大卒ニートの就職活動とは?

就活で高評価が狙えるエピソードはなんですか?

一概にはいえませんが、リーダーシップやコミュニケーション能力は高評価の傾向にあります。 ただし、すべての企業が上記のような人物を求めているとは限りません。大切なのはエピソードの内容だけでなく、企業の求める人材に合っているか・相手が納得できる根拠を示しているか・分かりやすく話しているかの3つ。詳しくは「自己PRのポイント!面接官に熱意を伝えるコツ」をご覧ください。

「何かに打ち込んだ」という経験がなにもないのですが…

自己分析をしてみましょう。 「自己PRで書く材料がない!書き方のポイントとは」のコラムでも解説していますが、企業は求職者の自己PRに華やかな実績や経験は求めていません。チェックするのは、自社との相性や将来性。自己分析をしっかり行い、自分の強みや適性を把握すれば、応募先企業のニーズに合う経験が見つかるはずです。 自己分析の方法が分からなければ、就職支援サービスのハタラクティブをご利用ください。専任の就職アドバイザーが自己分析のお手伝いをいたします。ご利用はこちらから。

よく「就活では自己分析が重要」といいますが、それはなぜですか?

自分をよく理解することが、自分に合う企業探しにつながるからです。
自己分析を行うと、これまでの経験やスキルだけでなく、仕事に対する考え方ややりがいを感じるとき、得意なことが明確になります。 それを踏まえて仕事を探せば、より適性にマッチした求人を見つけることができ、離職の可能性を低くすることができます。  自己分析については、「転職活動の要!自己分析の重要性とは」で詳しく説明しています。

コミュニケーション能力以外で、企業が重視するポイントはありますか?

転職者なら実務経験、若年層には素直さやポテンシャルを求める企業が多いようです。 企業にとって20代は若く、長期雇用が見込める人材。そのため、実務経験やスキルが少なくても、柔軟な考え方や素直さなど、人間性や将来性を重視する傾向が見受けられます。詳しくは「二十代前半はどう見られている?気になる就活事情」のコラムでも触れていますので、ご参考にしてください。

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事