新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 最終面接を徹底攻略!内定を手にするための総仕上げとは

最終面接を徹底攻略!内定を手にするための総仕上げとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接は通常の面接と異なり、会社の代表や役員が面接官を担当することが一般的
    ・最終面接では、仕事に対する意欲、価値観が会社の方針と合うか、長期的なキャリアプランを考えているか、などをチェックされる
    ・面接の質問は企業について熟知しているか問われるものも多いため、最初の企業研究で得た情報を深掘りしたり整理したりすることで、対策をしておく
    ・質問はこれまでの面接で聞かれたことをより詳細な形で聞かれることもあるため、自分なりの言葉で回答できるように練習を重ねる
    ・逆質問は事業方針や経営方針を問うもの、面接官自身の価値観について尋ねるものなどから複数用意しておくと対応しやすい
    ・面接の練習は、第三者の視点を大事にする。家族や友人、個人で受ける面接対策セミナーのほか、エージェントの利用もおすすめ

1次、2次と選考が進み、ついに最終面接!緊張から不安になったり、既に入社するものとして考えたり、応募者の気持ちはさまざまです。
最終面接は就職・転職活動最後のハードルであり、自分をさらにアピールできる場でもあります。当コラムで面接に臨む前に改めてポイントをおさらいし、万全の状態で当日を迎えましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

最終面接の目的とは?

一般的に社長や役員など、社内で強い採用決定権を持つ人物が面接官を担当するもので、これまでの1次・2次面接とは企業側の目的が異なるのが特徴です。以下に一般的な最終面接の目的をいくつかご紹介します。

仕事に対しての意欲の強さ

1次・2次面接でも仕事に対しての意欲の強さはチェックされますが、どちらかというとスキルやこれまでの実績を軸にしたもの。最終面接では熱意や応募者の気持ちをメインに見られることが多いようです。
スキルについては既に採用担当者が確認していますから、経営者や上層部の視点で「自社のサービスや商品に愛着を持っているか」「志望度の高さはどのくらいあるのか」ということを回答を通して判断します。

会社と同じ方向を向いて働けるか

少し極端な例ですが、海外展開も積極的な会社で、主体的に動ける人物を求めているのに「完璧に指示通り業務を遂行します」という回答では会社の方針とかけ離れてしまい、選考対象から外れる可能性が高いでしょう。
事業の根幹に関わる人物が最終面接を担当するので、この点はシビアにチェックされる傾向が。今一度、自分のアピールポイントや志望動機が事業方針とずれたものになっていないか確認することが大切です。

長期的なキャリアプランを考えているか

これはもちろん「志望企業の中でのキャリアプラン」ということ。5年10年単位で自分のキャリアについてどう考えているのかを立場や仕事内容とともに具体的に説明できると良いでしょう。注意したいのが、この中で独立については触れないこと。もちろん企業の方針によっては独立を推奨しているところもあります。
しかし、一般的な企業は長期的に働いてくれる人材を求めていますから、避けたほうが良いでしょう。

応募者の人間性や価値観

1次・2次面接では、経歴やスキルについてのチェックがウェイトを占めるため、応募者の人間性や価値観については基本的な部分を確認する程度に留まるのが一般的。
繰り返しになりますが、最終面接で面接官となるのは、これまで多くの人材を見てきた経営者や上層部の人物です。独自のチェック基準で、かなり突っ込んだ質問をされることもあるので、自分なりの回答ができるよう準備しておきましょう。

応募者の中には「最終面接は顔合わせ程度で、内定が出たも同然」と考える方もいますが、面接官がそこで会社に合わないと判断すれば落ちることも十分あるため、油断禁物。
程よい緊張感で自分が面接前に対策できることは全て行い、ベストを尽くしましょう。
次の項目では最終面接前にやっておくと役立つ対策について詳しくご紹介します。

面接前に企業情報についておさらいしよう

前の項目で紹介した最終面接の目的からも分かるように、「企業について熟知しているか」が評価を左右します。ここで役立つのが、就職・転職活動の最初の段階で行った企業研究です。
ここでは最初に得た情報を補うためにも、改めて企業研究の方法についてご紹介しますので、さらに深掘りしてみてはいかがでしょうか。

業界内での立ち位置

企業研究というとその企業だけの情報について意識が向きがちですが、競合他社の情報も集め、業界内でどのような位置づけにある企業なのかをさまざまな切り口で知っておくのも大切です。次のような分類項目を基本にすると進めやすいでしょう。

業態
どのような方法でサービスや商品提供を行っているか。独自の販路や方法を取っている場合も情報として追加しておく。

企業の規模
社員数、売上高、営業利益、従業員数など。Webサイトの会社概要やIR情報のページに載っていることが多い。

ターゲット
サービスや商品を提供するのはどのような顧客か。個人or法人、年齢層、性別など。

企業の特徴

企業の特徴と一口に言っても、その内容は企業によってさまざま。特徴と聞くと労働条件面や福利厚生面に偏ってしまう人もいるようですが、以下のような項目を参考にまんべんなく調べ、気になるものはピックアップしてまとめておきましょう。

代表取締役
氏名、経歴、代表メッセージを基本に人物像について理解を深める。あるなら著書を読んでみるのも効果的。

企業理念
設立から現在まで大事にしていることを理解しておく。社員のマインドとして大切にしている企業も多い。

沿革、拠点
これまでの事業展開の仕方や拠点を知っておくことで、会社の動き方や転勤の可能性についても知ることができる。

事業内容についての詳細
商品やサービスの内容、顧客に届くまでの工程、売上のメインは何か、など。今後の展開を予想する材料になる。

競争力
競合他社と比較した時に優れている点を調べる。技術力、品質、知名度などの項目ごとにすると分かりやすい。

社風
意思決定はトップダウン/ボトムダウンか、事業方針は伝統的/革新的か、チーム/個人どちらを尊重した働き方か、など。教育体制や社内の雰囲気についても知っておきたい。

職種
社内全体の職種や規模、必要とされるスキルなど。採用ページや求人サイトに詳しく載っていることが多い。

勤務条件/福利厚生
基本的な労働条件のほか、オリジナリティの高い制度があれば情報として追加。

情報の集め方

情報収集の仕方にはさまざまな方法がありますが、まずは以下のツールに絞ってやってみると良いでしょう。

企業のWebサイトや公式SNSアカウント
Webサイトでは基本的な企業情報、公式SNSアカウントでは商品やサービスの詳細情報のほか、企業としてユーザーにどのような対応をしているのか知ることができます。調べたい情報によって使い分けると便利でしょう。

新聞やニュースメディア、業界専門誌
志望企業だけでなく業界の傾向や競合他社の情報についても知ることができるツールです。新製品やサービスに関することのほか、事業方針の転換や決算情報など、事業に関わる鮮度の良い情報を集めることができます。

会社説明会
これはどちらかというと転職活動ではなく就職活動で参加することが多いものですが、社員の生の声を聞ける貴重な場。社内の雰囲気を掴んだり、面接前の疑問点を解消できたりと、メリットが大きいです。

実際に商品やサービスを利用する
志望企業がB to Cで事業を行う企業であれば、自分が消費者として商品やサービスを利用してみるのも1つの手。ユーザーならではの視点は、最終面接の質問に役立つことも多いです。

注意すること

最終面接前は時間が限られていますから、面接対策に効果的に企業研究を活かすためにも以下の点に注意しましょう。

・志望動機や予想される質問に合う内容をピックアップできた時点で終了する
・追加情報がある場合は情報整理を行い、分かりやすくしておく
・企業研究で得た情報を基に必ず面接練習を行う

企業研究は終わりのない作業です。復習や深掘りをするにしても、やろうと思えば際限なくできますが、時間は限られています。最終面接の対策の土台になる部分ではありますが、事前の対策は次に紹介する面接練習がメインです。企業研究は自分の理解度や時間と相談しながら進めていくようにしましょう。

また、追加情報がある場合は面接練習に役立てるためにも分かりやすく整理しておくことが大切。予想される質問と関連付けてまとめておくと練習の際に便利です。
最終面接では、今までと違う雰囲気に圧倒され、普段のパフォーマンスが発揮できないということも考えられますから、油断せずに新たな気持ちで面接の練習を重ねましょう。

最終面接でよく聞かれる質問と回答例

次は最終面接対策のメインである面接の練習についてです。ここでは応募者と志望企業について設定した上で、面接でよく聞かれる質問とそのポイント、回答例をまとめましたので、練習の参考にしてください。

応募者

・地域密着型の企業で求人広告の提案を行う営業職を2年ほど経験した第二新卒
・役職はないものの、何度か社内表彰を受けるなど、一定の営業力があるのは強み
・異業種転職のため、商品知識に欠ける点をどうカバーできるかがポイント

志望企業

・創業半世紀以上の店舗用機器を開発する老舗メーカーで、技術力・品質ともに非常に高い
・従業員数が数百人規模の中小企業で、組織の若返りを考えている
・顧客は法人でルートセールスが基本だが、新規開拓もしていきたい

質問と回答例

「どうして当社を選んだのですか」
志望動機については最初の面接よりも深掘りした質問が多く、「他社ではなくなぜうちなのか」という点をシビアにチェックされます。
企業研究で事業内容や業界内での立ち位置について理解していないと、面接官の心を打つことは難しいでしょう。

〈回答例〉

採用ページで拝見した御社の営業スタイルがとても理想的なことが理由として挙げられます。
まず、お客様との距離が近く、反応がすぐに返ってくる点、1社と長くお付き合いできる点は、「営業として継続的に提案をしていきたい」という私にとっては大きな魅力です。また、御社ではお客様第一主義を掲げ、ニーズを早く製品に反映させるため、独自の組織体制を築いている点にも感銘を受けました。
私はこれまで求人広告の営業として約2年の経験を積んできました。基本的な営業職のイロハを学べたことや自分が関わった求人広告でお客様が満足するような結果を得られたことは、前職で得られたかけがえのない経験ですが、人材が充足すればお付き合いが終わってしまうことも多いため、寂しさを感じていたのも事実です。
今度は自分の営業経験を活かして、お客様と長い付き合いができるような営業をしたいと思い応募させていただきました。

「当社についてどのようなイメージをお持ちですか」
漠然とした質問の中から、企業についてきちんと把握しているか、自社に合う価値観を持っているかなどをチェックします。
企業研究の中で得た、企業独自の情報をベースに企業理念などにも触れながら伝えると良いでしょう。

〈回答例〉

一言でいうと「質実剛健」というイメージです。私が知る限りですが、御社では宣伝よりも商品開発や顧客への還元にコストを掛けているという印象を持ちました。
一見、シンプルな印象の御社の商品ですが、中身を見ると培ってきた技術力とノウハウが感じられる、高品質なものばかりです。例えば、御社の製品で◯◯というものがありますが、◯◯や◯◯など、使用者の立場に沿った工夫がいくつも凝らされています。
◯◯分野の業界トップシェアを誇る企業の強さと企業理念の「お客様第一主義」を製品で体現していると感じました。

「将来、会社をどのようにしていきたいですか」
経営者の視点を持って業務に取り組めるか、長期的な視野を持っているかなどをチェックします。
代表メッセージや経営理念、これまでの事業展開から自分なりにどのような貢献ができるのかを伝えましょう。

〈回答例〉

御社では3年後に◯◯領域の事業拡大も視野に入れているということでした。私は営業職としてその事業拡大に貢献したいと思っています。具体的には、事業別に専門の営業部を作ることです。部門に特化することで業務の効率化を図り、売上に貢献していければと思います。
もし御社に入社させていただけることになりましたら、まずは、しばらく営業職として製品知識や業界知識を業務を通して身に付けながら、営業職のスペシャリストを目指したいです。
前職で磨いたフットワークの軽さと営業スキルを活かして、売上に貢献していければと思います。将来的にはそこで得た経験や営業現場で得たニーズを活かして、管理業務にも携わりたいです。

逆質問はするべき?

これまでと同様に、最終面接でも気にしたいのが逆質問について。「最初の面接で色々聞いたし特にないかも」と思っている方もちょっと待って下さい。
最終面接は企業のブレーンともいうべき人たちと対面できる貴重な場です。そのことを踏まえても本当に質問はないでしょうか。自分の意欲をアピールできるチャンスでもありますから、この項目を参考に一度考えてみてください。
ここでは、逆質問のポイントをおさらいしつつ、最終面接ならではの逆質問についてご紹介します。

事業展開

・御社の売上構成の中でもメインとなっているのは◯◯事業ですが、今後さらに拡大を考えている他の事業はありますか?
・◯◯分野の競合企業に勝つためにどのような戦略をお持ちでしょうか
・現在、御社の事業全体を通して課題になっている事柄があれば教えてください

代表・役員の価値観

・会社を経営(事業戦略を立てる)上で大切にしていることは何でしょうか
・社員の皆さんに対してどのようなスタンスで業務にあたることを求めていますか
・◯◯様からみた御社最大の魅力を教えてください

社員教育

・御社の方針である「スタッフの意欲を大切に」が反映されている取り組みや制度があれば教えてください
・御社では四半期に一度表彰制度があるとのことですが、表彰される社員の皆さんに共通したポイントは何でしょうか
・御社ではメンター制度を採用されていますが、具体的な成果を教えてください

逆質問全体を見てみると、企業研究がベースになっているものがほとんど。というのも、通常の面接での逆質問と同じく、調べれば分かることは基本的に聞かないのがマナーだからです。
また、面接中に回答があったことを再び逆質問でたずねてしまった、ということにならないためにも質問は複数準備しておきましょう。
1次・2次面接では一般の社員が面接官のため、事業や経営に関する質問は避けたほうが良いというのが一般的ですが、最終面接では代表や役員が面接官。入社後は関わることが難しい、会社の根幹に関わる人物に質問できるせっかくの機会です。上記を参考に質問内容を考えておきましょう。

最終面接対策を効果的にやるなら

最後の総仕上げである最終面接。面接の練習に力が入る人も多いと思いますが、第三者の視点でチェックしてもらうのも効果的です。それには以下のような方法が挙げられます。

家族や友人にチェックしてもらう

身近な人にチェックをお願いするのは手軽な方法なので既にやっている人もいるかもしれません。ただし、この場合は面接の質問回答内容ではなく、所作や印象の方をチェックしてもらうようにしましょう。
相手は受ける企業や業界・職種について知識があるとは限りませんから、人として会った時の印象やマナーがきちんとできているかを見てもらったほうが良いでしょう。

新卒採用であれば就職センターの職員に指導してもらう

これは新卒の方限定で使える方法ですが、学校の就職センターで指導を受けるのも1つの方法です。就職センターの強みは一人ひとりに対して細かく指導をすること。ただし、受ける企業によっては指導内容がそぐわないものもあるため、注意が必要です。
また、指導する職員によって方針にバラつきがある場合も。利用している友達や先輩に話を聞くなどして、指導を受けるか検討しましょう。

個人で面接対策セミナーを受ける

これは就職活動・転職活動を行っている人ともに有効な方法です。民間企業やハローワークなどで開催されている面接や履歴書対策セミナーは無料で受けられるものが多く、気軽に参加することができます。
ネックとしては開催日に合わせて自分のスケジュールを調整し、足を運ばなくてはならないこと。特に参加が複数回に渡る場合、ある程度自分でスケジュール管理をする必要があるでしょう。

就職・転職エージェントを活用する

就職・転職エージェントは求人の紹介だけにとどまらず、面接対策や履歴書の添削をサービスとして提供しているところがほとんどです。仕事探しから面接日程の調整までをアドバイザーが行ってくれるため、面接対策に集中できる点もポイント。就職活動や転職活動で悩みがちな点をサポートしてくれます。
仕事探しや企業研究で迷っているという方にもおすすめです。


今回は、最終面接の目的や具体的な対策をご紹介しました。面接対策というと、質問や回答ばかりを気にしがちですが、多くの応募者を見ている最終面接の面接官は人を見抜くプロ。上記の情報を参考にしながらも、自分なりの言葉で語れるかどうかが、熱意や意欲を伝えるカギなのではないでしょうか。
面接に自信を持つためには、確かな情報に基づく練習を重ねるのみです。内定が出るその日まで頑張っていきましょう。

フリーター、既卒、第二新卒者向けの就職・転職エージェント、ハタラクティブでは20代に特化したサービスを提供しています。
面接対策はもちろん、幅広い業種や職種からの求人紹介が可能。最新の企業情報を基に、効果的な履歴書の作成指導や面接対策を行います。一人ひとりに専任のアドバイザーが付きますので、仕事探しや就活、転職活動についての悩みもお気軽にご相談ください。

ハタラクティブでは厳選した常時1,000件以上の求人から、適性に合うものをご紹介。求職者の要望に答える細やかなサービスが、内定率80.4%(2015年7月)という高い実績に結びついています。
サービス利用は無料ですので、お気軽にご登録ください。アドバイザーから折り返しご連絡させていただきます。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ