フリーターから人生を逆転する方法

2014/11/06

【このページのまとめ】

  • ・フリーターは年をとると、体力的な限界や応募できる求人数の減少が問題になる

    ・正社員との違いは、収入や雇用の安定性、仕事で得られる成長など

    ・正社員を目指すなら、就職に求める条件を明確にしてから企業選びをしよう

「自分の時間を持ちたいから」という理由でフリーター生活を送っている方もいるかもしれません。「フリーター」というと世間目にはマイナスイメージがありますが、目指している夢があるなら、フリーターとして当面の間生活していくのも間違ってはいないでしょう。

ただ、「このままフリーターでいいのか」と少しでも心配になっている方は、この先のコラムをお読みください。

広い視野で人生を考えた時、今が働き方を見直すべきタイミングかもしれません。

◆これから先、フリーターのままでいい?

若いうちは体力的に給料的にも、フリーターで生活できると考えている人は多いかもしれません。

ただし、フリーターは年を重ねると応募できる求人が減っていきますし、体力的にも限界が出てきます。
今は「時間給だから沢山働けばその分稼げる!」と思っていても、年齢を重ねると体の無理がきかなくなり、給与が減る可能性は高いでしょう。

社会的な信用度が低いというのも、フリーターとして生活するデメリットの一つ。普段はあまり感じなくても、結婚を考えている相手の家に出向いた際に、フリーターという立場の難しさを感じる人がいます。

特に男性は、「娘に苦労をさせたくない」という気持ちから、相手の親御さんに結婚を反対されるケースが多いようです。
フリーターは雇用面・経済面ともに不安定なので、安心して生活を営める保証がなく、心配になるのでしょう。


今は自由なフリーター生活が良いと思っていても、これからの人生を考えた時、その結論は正しいといえるでしょうか?

明日のことだけでなく、5年先、10年先、そして20年先の未来に思いを馳せてみましょう。

 

◆フリーターと正社員の違い

安定した雇用や収入を叶えたいなら、正社員になるのが一番の近道。

「ずっとフリーターだったから、正社員になるのを躊躇してしまう」という人は、フリーターと正社員の違いについて理解していきましょう。

【稼げるお金の違い】

当然ですが、フリーターと正社員では稼げるお金の額が違います。それでも若いうちは両者の収入差は顕著ではありませんが、正社員は歳を重ねるにつれて昇給するため、生涯賃金にするとその違いは相当なものです。

また、正社員には企業によってボーナスや退職金があるので、貯金をしたり老後の計画を立てたりするのに役立てられます。

【雇用の安定性】

正社員は、基本的には定年までの雇用が保証されています。業績不振の企業ではリストラの心配がありますが、そういった場合にまず退職させられるのは派遣社員や契約社員、アルバイトといった非正規の人たちです。

不況や倒産の心配があったとしても、正社員はアルバイトと比べて雇用が安定しているといえるでしょう。

フリーターは高齢になるほどできる仕事が限られてくるので、将来的には「今の仕事がなくなったらどうしよう」という不安を抱えながら働いているかもしれません。今アルバイトをしている人で、10年後も同じ職場で働いている人はほとんどいないのではないでしょうか。

【仕事で得られるものの違い】

正社員はフリーターに比べて職域が広く、任される仕事の責任も大きくなります。責任はプレッシャーにもなりますが、責任ある仕事は人を成長させるものです。職域が広い正社員はフリーターと比べて専門的なスキルがつきやすく、自分の成長や仕事のやりがいを実感することができます。

また、充分なスキルが身についていれば、仮に会社が倒産したとしても条件の良い再就職先を見つけることができるでしょう。

【社会的な信用の違い】

正社員は確実な収入があるので社会的な信用度が高く、住宅や車などのローンが組みやすいというメリットがあります。

加えて先ほども挙げましたが、収入が安定しているのでフリーターに比べて結婚に踏み出しやすいといえるでしょう。

 

若いうちは違いが目につかなくても、年齢が上がるにつれてフリーターと正社員の差は大きく開いていきます。

実際フリーター生活を送る人からは、「正社員の友達に気後れしてしまい、年々会うのが億劫になっていく」という声が聞かれます。

今の働き方に自分自身で疑問を感じるようなら、次のステップに進む時だと考えましょう。


◆フリーターが正社員になる方法

インターネットで情報を探していると、「フリーター歴しかない人が正社員になるのは難しい」という意見が見受けられますが、自分を変えたいという気持ちさえあればそんなことはありません。

 

フリーターが正社員になるには、今のバイト先で正社員登用を目指したり、ハローワークを利用したり、求人サイトを活用したりといった方法があります。

 

就職活動の方法は色々ですが、大切なのは「正社員としての就職」をゴールにしないこと。
就活を始める前に、自分のやりたい仕事は何なのか、仕事を通して何を得たいのかといったことをよく考えてみましょう。

自分が就職に何を求めるかが定まっていないと、企業選びの基準が曖昧なまま「給与がいいから」「勤務地が近いから」等、目先の条件で自分に合わない職場に就職してしまうかもしれません。

例としては、旅行が好きな人が「給料をもらいながら色々な場所に行くことができる…」とイメージし旅行業界に就職するも、実際の業務は旅行代理店との交渉や、利用者とのカウンセリングが中心の業務になるなどし、理想と現実が合わないケースも見受けられます。

このようなことにならないよう「旅行が好きだからこの業界」と、漠然とイメージするのではなく「私は○○だから旅行が好きで、このような業務で人の役に立つことができるのではないか」としっかり考えることが必要といえるのではないでしょうか。

また、自分の趣味嗜好や適性に100パーセント直結した職種に就職ができる人は多くありません。
目の前の仕事に一生懸命取り組んだ結果、やりがいを見出せるようになったという人もいます。「好きなことで仕事をする」こと以外にも「仕事が好きになる」方法を模索しアクションすることも、自身の可能性を広げるひとつの手といえるでしょう。


就活をする前に、まずは自分のやりたいこと、やりたいくないことを紙に書き出すのがおすすめです。就職に求める条件と、妥協できる条件を明確にして、企業選びの軸をつくっていきましょう。

 

◆ハタラクティブで初めての就職を目指そう!

とはいっても、「アルバイト経験しかないので就活できる自信がない」「そもそもやりたい仕事が何かわからない」という人もいるでしょう。

そんな方は、フリーターの正社員就職に強いハタラクティブまでご相談ください。ハタラクティブは若年層に特化した就職支援のエージェントで、カウンセリングから求人提案、書類の書き方指導、面接対策まで、就活を全面的に支援するサービスを提供しています。

また、面接日程の調整をはじめとする企業とのやり取りを代行するので、1人での就活が不安、アルバイトが忙しくて時間が足りないという人も安心です。

経験豊富なアドバイザーが、正社員になりたいフリーターを全力でサポートいたします!


関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ