新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の健康状態欄はどう書くのが正解?事例別の例文を確認しよう

履歴書の健康状態欄はどう書くのが正解?事例別の例文を確認しよう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の健康状態欄には「良好」と書くのが基本
  • ・健康状態が理由で業務に支障がでる場合は、できない業務と理由を書く
  • ・企業は、履歴書の健康状態欄から業務パフォーマンスを確認している
  • ・健康状態が直接合否に影響することは少ない
  • ・健康状態を正直に伝えることで、負担の少ない働き方が叶うこともある

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

履歴書の健康状態欄の書き方で悩んだ経験をお持ちの方もいるでしょう。本コラムでは、持病や既往歴がある場合の例文をまとめています。また、健康状態を会社に伝える必要性についても言及。会社が質問をする意図を知れば、どう回答すれば良いかが分かります。健康をアピールする方法についても紹介していますので、書類作成の参考にご活用ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の「健康状態欄」の書き方と例文

履歴書の健康状態欄の書き方は、以下を参考にしてください。

健康な場合

健康であれば、「良好」と書きましょう。

既往歴がある場合

既往歴とは、これまでにかかったことのある病気や手術のこと。
既往歴や入院歴がある場合でも、現在問題なく仕事ができる状態であれば特に記載する必要はありません。業務に支障をきたさないのであれば「良好」と記入します。

持病がある場合

持病も、既往歴と同様です。業務に支障をきたさなければ「良好」と記載しましょう。

通院中の場合

持病に対して定期的な通院が必要だったり、選考中に怪我や病気をして通院をしたりする場合は、「月に1回ほど、通院が必要です」など具体的に記載してください。
記載する目安は、通院にあたって業務を休んだり、遅刻/早退を必要としたりするかどうか。休日に通院できるのであれば、特に記載する必要はないでしょう。

持病がある/通院中の書き方例

ここでは、持病が合ったり通院中だったりするときの、事例別の書き方を紹介します。

持病や通院中でも業務に支障がない場合

先に触れたように、持病や通院中でも業務そのものに影響が出なければ「良好」として問題ありません。
風邪など数日で完治が予想される病気や、貧血や頭痛など不定期で休む可能性がある持病も、業務に支障が出るとは考えにくく、支障が出ても数日で収まる可能性が高いので書かなくて大丈夫です。

業務内容によっては支障が出る場合

特定の業務や作業に支障が出る持病・後遺症を抱えている場合は、企業に申告する必要があります。
「通常の業務に支障はありませんが、◯◯(持病・後遺症)のため◯◯の業務ができません」のように、しっかりと記載してください。

就業時間内に通院が必要な場合

病院や通院理由によっては、業務時間内しか通院ができないこともあるでしょう。
その場合は、「持病の治療のため、月に2回、月曜日の午前中は休暇を希望します」「後遺症の検査で、通院が必要です。そのため、3か月に1度、平日の休暇を希望します」など、通院頻度と理由、希望内容を伝えておきます。

企業はなぜ健康状態を知りたいのか

企業は、求職者の健康状態から、業務パフォーマンスの程度をはかっています。詳細は、下記をご参考にしてください。

健康状態が業務パフォーマンスにつながるから

企業は、「健康な人を採用したい」から健康状態を問いているのではありません。あくまでも、「採用予定の業務を問題なく遂行できるか」を見ています。
たとえば、狭い場所で作業を行う業務なのに狭所が苦手だったり、バスやタクシーなどお客様を乗せる運転業務で呼吸器系や発作を伴う持病を持っていたりすれば、職務をまっとうすることは難しいでしょう。
また、オフィスワークでも、持病が悪化したときのサポートの必要性や対処法を想定するなど、従業員が安心・安全に働ける環境を整える目的もあります。

業務に影響が出るかを明確にすることが大切

企業は、健康状態から「日常業務を問題なく進められるか」「突発的に休まないか」といった点を確認しています。
これを踏まえ、業務に影響が出るか、出たとしたらどの程度なのか明確に記しましょう。

合否に影響は出る?

「事実をそのまま記載すると不採用になるのでは」と危惧する方もいるでしょう。
たとえば、肉体労働なのに腰痛があって重いものが持てないなど、明らかに支障が出たり、代替業務がなかったりすれば、仕事に適性がないと判断されて不採用になる可能性はあります。
しかし、上記のように顕著でなければ、健康状態がダイレクトに合否に影響することは少ないようです。健康状態に不安があったとしても、人柄やスキルがそれを上回れば、採用の可能性は十分にあります。

花粉症や腰痛などの「一般的な病気」はどうする?

業務に支障が出るほどではなくても、患っている病気は履歴書に書くべきでしょうか。以下に、一般的な病気と対処法をまとめました。

花粉症/アレルギー

日本人の国民病ともいわれる花粉症や各種アレルギー。患っている方も多いでしょうが、業務に支障が出なければ「良

好」で問題ありません。

腰痛/ヘルニア

前項で触れたように、業務に支障が出る場合は記載が必要。オフィスワークなど支障がなければ「良好」としましょう。オフィスワークと肉体労働が半々の場合は、特定の業務に支障が出ると見なされるので記載してください。

喘息

症状が出やすい例を挙げると、相手に伝わりやすくなります。
「激しい運動はできない」「埃っぽい場所は避けたい」など、業務に支障がでるシチュエーションを明記しましょう。

より健康をアピールする書き方

企業や職種によっては、健康が好アピールにつながることも。健康であることを一層アピールしたいときの書き方は、以下のとおりです。

「◯年間通院なし」

健康状態欄に「良好」と記載したあとに、◯年間通院なしと書く方法。
病院に行っていない=病気になっていないというアピールになります。

「◯年間無欠勤」

良好のあとに、◯年間無欠勤と書く方法。健康なことに加え、真面目に業務に取り組む姿勢のアピールにもつながるでしょう。

いずれにしても、履歴書の健康状態欄に必要以上の記載は避けたいもの。
多くの情報が書いてあれば、採用担当者は健康状態に懸念を抱いたり、記載ミスを疑ったりします。過剰なアピールは避け、上記の2つか、「きわめて良好」程度におさめておきましょう。

自分に合う働き方を叶えるなら嘘は厳禁

持病や既往歴を危惧し、無理をして「良好」と書きたくなる人もいるでしょう。しかし、前述したように企業は単に「健康な人」を採用したいわけではありません。最後にもう一度、健康状態を正直に伝える大切さを確認しておきましょう。

採用されても自分が辛くなるだけ

特定の業務ができなかったり、健康面で不安があったりすると、マイナスイメージにつながると考えていませんか?
先述のとおり、業種や職種によっては健康状態を重視しますが、基本的に健康状態だけで合否を決めることは少ないのが実情。
腰痛があるのに重労働の仕事に採用されても、思うように業務を行えずに辛くなるのはご自身です。業務を全うできなければ評価にも影響が出て、賞与査定やその後の雇用に関わってしまうことも考えらるので、嘘を書くのはやめましょう。

企業によっては健康状態に合わせた働き方を提案してくれることも

健康状態に合わせて勤務時間を調整できたり、職務内容を変更したりと、社員に合った働き方を提案してくれる企業も存在します。
健康状態を正直に伝えることが、自分に合った働き方を見つけるカギになることも。実際に、業務に支障のない持病を抱えて働く人は多いものです。

なかなか希望の働き方が見つからなければエージェントに相談しよう

希望の働き方を実現できる会社が見つからなければ、就職エージェントを利用してみましょう。
就職エージェントのハタラクティブでは、求人を扱う企業すべてに対して訪問調査を実施しています。実際の勤務条件や休暇の取得率、働いている社員情報などを把握し、ご利用者の希望に沿った企業を紹介することが可能。勤務条件の交渉はハタラクティブのスタッフが代行するので、企業に伝えづらいと悩む方におすすめです。
健康状態に不安がある、自分に合った働かたを実現したいなど、就職に関するお悩みならお任せください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ