普通自動車免許を履歴書にどう書く?書き方や正式名称を確認しよう

普通自動車免許を履歴書にどう書く?書き方や正式名称を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • 自動車免許の種類は「第一種運転免許」「第二種運転免許」「仮運転免許」の3つ
  • 運転を必要としていない職種の場合は、履歴書への普通自動車免許の記載は必須ではない
  • 履歴書へ資格を記載する場合は、略称ではなく正式名称を用いる

普通自動車免許を履歴書にどう書けば良いのか分からない方へ。このコラムでは、持っている人が多いであろう普通自動車免許の記入方法についてクローズアップ。正しい書き方を身につけて、書類選考を突破できる履歴書を作成しましょう。普通自動車免許で運転できる車の種類についても解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

運転免許は履歴書に必ず書く?

運転免許は、履歴書の「資格・免許欄」に書ける資格の一種です。しかし、履歴書に必ず記載する必要はありません。
履歴書に資格が書ききれない!免許はどう書く?基本の記載方法と注意点」のコラムでも説明しているように、履歴書の資格・免許欄に書くのは基本的に「応募資格として必須となっている資格・免許」「業務に関連する資格・免許」が優先となります。
普通自動車免許を持っている人は、職種に関連性の高い保有資格から優先して記載し、行数が余るようであれば普通自動車免許を記載する、といった対応で問題ないでしょう。

普通自動車免許の書き方

資格や免許を履歴書に記載する場合、正式名称で書くのが基本です。普通自動車免許なら「普通自動車第一種(二種)運転免許」と記載します。
ちなみに、取得年月日は免許証の左下を見れば確認できます。年号を書く際は、ほかに記載する資格や免許と合わせ、和暦または西暦を統一しておきましょう。

ATとMTも記載する?

AT車限定の場合、「普通自動車一種免許(AT限定)」と書くのが正式です。
ただし、車の運転が業務に含まれない場合、MTかATかで採用に影響することは少ないといえるでしょう。

仮免は履歴書に記載する?

結論から述べると、仮免許の状態では履歴書には記載できません
仮免許は正式な運転免許の一種であるものの、あくまでも「練習のため」にしか公道を運転できません。さらに、公道を運転する際は練習の指導者が同乗すること、車両に「仮免練習中」の標識を付けることが義務付けられています。このことから、仮免許の状態では業務として車を運転することができないため、履歴書に記載する必要はありません。

一種?二種?知っておきたい運転免許の種類

自動車運転免許は、第一種運転免許・第二種運転免許・仮運転免許の3つに区分されています。仮免許は前項で説明したように、本免許を取得する前段階のため、履歴書には記載できません。

第一種運転免許

第二種運転免許とは、いわゆる一般的な運転免許証のこと。自動車を公道で走らせるために必要な免許証です。

第二種運転免許

第二種運転免許とは、公道で旅客運送を行うときに必要になる運転免許証のこと。バスやタクシーなどが該当します。
第二種運転免許を取得するには、第一種運転免許を取得してから3年以上経過していることが条件。第一種運転免許を持っていても、第二種運転免許の試験を受ける必要があります。

普通自動車免許で運転できる車

普通自動車免許では、車両総重量が3.5t未満、最大積載量が2t未満、乗車定員は10名以下の条件を満たす自動車を運転することができます。普通車のほか、小型特殊自動車や原付バイクなども運転可能です。

取得日によって運転できる車両が異なる

普通自動車免許でも、平成19年6月1日以前に取得している場合は、車両総重量8t未満、最大積載量5t未満までの自動車が運転できます。
平成19年6月2日から平成29年3月11日までに取得した場合は、車両総重量5t未満、最大積載量 3t未満まで。取得時期によって運転できる車両が異なるため、自分の免許をしっかり確認しておきましょう。

複数の免許を持っている場合はどうする?

履歴書に複数の免許を記載する場合、基本的には資格と同様に取得した年月(古い順)から書きます。ただし、持っている運転免許をすべて書くのは企業から求められた場合のみ。一般的には仕事に関連性の高いものから優先的に書くようにしましょう。

履歴書の「資格・免許」欄は、あなたの能力を宣伝することができる場所です。適切な書き方で正しくアピールしましょう。
「履歴書の書き方が分からない」「書類選考をなかなか突破できない」そうお悩みの方におすすめなのが、就活エージェントであるハタラクティブです。
熟練のアドバイザーが、就活に関するサポートを実施。二人三脚で内定までのゴールを目指します。一人でお悩みの方、プロの手を借りてみませんか?お気軽にお問い合わせください。

履歴書に普通自動車免許を書く際のQ&A

履歴書の「資格・免許」欄は、どのように書けば良いのか分からないという方もいるでしょう。ここでは、履歴書への免許の記載に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

自動車免許は免許欄に必ず記入した方が良いですか?

外回りの営業職など車を運転する可能性がある場合は、記載しておいた方が良いでしょう。業務に運転が必要ない場合、あえて運転免許を書く必要はありません。業務と関連が深い免許・資格を優先して書きましょう。詳しくは「運転免許の正式名称を記載例つきで解説!履歴書への適切な書き方を知ろう」に掲載しています。

原付免許は免許欄に記入しても良いですか?

比較的容易に取得できる原付免許ですが、記入して構いません。書く場合は「原動機付自転車免許」という正式名称で記入しましょう。ただし、「普通自動車免許」を所持している場合は原付免許もそれに付与されているので、記載は不要です。「運転免許は履歴書に正式名称で書こう!原付免許を含めて書き方を解説!」にて詳しく解説しているので、ご一読ください。

免許・資格欄の年月はいつの日付を書けば良いですか?

免許や資格を取得した年月を書きます。受験した日ではないので注意しましょう。自動車免許証であれば免許証に記載があります。その他の資格は合格通知や資格証明書を確認してください。詳しくは「履歴書に資格取得日を書くときの注意点」に掲載しています。

資格取得に向けて勉強中の場合も書いて良いですか?

履歴書を作成時点で、資格取得に至っていない場合でも書くことができます。「〇〇の資格取得に向けて勉強中」や「「〇〇年〇〇月取得予定」などと書くと良いでしょう。ただし、応募先企業の業務に関連性のない免許や資格については載せないようにしてください。詳しくは「履歴書にある免許・資格欄。「勉強中」の書き方とは?」に掲載しています。

免許や資格を何も持っていません。その場合、どうしたら良いですか?

「免許・資格」欄に書くことがなければ、空欄にせず「特になし」と記入しましょう。空欄にしていると、記入漏れだと思われてしまう可能性があります。「免許・資格なしの場合は履歴書にどう記載すべきか」にて、詳しく解説しているので、ご一読ください。

この記事に関連するタグ