フォントはどうする?パソコンで履歴書を作る方法

フォントはどうする?パソコンで履歴書を作る方法の画像

この記事のまとめ

  • 手書きの履歴書は意欲の高さが伝わりやすいが、作成に時間がかかる
  • パソコンで作る履歴書は字が読みやすく時短に繋がるが、手書きを好む企業だと誠意が伝わらない場合がある
  • パソコンで履歴書を作成する場合は、MSゴシックやMS明朝などの標準的なフォントにする
  • フォントの大きさは10~11ptくらいにし、余白や改行を使って読みやすくすることが大事
  • 印刷する場合は上質紙にし、メールを送る際はファイル名をわかりやすくしよう

「パソコンで履歴書を作るメリットって?」「フォントは何でもいいの?」
当コラムでは、このような疑問を解消します。
履歴書をパソコンで作成しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

パソコンと手書きどっちがいい?

履歴書を作成するとき、手書きにすべきかパソコンを使うべきか、悩む人は多いのではないでしょうか。
手書きとパソコン、それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

手書きの場合

誠意や意欲の高さが伝わりやすいというメリットがあります。
デメリットは、作成に時間がかかることや、丁寧に書かないと文字が読みにくい場合があることです。

パソコンの場合

字が読みやすい、作成時間の短縮、ほかの企業にも転用できるなどの利点があります。
また、パソコンスキルを証明することも可能です。
しかし、採用担当者によっては手書きを好む人がいるため、誠意が伝わりにくい場合があります。

手書きおよびパソコンの判断は、応募先企業の雰囲気に合わせると良いでしょう。
IT系や外資系の企業に応募する際はパソコンで作るのがおすすめです。
手書きの履歴書から応募者の人柄や熱意を見ている企業はまだまだ多いので、作成に迷ったら手書きが無難と考えられます。

パソコンでの履歴書の書き方

近年では、企業側からパソコンでの作成を指定される場合もあります。
パソコンで履歴書を作成する際はポイントがいくつかあるため、事前に知っておきましょう。

履歴書で使うフォントは、「MSゴシック」や「MS明朝」などの標準的なものを選択します。
フォントが混在しているとパソコンスキルが低いと思われてしまうので、履歴書内で統一するようにしましょう。
意図せず異なるフォントが混ざってしまうこともあるので、作成後は必ず確認します。
職務経歴書を一緒に提出する場は、履歴書とフォントを統一しましょう。

フォントの大きさは10~11ptくらいがおすすめです。
氏名などの目立たせたい情報は、やや大きめにしても問題ありません。

行間や余白、改行などの要素は、履歴書の読みやすさを左右します。
採用担当者が読みやすいと感じられるか意識しながら、住所や学歴などの情報を正確に入力しましょう。

提出する時の注意

パソコンで作成した履歴書を印刷する場合は、上質紙を選びましょう。
一般的なコピー用紙だと印象が悪くなってしまうため、注意が必要です。
写真は同時に印刷するのを避け、プリントアウトした履歴書に糊付けします。

メールで送信する際は、履歴書のファイル名に名前や日付を入れましょう。
「履歴書(氏名)180301」のようなファイル名にすれば、「誰がいつ作ったのか」を瞬時に判断することができます。
履歴書は応募者の学歴や経歴が記載された重要書類であるため、送信する際は必ずパスワードをかけましょう。
パスワードをかけないと採用担当者から「情報管理が甘い」と判断されてしまうことも。<
履歴書を添付したメールを送信したら、追ってパスワードを記載したメールを送ります。

応募書類の添削や就活の疑問がある方は、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化して就職・転職活動を支援するサービスです。
プロのアドバイザーがあなたの志望する業界や職種に沿って的確なアドバイスを実施。
書類の作成が苦手な方も求職活動が初めてという方も手厚くサポートします。

パソコンで履歴書を作成する際のお悩みQ&A

ここでは、パソコンで履歴書を作成することで想定されるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

履歴書をパソコンで作成するメリットとは?

作成に時間がかからず、書き間違えも簡単に修正できるのがメリットでしょう。また、ワードやエクセルといったパソコンスキルをアピールできます。仕事上パソコンをよく使用する事務職やIT関連の仕事に応募する際は、評価されやすいでしょう。パソコンの履歴書に向いている仕事は「手書きよりもパソコン作成の履歴書が向いている業界とは」でも触れているので、参考にしてください。
 

パソコンで履歴書を作る際の証明写真はどうすれば良い?

郵送する際は、紙の履歴書と同様です。メールで送る場合は、写真データを添付します。入手方法は、「写真館で撮影してデータをもらう」「スピード写真機でデータをダウンロードする」など。携帯電話で撮影した顔写真は転職活動には適していないので、使用は避けます。添付の際は、大きさを整えて貼ってください。詳しくは「Web履歴書の写真はスマホで良い?なしはNG?サイズや貼り方を解説」で説明しています。
 

パソコン作成した履歴書の提出方法は?

企業によって提出方法は異なりますが、郵送の場合は印刷して封筒に入れて送ります。郵送時のマナーは、紙の履歴書と同じです。メールで提出を求められた場合、宛先のメールアドレスに作成した履歴書を添付してください。メールで送信する際のマナーや注意点は、「履歴書をメールで送る方法は?文章の作り方やパスワード設定手順も解説」でも記載しているのでご一読ください。
 

パソコンで作る履歴書で採用担当者に好印象を与えるには?

読みやすさを意識して丁寧に作成することがポイントです。フォントの種類や大きさを揃え、適宜改行します。実績を伝える場合は、図表を入れると分かりやすく評価されやすいでしょう。誤字脱字や、住所や日付などの記入ミスがないかチェックします。履歴書の作成に悩んだら、プロの手を借りるのも一つの手段。ハタラクティブでは、履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削を行います。ぜひ一度、ご相談ください。

この記事に関連するタグ