職歴なしの履歴書はどうやったらアピールできる?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職歴なしの履歴書はどうやったらアピールできる?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ある程度の年齢で職歴がなければ、マイナス評価になってしまう
    ・職歴欄には「なし」と書き、最後に「以上」を忘れずに記入する
    ・応募先の業務と関連の深いアルバイト経験があればアピールしよう
    ・職歴がない場合は、自己PRや志望動機の内容を充実させよう

大学や専門学校を卒業後、職歴がないまま就職活動をしている人もいることでしょう。
職歴がない場合、履歴書にはどのような記入をすべきなのでしょうか。
こちらのコラムでは、職歴なしの方へ向けて履歴書や職務経歴書の書き方を紹介します。

◆「職歴」なしはマイナス印象?

社会人経験のない新卒の場合は「職歴なし」が減点対象になりません。
しかし、就職せずに卒業した場合、アルバイト経験は職歴に含まれないため、ある程度の年齢で職歴がなければ採用担当者からの評価はマイナスに傾いてしまいます。

職歴がないからといって、職歴欄を無記入にするのはマナー違反です。
職歴欄には「なし」と書き、最後に「以上」を書くのを忘れないようにしましょう。
「以上」の記述により、職歴の終わりを明確にするだけでなく、書類の改ざんを防ぐことができます。
ちょっとしたミスでマイナス評価にならないよう、正しい書類の書き方を身につけて提出しましょう。
仕事に対するやる気や熱意があれば、職歴がなくても書類選考を通過することができます。


◆アルバイト経験をアピールする

前述の通り、アルバイト経験は職歴に含まないのが一般的です。
しかし、卒業後の空白期間が長い場合は、職歴として記載しても良いケースがあります。
応募先の業務と関連の深いアルバイト経験があれば、前面に出してアピールに繋げましょう。

職務経歴書の提出を求められている場合は、職歴がなくても提出をしなくてはなりません。
職務経歴書は、履歴書と違って自由な書式でまとめることができます。
アルバイト経験をはじめ、留学や資格取得に励んでいたことなど、働いていない期間に打ち込んだ活動について書きましょう。
また、末尾に「以上」を書くのは共通ルールなので忘れないようにします。

アルバイトの職歴は、「〇〇株式会社入社(アルバイト)」のようにはっきりとわかりやすく記述します。
どのようなアルバイト先で、どのような業務をしていたのかなど、簡潔に伝えましょう。
その際、実績や成果、仕事をする上で努力したことを書くとより良い印象を与えられます。
将来性があることをアピールすることでマイナス評価を防ぎ、次の選考に進みましょう。


◆自己PRや志望動機を充実させる

職歴がない人は、それ以外の部分でアピールが必要です。
年齢が若ければ、経験がなくても意欲や人柄を評価してもらうことできます。

自己PRと志望動機は、企業が重視する項目であるため、特に充実した内容が求められるでしょう。
自己PRは、志望する企業の特色に沿ったものにするのがポイント。
自身のアピールポイントが社風や理念とマッチすれば、良い印象を残せます。
スキルや経験を活かしてどのように企業へ貢献したいかを具体的に記述しましょう。

採用担当者は、数ある企業の中からなぜ自社を選んだのかを知りたがっています。
競合他社との違いを調べ、その企業にしかない強みを取り上げながら志望動機に繋げることが大事です。
自己PRや志望動機を通して、志望する企業で活躍する意思を示しましょう。


応募書類の書き方が分からない人や、フリーターから正社員を目指している人は、ハタラクティブへ相談してみませんか。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職エージェントです。
キャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスし、採用ポイントを押さえた対策を行います。
そのほかにも、面接日の調整や就職に関する悩みへの対応など、手厚いサービスを無料で提供。
就職活動のサポートなら、ハタラクティブにお任せください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ