1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「職歴なし」の履歴書はどう書く?バイトを記載すべき場合やアピール方法も

「職歴なし」の履歴書はどう書く?バイトを記載すべき場合やアピール方法も

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職歴なしでも履歴書にアルバイト歴を書くことで、選考がスムーズに進む場合もある
    ・職歴なしだからと、嘘の経歴を履歴書に書くことはリスクが大きいので避けるべき
    ・職歴なしの人は、履歴書のルールを守って「真面目さ」「几帳面さ」をアピールしよう
    ・職歴がなくても、アピールの仕方次第で採用試験に合格することは可能

「職歴なし」の履歴書はどう書く?バイトを記載すべき場合やアピール方法もの画像

「職歴なしと履歴書に書いたら不利になるのでは?」と悩んでいる人もいるはず。一般的に、アルバイトの経験は職歴にカウントしないとされていますが、書いてはいけないというルールはありません。このコラムでは、職歴がない場合の履歴書の書き方をはじめ、注意点や採用されやすくなるコツも解説しています。職歴なしでも書類選考が通るような、履歴書の書き方を知っておきましょう。

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

アルバイトは「職歴なし」になる?

一般的に職歴として履歴書に書けるのは、正社員や契約社員として働いた場合といわれています。しかし、実際にはパート・アルバイト歴を書いてはいけないというルールはありません。正社員や契約社員を希望する際は、できるだけ同じかそれ以上の雇用形態を書くのが望ましいですが、以下のような場合は、アルバイトを職歴欄に書いたほうが効果的な場合もあります。


アルバイトを職歴欄に書いたほうが良い場合

以下に当てはまる人は、職歴欄にアルバイト歴を書いたほうがアピールできる可能性があります。


アルバイトの経験しかない

アルバイトの経験しかない人は、今まで行ったアルバイトを書いたほうが良いでしょう。アルバイトの経験のみだからと「なし」と書くと、採用担当者は書類を見て「今まで何をしてきたの?」と疑問に思うはずです。面接であればその場で説明可能ですが、書類選考ではそうはいきません。アルバイト歴を書いておくことで、書類選考を通過できる可能性が高くなるでしょう。


同じアルバイト先に長く在籍していた

たとえアルバイトでも、同じ職場に長く勤めていたことは、就職活動において十分なアピールポイントです。「アルバイトだから」と、「なし」にするのではなく、勤めた年数や業務内容を職歴欄に書いておきましょう。


志望職種に活かせるアルバイト経験

応募先企業と同じ職種・業種のアルバイト経験がある人は、職歴欄に記載するのがおすすめ。アルバイトとはいえ、経験者と見なしてもらえる可能性があります。異業種でも、応募先の企業でアルバイトの経験が活かせそうな場合は書いたほうが良いでしょう。

就業経験別!履歴書の書き方

ここでは履歴書の書き方を解説します。今まで1度も働いた経験がない人とパート・アルバイトの経験がある人の場合に分けて解説するので、それぞれ当てはまるほうを参考にしてみてください。


卒業してからずっとニートだった場合

働いたことがない人は、学歴のみを書いて終わりにしても問題ありません。職歴についても書く場合は、「なし」と書きましょう。ただし、今まで働いたことがない理由を備考欄などに記載することをおすすめします。


フリーターやアルバイトの経験を書く場合

アルバイト歴を書く場合は、「株式会社○○ アルバイト入社」など、雇用形態が分かるように職歴を書きましょう。「調理担当として勤務」など業務内容を記載することで、採用担当者に興味を持ってもらえる可能性も。
また、選考の参考になるようなアルバイトであれば、学生時代に働いていた会社の名前を書いても問題ありません。

就業経験別!職務経歴書の書き方

応募先によっては、職務経歴書の提出を求められる場合もあるので、今まで契約社員や正社員の経験がない人は、以下の書き方を参考にしてみてください。


卒業してからずっとニートだった場合

職務経歴書の提出を求められたら、職歴がないことをまず応募先に伝えましょう。問い合わせた際に、不要と言われたら書く必要はありません。もし書くように言われたときは自己PRができる書類でも良いか聞いてみてください。
自己PR用の書類であれば、職歴ではなく、今までの経験やスキル、志望動機でアピール可能です。自己PRの具体的な書き方については「自己PRのポイント!面接官に熱意を伝えるコツ」をご覧ください。


フリーターやアルバイトの経験を書く場合

正社員の場合と同様、アルバイト先について職務経歴欄に書きましょう。職務経歴書は履

歴書とは違い、詳しい職務内容についても記載します。担当業務の詳細を書くので、アルバイトの場合、内容が薄くなってしまう可能性も。
「あまり書けることがない」という人は、工夫したポイントについて記載したり、自己PR欄を充実させたりして、前向きな姿勢をアピールしましょう。

職歴なしの人が履歴書を書くときの注意点

「職歴なし」の場合、注意すべき点について解説します。「職歴なし」というだけで必ずしも就職が不利になるとは限りません。ただし、履歴書のルールが把握できていないと「常識のない人」という印象を与える恐れも。「職歴なし」だとしても、マナーを守った履歴書を提出することが大切です。

新卒は「職歴なし」でOK

新卒は学生であることが前提なので、履歴書には「職歴なし」と書けば問題ありません。また、基本的に職務経歴書の提出は不要と考えて良いでしょう。万が一、応募先から職務経歴書の提出を求められた場合は、間違いはないか1度問い合わせてみてください。間違いでない場合は、履歴書同様「職歴なし」と記載して提出します。

職歴なしでも空欄にはしない

今まで働いたことがない人や、アルバイトの経験を書かない人は職歴欄に「なし」と書きます。職歴がないからと空欄で提出をすると、「書き忘れ」なのか「なし」なのか判断がつきにくい履歴書に。採用担当者が一目で判断できるよう、職歴がない人は空欄ではなく「なし」と書きましょう。

嘘の職歴は書かない

「職歴がないのは不利になりそうだから」と、嘘の職歴を書くことは避けるべきです。嘘の職歴であることは、源泉徴収票を見ればすぐに分かります。また、面接で話が噛み合わずにバレることもあるでしょう。嘘の職歴を書くことは、経歴詐称であり解雇の対象にもなり得ます。
職歴がない場合は、正直に「なし」と書き、働いていなかった理由をしっかり説明できるようにしましょう。

「以上」の書き忘れに気をつけよう

職歴のあり・なしに関わらず、最後に「以上」と書くのが履歴書のルールです。「以上」と記載することで、「これ以上、情報はありません」という意味になり、書類の改ざんや書き足しを防げます。「以上」は、「なし」と書いた次の行の"右端"に書くようにしましょう。

職歴なしでも採用されやすくなる5つの対処法

職歴なしの人が、少しでも採用されやすくなる方法を解説します。職歴なしの人が必ずしも不利になるとは限りませんが、スムーズに行かない場合もあるでしょう。就職活動の際は、自分の良さを採用担当者に上手にアピールすることが大切です。

1.読みやすい履歴書を心がける

履歴書はできるだけきれいで読みやすい字で記入しましょう。面接の前に書類選考がある場合は、書類の印象のみで合否が判断されます。文字が小さい・字が汚いなど、あまりにも読みにくい履歴書は内容をしっかり読んでもらえない可能性も。
「真面目さ」「几帳面さ」をアピールするためにも、履歴書は丁寧に作成することを心掛けましょう。

2.誠意ある態度で熱意をアピールする

職歴に関わらず、面接には誠意ある態度で臨みましょう。面接官に熱意が伝われば、職歴に関係なく採用してもらえる可能性があります。「どうせ無理」とは思わず、自信をもってアピールしてみてください。

3.日雇いバイトをして職歴を作る

職歴がない人は、日雇いバイトをして職歴を作るのも1つの方法です。面接で、「空白期間は何をしていたんですか?」と聞かれた場合も、「単発のアルバイトをしていました。おかげで自身の適性が分かり、就職活動に踏み切ることができました。」とアピールできます。

4.志望動機を充実させる

採用の際は職歴だけでなく、志望動機も重視されます。志望動機の内容を、職歴がないことをカバーできるくらい充実させるのも良いでしょう。そのためには、企業の求める人材や社風を知るため、入念な企業研究が必須です

5.長所やスキルをアピールする

ほかの人より秀でていると感じる部分がある人は、そこをアピールするのもおすすめ。「職歴がないから」と悲観しがちな人でも、自分の長所であれば自信をもってアピールできるはずです。入社後にどのように活かせる長所・スキルなのか、明確に説明できるようにしましょう。

「職歴がないから自信がない」「転職活動で何をアピールしたら良いか分からない」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、既卒やフリーターなど若年層を対象とした就職・転職エージェントです。
就活のプロがカウンセリングを通して、あなたの適性を診断するだけでなく、書類の添削や面接対策も実施しています。
サービスは全て無料で利用可能なので、就職活動でお悩みの方はぜひ1度ご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    履歴書の職歴欄。職歴がない場合はどう書く?

  • image

    職歴なしでも正社員就職できる?履歴書の書き方や仕事の選び方もご紹介

  • image

    30歳で職歴なしは詰み?今から正社員になる方法

  • image

    職歴なしの場合、職務経歴書の作成はどうなる?

  • image

    フリーターが知りたい履歴書の書き方!職歴はどう書く?自己PRも解説

  • image

    履歴書に書ききれない!職歴は省略してもいいの?

  • image

    履歴書のどこに「以上」と書く?何故?

  • image

    履歴書の「現在に至る」の書き方は?在職中の転職活動のポイントも解説

  • image

    派遣社員は職歴になる?ならない?履歴書の書き方とまとめる方法をご紹介

  • image

    職歴なしの20代が正社員になるための方法

  • image

    アルバイト経験は履歴書の職歴に必要?

  • image

    大卒の履歴書の書き方を知ろう!学歴や資格はどう書けば良い?

  • image

    履歴書にアルバイトの職歴は必要?

  • image

    履歴書の資格欄「特になし」でも平気?

  • image

    履歴書に職歴が書ききれない!別紙を使っても良い?書き方も解説

  • image

    職務経歴書は本当に必要?判断基準や書き方を解説

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる