新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 脱ニート!ジョブカフェ以外に併用すべきところとは?

脱ニート!ジョブカフェ以外に併用すべきところとは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ジョブカフェは、若年層を対象に就職支援を行っている施設
    ・利用対象年齢は15歳から34歳までが一般的だが、地域によって異なる
    ・カウンセリングや就職セミナーへの参加、職業適性診断などのサービスを提供している
    ・マンツーマンでの相談、仲間ができるチャンスがあるなどが、ジョブカフェを利用する魅力
    ・ジョブカフェだけの利用には限界があるため、就職エージェントと併用することが賢明な方法

ニートからの脱却を考えた際、相談場所としてどのような機関を思い浮かべますか?ハローワークや若者サポートステーションなどいろいろある中で、今回はジョブカフェに焦点を当ててご紹介。
提供しているサービスやメリット、ハローワークとの違いについてまとめています。

◆ジョブカフェとは

ジョブカフェとは、若年無業者を対象とした就職支援施設です。しごとセンターやしごとフィールド、キャリアセンターなどさまざまな呼び方をされることがあります。
全国の都道府県に設置されており、利用は無料。カフェに立ち寄る感覚で気軽に利用できることが魅力です。
利用方法は、来館し申込み用紙に記入(求人登録)するだけ。あとは職員さんの指示に従いながら、必要なサービスを受けることできます。特に準備すべき持ち物はなく、服装に関しても普段着のままで大丈夫です。

基本的には15歳~34歳の若年層がメインとしていますが、都道府県によっては対象年齢が異なります。利用の際には、自身の居住地にあるジョブカフェのサイトを閲覧し、対象年齢内かどうかを確認してみましょう。

あまり宣伝をしていないためか、ハローワークに比べ認知度が低いジョブカフェ。次項ではどのようなサービスを提供しているのか詳しくご紹介します。

◆ジョブカフェで受けられるサービス

正式名称を「若者のためのワンストップサービスセンター」というジョブカフェ。その名のとおり、就職に必要な支援を1ヶ所で受けられることが魅力です。
ジョブカフェで提供しているサービスにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

・キャリアカウンセラーによるカウンセリング
・就職セミナーや企業説明会の案内
・職場体験の斡旋
・職業適性検査
・ESや履歴書、職務経歴書などの応募書類の添削
・面接練習
・PC、プリンターの利用
・図書の貸出 など

施設によってサービスの内容に若干変動があると思いますが、ジョブカフェでは主に以上のような支援を行っています。また、ハローワークが併設されていることも多いため、求人の紹介も可能。
就職に関して幅広いサービスが提供可能です。

◆ジョブカフェの魅力

「なかなか足が向かない」と思っている人のために、ジョブカフェを利用するメリットについてご紹介します。

【同志と交流できる】

新卒の就活とは違い、ニートからの就活は孤独で辛いというイメージを持つ人が多いもの。しかし、ジョブカフェを利用することで、企業説明会やセミナーといった場で、自身と同じ境遇の仲間と知り合えるチャンスがあります。
普段決まった人としか交流しないことが多い中、新たな人脈が広がることでコミュニケーションスキルが高まるきっかけにもなるでしょう。

【地域に根ざした企業紹介】

前述したとおり、各都道府県ごとに設置している、ハローワークが併設されている、ということから地元企業に強いのがポイント。
家から通勤できる範囲内で仕事を探すことができます。また、地域によっては求人数が少ないこともあるものの、その場合には要望によってほかの地域の求人も紹介してもらうことが可能です。

【来館しなくても大丈夫】

施設によって異なりますが、最近では頻繁に通えない求職者のためにテレビ電話やメールなどでカウンセリングを行う所も増えています。リラックスできる自宅にいながら、就職相談ができるのはうれしいポイントです。

【マンツーマンでサポートしてもらえる】

基本的に職員さんとの1対1の個別でサポートを受けることができます。コミュニケーションに自信のない人でも安心。じっくり相談することができるでしょう。

◆ハローワークとは何が違う?

ジョブカフェに比べ、圧倒的に知名度の高い就職支援施設として挙げられるのがハローワークです。ハローワークも就職支援施設であり、一見ジョブカフェと大きな差はないようですが、実はいくつか違いがあります。
どのような違いがあるかをご紹介する前に、まずはハローワークの特徴についておさらいしておきましょう。

【ハローワークとは】

ハローワークを所管するのは厚生労働省です。国の運営であり、47都道府県の全国各地に設置されています。求職者に対し、ハローワークがメインで行っていることは「求人の紹介」です。
対象年齢に制限はなく、どなたでも無料で利用することができます。
求人紹介のほかに知られているのが、雇用保険の手続き。失業保険金や傷病手当金、育児休業給付金などの支給手続きを行っています。
また、職業訓練の紹介や受講の斡旋も行う施設です。
このことから、仕事を探している人、給付金を受けたい人、スキルを身につけたい人が利用する施設であることが分かります。

前述したとおり、ジョブカフェとハローワークの大きな違いは、「管轄元」と「対象年齢」の2つ。また、ジョブカフェのほうが手厚く幅広いサービスを提供していますので、社会人経験の無い人や働くことに自信のない人などは、ジョブカフェを利用したほうが安心と言えるでしょう。

◆就職エージェントとの併用もおすすめ

ジョブカフェでは、正社員になるための準備ができる環境やサービスが整っていることが魅力です。ハローワークも同じ施設内にある、または近接していることから、ハロワで取り扱っている求人の紹介も可能。
ただし、注意しておきたいのは求人の質です。無料で掲載できることから、求人数が多く大量の企業から自分にピッタリのお仕事を探せる一方、優良企業だけでなくいわゆるブラック企業と呼ばれるような求人が混ざっていることもあるのです。
そこでおすすめしたいのが、就職エージェントであるハタラクティブの併用。どのようなサービスを提供しているのかご紹介いたします。

・プロの就職アドバイザーによるマンツーマンのカウンセリング
・あなたのニーズだけでなく、適性を見て求人を紹介するため、今まで注目していなかった企業と出会える
・非公開求人も紹介可能
・取り扱いのある求人は優良企業ばかり
・ハタラクティブスタッフが実際に企業に足を運んでいるため、よりリアルな情報を提供可能
・応募書類の書き方のアドバイスや添削が可能
・本番さながらの面接対策を実施。本番に強くなり、自信を持てる
・就職アドバイザーがあなたの人柄や強みを企業へお伝えするため、書類通過率は高め
・入社した後も定期的にフォロー

相談やサービスの利用は無料です。「仕事したいけど自信がない」「自分に向いている仕事が何か分からない」「正社員経験がないけど定職に就けるのかな」など、仕事に関するお悩みはぜひハタラクティブまで。
気さくな就職アドバイザーがあなたに合ったサポートを行い、不安を解消へと導きます。まずはお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ