1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退仕事探し
  6. >
  7. 大学中退から正社員になるには

大学中退から正社員になるには

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

「大学を中退した後にフリーターなどを続けていたけれど、やっぱり正社員を目指したい」と思う方は、すぐに行動に移すことが大事です。年齢を重ねると、それだけ正社員への就職は難しくなるでしょう。しかし、中退の理由を前向きに説明でき、やる気や仕事への意欲が感じられれば、採用へ至る可能性はぐっと高まります。1人で悩まず、信頼できる人に相談しながら就活を進めましょう。

大学中退後にフリーターを続けているとどうなる?

大学中退後に就職しないままフリーターを続けているという人もいらっしゃるでしょう。フリーターはその自由さが魅力ですが、長い目で見たときに色々と不利な点があるのは事実。ここでは、フリーターを続けているとどのようなデメリットがあるのかを解説します。

生涯賃金に大きな差が出る

働き始めて最初の頃、正社員とフリーターでは給与の手取り額に大きな差はありません。むしろフリーターのほうが効率の良い働き方ができるため、稼ぎが良い場合もあるでしょう。 しかし、フリーターには昇給がなく、加齢により働ける場所も徐々に減ってきます。一方、正社員は昇給や昇格があるため、その差は年々広がるのが実情です。

生活が安定しない

フリーターはいつも仕事があるとは限りませんし、働いた分しか給料が出ないため、収入が不安定になりがちです。また、雇用を保証されていないため、何かあったときに仕事を失いやすいといった点も。 将来のことを考えた際、フリーターを続けるよりも正社員になるほうが生活も安定します。大学中退後になんとなくフリーターを続けている人は、1日でも早く就活を始めましょう。

大学中退した人は正社員になれない?

大学中退という経歴が気になり、正社員への就活に踏み出せないという方も多いでしょう。しかし、少し厳しい就活にはなっても、正社員になることは決して不可能ではありません。正社員になるためには、少しでも早く就活を始めるのが重要。ここでは、大学を中退した人はどのように就活をすればよいかを解説します。

中退後早く就活を始めたほうが良い理由

中退後、早く就活を始めた人のほうが内定を得やすいのは事実です。なぜなら、それだけ年齢が若くポテンシャルを期待できるから。また、ブランクが長ければ長いほど、その理由を説明するのが難しくなるうえ、「フラフラと楽な方に流される人なのではないか」というマイナスな印象を持たれかねません。そのため、正社員の就職を考えているなら少しでも早く動いたほうが有利です。

中退した前向きな理由を伝えるのが重要

中退した理由は正直に伝えましょう。中退に関して致し方ない事情があればそのまま伝えます。また、中退した理由がネガティブなものでも、その理由を踏まえて今後どうしていきたいかを伝えると、マイナスな印象が軽減されたり、仕事に対してのやる気を感じさせたりできるでしょう。

大学中退で就活がうまくいかない理由

大学中退した後に就活をしてもうまくいかない場合があります。そんなときには経歴のせいにしてしまいがちですが、経歴以外に就活のうまくいかない理由があることも。ここでは代表的な例をご紹介します。

中退理由を前向きに説明できない

中退に関しては仕方のないことですが、仮にネガティブな理由で中退に至ったとしても、これからの仕事のやる気につながるような説明に持っていくのが大事です。ついていけなくて辞めたという理由でなく、自分の進みたい道にいくために中退という道を選んだというような、前向きさを感じさせる説明を心がけましょう。

応募書類の作成や面接の練習など、就活の事前準備が不十分

そもそも、就活の対策が十分でないためになかなか内定を得られない場合があります。応募書類の作成や面接の練習など、事前に準備できることは何度も念入りにチェックしましょう。第三者に見てもらうのもおすすめです。

応募求人数が少ない

就職するならこういう企業でなくては…、と自分で条件を絞っていませんか?最初からいくつも条件を掲げていると当てはまる企業自体が少なくなり、自分でチャンスをふいにしてしまう可能性が高くなります。条件には優先順位をつけ、少しくらい当てはまらなくてもよいと気軽に検討していくと良いでしょう。

大学中退で就職を成功させる7つのコツ

ここでは、大学中退から就職を成功させるための7つのコツをご紹介します。

1.大学中退の理由をしっかりと説明できる

大学中退の理由は人それぞれ。必ずしも致し方ないものとは限りませんが、それでも仕事へのやる気につながるような前向きな内容につなげたいものです。そのためには、中退に至った理由をしっかり説明し、これから自分はどうしたいのかを明らかにしましょう。

2.幅広い企業の選択肢を持つ

求める条件や自分の興味でつい視野が狭くなりがちな企業選びですが、視点を変えたり、条件をそれほど絞らないで探してみると、自分が応募してみたいと思うような企業の数が増えるはずです。狭い視野にとらわれず、色々な観点から求人を探してみましょう。

3.事前準備を十分に行う

どんなにやる気があっても、事前準備が不十分な場合にはうまくいきません。応募書類の作成から面接の練習まで、自分ができることは全てやるというくらい念入りに準備しましょう。

4.今後どんな仕事をしていきたいか明確なビジョンを持つ

何となく将来が不安だからというような理由では、採用担当者にその熱意ややる気を疑われてしまいます。自分はどんな仕事をしていきたいのか、そのためにこの企業でどうしたいのかというビジョンを明確にし、伝えることが大事です。

5.なかなかうまく行かなくても諦めない

就活をしていても、すぐには内定につながらない場合もあるでしょう。そんなときでも、諦めずに就活を続けることが大事です。自分には合わない企業だったんだと考え、色々な企業を探してみましょう。

6.積極的に行動する

じっとインターネットで求人を検索するだけでなく、どんどん応募してみるのも良いでしょう。既卒者向けの説明会や就活イベントに参加するのも、色んな企業を知る機会になるのでおすすめです。

7.周りに相談する

一人では自信をなくしてしまったり、煮詰まってしまったりすることもあるでしょう。そんなときはまず周りに相談するのも有効です。相談すると、視点の変化があり、悩みの突破口が見えることもあります。

大学を中退した人向けの就活の進め方

ここでは、大学を中退した人はどのように就活を進めたら良いのかについて解説します。

求人サイトで検索する

今は求人サイトが充実しており、インターネットで手軽に求人情報を得られます。求人サイトは多くの求人情報が集まっているので、いろいろな企業を知ったり、応募も簡単にできたりするのがメリットです。 しかし、求人サイトに1人で次々に応募していくというやり方では、内定が得られない場合、自分の問題点に気づきにくいというデメリットがあります。また、それぞれの企業とアポイントを取り、就活を進めていくのは大変な作業です。先述したように、大学中退後の就活は少しでも早いほうが有利なので、素早く効率の良い行動が重要。そのため、1人でじっくり就活を進めるより、対面で第三者に相談しながら進めていくほうが効率も良く負担が少ないのでおすすめです。

ハローワークなど公的な就職支援サービスを利用する

若者ハローワーク
若者ハローワークは、厚生労働省の管轄する若年層向けのハローワークで、34歳以下の人が利用できます。若者ハローワークは各地にあり、説明会や就職イベントをやっているのも特徴です。
ジョブカフェ
ジョブカフェは都道府県管轄のサービスですが、ハローワークが併設されていたり、連携して説明会を行ったりもします。また、就職に役立つセミナーといった就職を後押しするイベントが開催されるので、チェックしてみるのが良いでしょう。

就職エージェントを利用する

就職エージェントは、求職者と企業とをマッチングさせる民間のサービスです。専門の就職アドバイザーが相談者にヒアリングをした上で、条件に合った求人を紹介してくれます。

自分1人で悩まず、第三者に相談するのが就活を早く成功させるカギ

大学在学中なら就職課へ相談することができますが、中退していると就職課の利用ができません。そのため、自分1人で就活を進めざるを得ないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、大学を中退している方の多くは就活経験がなく、進め方や具体的な対策が分からないことも。そのため、第三者へ相談しながら進めるのが就活を早く成功させることへと繋がります。 大学中退後の就活でお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層向けの就活エージェント。専任の就活アドバイザーがあなたの希望を丁寧にヒアリングし、あなたに合った求人をご紹介します。大変な企業とのやりとりも全て就活アドバイザーが担当するので安心です。1人では不安な面接対策や提出書類の添削もおまかせください。 ハタラクティブの就活アドバイザーとの二人三脚で、正社員の内定を勝ち取りましょう!

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる