ニートが仕事探しをするにはどうしたら良いの?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. ニートから就活するコツ
  6. >
  7. ニートが仕事探しをするにはどうしたら良いの?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートをやめて働くと、金銭面の余裕や社会的信用を得ることができる
    ・働くのが不安な方は、アルバイトから始めるのも1つの手
    ・ハローワークを利用したり知り合いの伝手を尋ねたりと、さまざまな道から正社員を目指すことができる

「そろそろニートから脱却したい…」と考えている人はいませんか。
当コラムでは、ニートから正社員になる方法を紹介します。自分に合った方法で効率的な仕事探しをしましょう。

◆ニートをやめて働くメリット

ニートをしていると、時間を自由に使えるという利点があります。
しかし、金銭面や将来に関する不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。
ニートをやめて働くことで、下記のようなメリットを得られます。

・金銭面に余裕ができる

働くと収入が得られるため、貯金をしたり趣味にお金を回したりすることができます。
金銭面に余裕を感じられると、充実した生活を実感できるのではないでしょうか。

・社会的信用を得られる

収入が安定することで社会的信用を高まるため、特に正社員の場合は、ローンや賃貸、クレジットカードなどの契約がしやすいなどのメリットがあります。

・達成感や充実感を得られる

仕事は大変なことばかりではありません。
職場で気の合う人と出会えたり、仕事を通して成長を感じられたりと、働くことで得られるものもあります。


長期間ニートでいると就職活動が不利になってしまいます。
働きたいと感じたら、早めに行動することが大切です。


◆アルバイトでリハビリする

働くことへの不安が大きいのなら、アルバイトや派遣から始めてみてはいかがでしょうか。
正社員登用制度のあるアルバイト先が見つけられれば、努力次第で正社員を目指すことができます。

ブランクがある方や初めて働くという方は、簡単な業務や人との関わりが少ない仕事など、自分ができそうな分野に挑戦してみましょう。
「働く自信がない…」という方は、単発や短期のアルバイトから始めるのも1つの手です。
趣味や興味がある業界があれば、それらに関連する仕事を探してみましょう。
意欲的に取り組める業務内容であれば、スキルを磨くことができます。

ただし、アルバイト先は慎重に選ばないと、ミスマッチに繋がる可能性も。
早期退職で再びニートに戻らないよう注意しましょう。


◆ニートが正社員になる方法

ニートであっても、しっかりと段階を踏んだ就職活動をすれば正社員を目指すことができます。

・ハローワークを利用する

ハローワークでは、若年層や引きこもりの人に特化したサービスがあります。
また、お金をもらいながら専門的な技術を身につけることができる「職業訓練」などを受けることも可能です。

・知り合いの伝手を頼る

知り合いに「正社員として働きたい」と伝えれば、仕事を紹介される可能性があるかもしれません。
紹介による就職例も多いので、まずは周囲の人に尋ねてみましょう。

・中小企業から探す

中小企業は求人の母数が多いため、それだけ自分に合った勤務先を見つけられる可能性が高いともいえます。
職種によっては経験よりも意欲を評価する企業も多いでしょう。

若年層の就職市場は、経験やスキルではなくポテンシャルを見てもらえる可能性が高いです。
自分に適した方法で仕事探しに取り組みましょう。

正社員を目指すなら、ハタラクティブを活用してみませんか。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスです。
希望の業界が決まっている方も求職活動が初めてという方も、プロのアドバイザーが手厚くサポート。
ハタラクティブにしかない求人や企業情報も多数取り揃えているため、あなたの希望条件にマッチした求人がきっと見つかります。
「ニートから正社員になりたい!」と考えている方は、お気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

関連する記事

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ