒で仕事を辞めたいと思ったらリスクを考えよう

新卒で入社した仕事を早い段階で辞めることには、良い点もあれば悪い点もあります。特に、年齢の高い人からはよく思われないことも。短期間で離職するならリスクがあることも知っておきましょう。

短期で離職するリスク

早期離職すると、転職時に「忍耐力に欠ける人では」「採用してもすぐ辞められたら困る」などネガティブな印象を持たれやすくなってしまいます。
また、転職となると経験年数の長い人や高いスキルを持った人などがライバルになることに。経験やスキルが少ない若年層は苦戦する可能性もあります。

新卒入社した会社を辞めると第二新卒として転職できる

新卒で入社した仕事を辞める場合、第二新卒として転職活動を行えることがあります。第二新卒とは、明確な定義はないものの新卒入社した企業を3年以内に退職して転職活動を行っている人のこと。企業によっては第二新卒を優遇していたり、新卒と同じ扱いで採用していたりすることもあるようです。第二新卒については「既卒と第二新卒の違いは?どちらが有利?定義やメリット・デメリットを解説」のコラムをご確認ください。

第二新卒のメリット

第二新卒として転職活動を行う場合、年齢が若いため将来性を期待されやすく転職もし易いといわれています。新卒入社した会社を辞めるなら、第二新卒として転職活動を行いましょう。

第二新卒ならではのニーズがある

第二新卒は正社員経験やビジネスマナーなど、ある程度のスキルが身についている人材です。そのため新卒よりも研修コストがかからないというメリットがあり、一定のニーズがあるといわれています。
経験者ほどの実績がなくても、社会人としての最低限のスキルと若さゆえの吸収力を兼ね備えた人材として、第二新卒を積極的に採用する企業も多くあります。

未経験の業種に挑戦できる

第二新卒は新卒と同じようにポテンシャルを見込んだ採用をする企業が多いため、未経験歓迎の求人にもチャレンジしやすい傾向にあります。
社会人としての基礎を活かしながら、新しい分野への挑戦ができるチャンスといえるのではないでしょうか。

新卒で仕事を辞めたいと思ったときに準備すること

新卒で入った企業を辞めたいと思ったら、退職する前に準備を行いましょう。また、まだ辞めるかどうか迷っている…という状態なら、転職活動を初めてみるのもおすすめです。

退職理由を深掘りする

退職を決意したら、退職理由を徹底的に深掘りしましょう。退職理由を深堀りすることで、転職先を選ぶときに妥協できない絶対条件が明らかになります
例えば、「社風が合わない」という理由で仕事を辞めたいと思っていても、「会社全体の考え方や社風は合っているけど部署の雰囲気に合わない」「会社の理念そのものが合わない」など、細かい点は人によってさまざま。仕事を辞めたい理由を深掘りすることで、転職先を選ぶときの絶対条件が明らかになるでしょう。

自己分析を徹底する

仕事を辞めたいと思ったら、自己分析を徹底することも大切です。新卒時に自己分析は行ったと思いますが、社会経験をしてから行うと、新たな発見があるもの。また、合わせて企業研究も行いましょう。応募先企業のニーズに合う自己アピールをするのが、内定の鍵となります。

転職活動を始めてみる

仕事を辞めたいと思ったら、退職する前に転職活動を行いましょう。転職を迷っている状態でも転職活動を行うことで、自分の市場価値を客観的に把握することができます。市場価値がわかれば、すぐに転職して問題ないか、今の会社でもう少しスキルや経験を身に着けてからのほうが良いか判断材料になります。市場価値の高い人材の特徴や、年代ごとのポイントは「自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル」のコラムで特集しているので、参考にしてください。
また、市場価値の確認だけでなく、退職後に転職活動を始めるのでは経済的な困窮や転職活動の長期化も懸念されます。退職後のほうが時間があるので転職活動をしやすいのは事実ですが、スムーズに転職できないと空白期間が長期化する恐れも。仕事を辞めたいと思ったら、在職中から転職活動を始めましょう。

就業規則を確認する

仕事を辞める決意をしたら、就業規則を確認します。法律では退職の2週間前に報告することで仕事を辞められると定めていますが、多くの企業では「退職の3ヶ月前」など独自の規定を設けています。後任者の選定や業務の引き継ぎなど、退職には多くの作業があるため、規則に則って行動しましょう。

転職の手順を確認する

仕事を辞める決意をしたら、在職中から転職活動を行うのが理想です。転職活動のタイミングについては「転職活動はいつ始める?必要な期間の目安とは」のコラムをご確認ください。
転職先の目処が立ったら、直属の上司に退職の報告をします。その後、退職日の調整や引き継ぎなどを行いましょう。

新卒で仕事を辞めたいと思ったらきちんと自分と向き合おう

新卒で入社した仕事を「辞めたい」と思ったときに考えなくてはいけないのは、転職すれば問題が解決するのか?ということ。
「なんとなく辞めたい…」という気持ちで転職すれば、あとで後悔することになるかもしれません。
新卒入社した企業を「辞めたい」と思った時は、その理由と転職することでどう解決するのかをしっかり考えて転職活動に臨みましょう。

新卒入社した会社を辞めたい、早期退職になってしまうから迷っている、という方は転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。 正社員をしながらの転職活動は、面接の日程を組みづらいというマイナス面があります。
ハタラクティブなら、就活アドバイザーがスケジュールの調整を代行するなど、働きながらの転職活動もしっかりサポート。企業とのミスマッチで早期退職にならないよう、マンツーマンでのカウンセリングでじっくり適性をチェック。求職者1人ひとりの特性・適性・ご希望に沿った求人をご紹介します。
さらに、入社後に抱きがちな不安や悩みにも対応できるよう、フォロー体制も整えています。あなたの強みを活かした正社員就職を応援するハタラクティブに、是非一度お問い合わせください。

この記事に関連するタグ