職歴や経験によって違う?ニートの就職先の探し方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職歴や経験によって違う?ニートの就職先の探し方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートが就活するときは、正規雇用の有無や就労経験の有無によって就職先の探し方が異なる
    ・働いていた経験があれば、以前と同じ業界や関連する仕事を探してみよう
    ・人手不足や業績が好調な業界、未経験から挑戦しやすい仕事も採用されやすい
    ・就職成功のためには、生活習慣を改善したり仕事に対する熱意をアピールしたりすることが大切

ニートからの卒業を目指して就職したいと考えている人は多いと思います。
しかし、中には仕事の探し方が分からずに一歩が踏み出せない…という人も。
職歴や正規雇用経験の有無によって応募できる求人に差が出ることもありますが、ニート経験がある人でも採用されやすい仕事はあるのでしょうか。
当コラムでは、経歴に合わせた仕事の探し方や採用が多い業界、就職のためにやるべきことなどを紹介。
就職したいけどやり方が分からない…という方は参考にしてください。

◆経験別・業種の探し方

ニート生活を送る方の中には働いた経験がある人もいると思いますが、就業経験の有無で仕事の探し方は変わってくるのでしょうか。

【正社員雇用の経験がある場合】

過去に正社員としての勤務経験がある場合は、以前の正社員経験を活かして同業種や関連する仕事を探すのが良いでしょう。
ある程度の業務内容や仕事の流れなどが把握できている、関連資格を持っているといったメリットが挙げられます。
また、経験者として応募することができるため、未経験者に比べて応募できる求人が多い上に、採用される可能性が高くなることもあるようです。

【非正規雇用の経験がある場合】

アルバイトや契約社員など、非正規での勤務経験でも、アピール材料にすることは可能です。
主な就職先としては、製造業や運輸業、情報通信業、小売業などが挙がっており、中には、アルバイトからスタートして正社員を目指す人も。
過去の勤務経験を活かせる職種や、将来的に正社員になりやすい仕事を選ぶのがポイントになるでしょう。

【職歴がない場合】

これまでに一度も働いたことがない場合は、未経験者OKの求人が多い職種から探すのがおすすめ。
製造業や倉庫内作業、運輸業、サービス業などが始めやすくなっています。
いずれも、非正規雇用の場合と同様に、将来的に正規雇用につながるような求人を選ぶことが重要と言えるでしょう。

◆空白期間があっても採用されやすい就職先

職歴の有無に関わらず、企業はニート経験者の採用には慎重になりやすいと言われています。
空白期間があっても採用されやすい仕事はあるのでしょうか。

【人手不足の業界】

人手不足の業界では、空白期間がある人でもニーズにマッチした人がいればすぐに採用したいと考える企業が多いようです。
近年人手不足と言われているのは、福祉介護や飲食サービス、運輸、建設などの業界。
多くの業界でIT化が進んでいることから、情報通信業界も人手不足と言われています。
また、企業規模でいうと中小企業は人手が足りていない傾向が強め。
未経験から挑戦できる仕事も多いため、就職しやすいと言えるでしょう。

【伸び盛りの業界】

業績が好調、成長途中の業界や企業も狙い目です。
事業の拡大に伴って人手が足りていない、仕事量が増えているから積極採用したい…というケースが多く、即戦力となる経験者のほかに最初から育てるという目的で未経験者の採用を行うことも。
日頃からニュースなどをチェックしておくと、今後どの業界や分野が伸びていくか予想することも可能でしょう。

【未経験でもチャレンジしやすい業界】

ニートの場合は就労経験が少なく、これまでの経験に頼れないことが多いと思います。
そのため、未経験からでも挑戦しやすい業界を選ぶのも1つの方法。
代表的なものとして、営業職やサービス業、介護福祉業界などが挙げられます。
また、未経験歓迎の仕事は教育体制がしっかりしていることが多いため、熱意さえあれば知識がなくてもスタートできるのも魅力。
中には資格取得をサポートしてくれるケースもあるようです。

◆就職を決断したらやるべきこと

前項では、ニートから就職しやすい業界や仕事を紹介しました。
就職を決断したらやるべきことをまとめたので、参考にしてください。

【生活習慣を改善する】

ニート期間が長いと、昼夜逆転の生活になりがちです。
多くの仕事は9時~17時など日中に働くため、決められた時間に起きなくていい、食事も好きなときに…など、乱れた生活習慣のままでは復帰したときに辛くなる可能性が。
また、長時間ゲームなどをしてしまう場合は時間を少しずつ減らす、体力が落ちていると感じたら日中に散歩や運動をするといった方法も有効です。
就職を決断したら生活習慣を改善することから始めましょう。

【企業研究を行う】

しっかりと行った企業研究は、志望動機や面接の対策になり得ます。
また、企業がどのような事業を展開していて今後どうなっていくかを知ることで、入社後のミスマッチを防ぐ効果も。
しっかりと企業研究を行っていれば、「企業に興味を持っている」「入社熱意が高い」と評価される可能性も期待できるでしょう。

【アルバイトから始める】

どうしても正社員はハードルが高い…という場合は、アルバイトなどの非正規から復帰してみるのも1つの方法です。
アルバイトやパートのほうが採用されやすい傾向が強く、仕事や職場環境に慣れる目的としてはおすすめ。
しかし、正社員より責任が少なく気楽なフリーターで満足してしまい、就職のタイミングを逃す…ということにならないよう、期間を決めて働くのが良いでしょう。

◆採用されやすい自己PRを書こう

良いと思う求人を見つけたら、書類を用意します。
ニートの場合はどのような点に注意して作成すれば良いのでしょうか。

【ブランク期間を詐称しない】

多くのニートの方が懸念する、空白期間の扱い。
中には「空白期間があると印象が悪いかも」「ニート期間の説明ができないから」といった理由でブランク期間を詐称する人もいるようです。
しかし、詐称しても質問の受け答えや態度で嘘がバレる可能性が高いほか、経歴詐称とみなされて不採用になり兼ねません。
後述するアピール方法を参考に、空白期間は正直に答えましょう。

【ブランク期間をアピール材料にする】

ブランク期間に何をしていたのかは、面接で必ず聞かれます。
このとき、「寝ていた」「何もしていなかった」などマイナスな印象を答えるのではなく、アピールポイントになるような回答をするのがおすすめ。
ネットサーフィンやオンラインゲームをしていたなら「インターネットに強い」「タイピングが得意」とアピールしたり、本を読んでいたなら「1ヶ月で◯冊の本を読んだ」「◯◯に興味を持って調べていた」と回答したりと、空白期間を有効活用していたことを示しましょう。
また、体調不良で療養していたのであれば、現在は回復していて働けることや、再発しないよう注意していることなどを挙げて勤務に支障がないことを伝えます。

【熱意をアピールする】

一般的に、新卒以外の採用では経験が重視されます。
しかし、職歴のないニートの場合は、新卒と同様にポテンシャルで採用されるケースも。
経験をアピールできない分、「働きたい」という熱意を見せることが大切です。
ニートになった理由や克服した要因、なぜこの会社で働きたいのか、入社したら何をしたいのかなどを積極的にアピールしましょう。


「就職したいけど一人での就活が不安」「自分の経験を活かせる求人が知りたい」などの悩みを持っている方は、就職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがですか?
ハタラクティブでは、強みや適性を判断するカウンセリング、受かるコツを踏まえた書類添削、マナーまでしっかり確認する面接対策といったサポートを実施しています。
また、担当するのは専任の就活アドバイザー。小さなことでも気兼ねなく相談できる環境が整っています。
未経験から挑戦できる求人も多数。お気軽にご相談ください!



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ