フリーターから人生逆転!意識すべきポイントや正社員を目指す方法を解説

フリーターから人生逆転!意識すべきポイントや正社員を目指す方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • フリーターが人生逆転を狙うのならば、正社員になって活躍をしよう
  • 企業は若者を求める傾向にあるため、フリーターは年齢を重ねると就職しづらくなる
  • フリーターからの人生逆転は、20代だと実現できる可能性は高い
  • フリーターと正社員との違いは、収入や雇用の安定性、仕事で得られる成長感など
  • フリーターが人生逆転を狙うのならば、他の人と差別化を図れるような努力をする

今のフリーター生活から人生逆転したい!と考える人は多いでしょう。フリーターになった理由は人それぞれですが、「このままフリーターでいいのか…」と悩むなら、年齢を重ねる前に正社員を目指すのがおすすめです。
このコラムでは、フリーター生活から正社員を目指す方法や人生逆転するために意識するポイントなどを解説します。フリーターと正社員の違いも解説するので、ぜひ参考にして就職を成功させましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

これから先フリーターのままで良い?

若いうちは体力的にも給料的にも、フリーターで生活できると考えている人は多いかもしれません。
ただし、フリーターは年を重ねると応募できる求人が減っていきますし、体力的にも限界が出てきます。今は「時間給だから沢山働けばその分稼げる!」と思っていても、年齢を重ねると体の無理がきかなくなり、給与が減る可能性は高いでしょう。
また、フリーターは雇用面・経済面ともに不安定であることから、社会的信頼度が低いことも。普段はあまり感じなくても、結婚を考えている相手の家に出向いた際に、フリーターという立場の難しさを感じる人もいるようです。
今は自由なフリーター生活が良いと思っていても、これから5年、10年先の将来についてもよく考えてみましょう。

フリーターと正社員の違い

安定した雇用や収入を叶えたいなら、正社員になるのが一番の近道。「ずっとフリーターだったから、正社員になるのを躊躇してしまう」という人は、以下でフリーターと正社員の違いについて理解していきましょう。

稼げるお金の違い

フリーターと正社員では稼げる金額が異なります。それでも若いうちは両者の収入差は顕著ではありませんが、正社員は歳を重ねるにつれて昇給するため、生涯賃金にするとその違いは相当なものです。また、正社員には企業によってボーナスや退職金があるので、貯金をしたり老後の計画を立てたりするのに役立てられます。

雇用の安定性

正社員は、基本的に定年までの雇用が保証されています。業績不振の企業ではリストラの心配がありますが、そういった場合にまず退職させられるのは派遣社員や契約社員、アルバイトといった非正規の人たちです。不況や倒産の心配があったとしても、正社員はアルバイトと比べて雇用が安定しているといえるでしょう。

仕事で得られるものの違い

正社員はフリーターと比べて職域が広く、任される仕事の責任も大きくなります。責任はプレッシャーにもなりますが、責任ある仕事は人を成長させるものです。職域が広い正社員はフリーターと比べて専門的なスキルがつきやすく、自分の成長や仕事のやりがいを実感することができます。
また、充分なスキルが身についていれば、仮に会社が倒産したとしても条件の良い再就職先を見つけることができるでしょう。

社会的な信用の違い

正社員は確実な収入があるので社会的な信用度が高く、住宅や車などのローンが組みやすいというメリットがあります。
加えて、先述したように収入が安定していることから、フリーターに比べて結婚に踏み出しやすいといえるでしょう。若いうちは違いが目につかなくても、年齢が上がるにつれてフリーターと正社員の差は大きく開いていきます。もし、今の働き方に自分自身で疑問を感じるようなら、次のステップに進むときだと考えましょう。
フリーターと正社員の違いは「フリーターのままだと人生終わり?生涯設計はどうなる?逆転方法も解説」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

フリーターから正社員になり人生逆転できる年齢

フリーターから正社員になって人生逆転できる年齢は、何歳まででも大丈夫ということではありません。この項では、人生を逆転できる年齢というものは何なのかを紹介していきます。

20代であれば可能性は大きい

フリーターから正社員になって人生を逆転するには、20代であれば可能性は高くなります。
その理由は、20代は同世代の正社員がまだ社会での地位を築くことができていないからです。新卒として大学卒業から会社へ就職をしていたとしても、20代のうちは昇給などもなく、役職がつくことも少ないはず。そのため、フリーターから就職をするのであれば、20代は十分に追いつくことが可能ですし、追い越すこともできるでしょう。企業側としても、若手は採用しやすい条件が揃っているといえます。

30代以降は人並み以上の努力が必要

30代以降でフリーターから正社員への就職を果たしたとしても、人生逆転を目指すのは難しくなるでしょう。30代や40代となると、正社員として就職することも20代に比べるとハードルが高くなります。30代以降の場合、正社員で活躍する同世代はすでに企業の中心として活躍していることが多いため、30代でフリーターから正社員へ転身したとしても、追いつくまでに大幅な時間が掛かることも。人よりも非常に大きな努力を行うことが求められるでしょう。
フリーターが正社員を狙える年齢については、「フリーターが就職できる年齢はいくつまで?」のコラムも参考にしてください。
また、フリーターが正社員になる適齢に関しては、「フリーターは30歳までに就職した方が良い?」がおすすめです。

フリーターが人生逆転するために意識すべきポイント

ここでは、フリーターから人生逆転したいと考える場合、意識すべきポイントについて紹介します。以下の項目はあくまでも最低限に抑えておくものとなるので、随時意識できるようにしておきましょう。

周囲との差別化を図る

周囲の人と差別化できるように行動しましょう。フリーターが就職活動をする場合、「中途採用」として社会人経験がある人たちと採用枠を争うことになります。そのため、フリーターで社会人経験が少なくても採用されるように工夫する必要があるでしょう。フリーターが正社員就職をする場合には、周囲と同じことをしているようでは勝負に勝つ可能性は低くなってしまいます。就活の目的は、企業に対していかにして自分のことを売り込むかが重要です。周囲と差をつけられるような自分の強みを見つけて、しっかりアピールできるようにしましょう。

努力をする

努力を当たり前にできるようにしておくことは重要です。就活をする際は、徹底した自己分析や企業・業界研究が必要になります。この2つは「就職の軸」と呼ばれるものです。いかにして努力をし続けることができるかどうかは、就職活動の成功へ向けて問われる部分でもあるでしょう。

フリーターから正社員になる方法

フリーターが正社員になる方法には、「今のバイト先で正社員登用を目指す」「ハローワークを利用する」「求人サイトを活用する」といった方法が一般的です。
ただし、自分が就職に何を求めるかが定まっていないと、企業選びの基準が曖昧なまま「給与がいいから」「勤務地が近いから」など、目先の条件で自分に合わない職場に就職してしまう恐れも。
大切なのは「正社員としての就職」をゴールにしないこと。就活を始める前に、自分のやりたい仕事は何なのか、仕事を通して何を得たいのかといったことをよく考えてみましょう。

好きなことを仕事にできる人は少ない

また、自分の趣味嗜好や適性に100パーセント直結した職種に就職ができる人は多くありません。
目の前の仕事に一生懸命取り組んだ結果、やりがいを見出せるようになったという人もいます。「好きなことで仕事をする」以外にも「仕事が好きになる」方法を模索しアクションすることも、自身の可能性を広げる一つの手です。
就活をする前に、まずは自分のやりたいこと、やりたいくないことを紙に書き出すのがおすすめです。就職に求める条件と、妥協できる条件を明確にして、企業選びの軸を作りましょう。

「アルバイト経験しかないので就活できる自信がない」「そもそもやりたい仕事が何かわからない」という方は、就職エージェントを利用してみませんか?
若年層に特化したハタラクティブは、フリーターの正社員就職に強い就職・転職エージェントです。カウンセリングから求人提案、書類添削、面接対策まで、就活を全面的に支援するサービスを提供。また、面接日程の調整をはじめとする企業とのやり取りを代行するので、1人での就活が不安、アルバイトが忙しくて時間が足りないという人も安心です。
経験豊富なアドバイザーが、正社員になりたいフリーターを全力でサポートいたします!

フリーターから人生逆転したい人によくあるQ&A

フリーターから人生逆転をしたいと考える方の疑問について、Q&A方式で解決していきます。ぜひ参考にして、自分の将来を考えてみましょう。

正社員になれば人生を逆転できるのでしょうか?

フリーターから正社員になるだけで必ず逆転できるということではありません。ただ何となく正社員を目指すのではなく、明確な目的をもって挑戦すれば、人生逆転の実現に近づくでしょう。人よりも大きな努力をすることによって、同世代で新卒から活躍する人間たちに追いつくこと、追い越すことは十分に可能といえます。

フリーターのままでいるとまずいですか?

人生逆転を叶えたいのであれば、フリーターを続けることはあまり好ましくないといえます。たとえば、フリーターは社会的信用を得ることが難しかったり、経済的に安定しなかったりと不都合が多いものです。また、フリーターから一発逆転を狙うなら、若いうちに行動を起こす必要があります。年齢を重ねて正社員採用が難しくなる前に、20代のうちから就活を始めるのがおすすめです。

この記事に関連するタグ