未経験からシステムエンジニアを目指すには

未経験からシステムエンジニアを目指すにはの画像

◆システムエンジニアに必要な素養

・システム設計の知識

プログラムのみならず、コンピュータやネットワークなどに関する幅広い基礎知識が必要になります。

広範囲の知識を有していることで、顧客へより良い提案や迅速な問題解決をすることが可能。

IT業界は新しい技術の移り変わりが激しいため、最新の情報を手に入れるために常にアンテナを張り続けることが大切になります。

・マネジメント能力

システムエンジニアの仕事は、締め切りまでに確実な開発をしなければならないため、的確な指示や人員調整が大切になります。

人員や業務の状況など、プロジェクト全体を管理するマネジメント能力が求められます。

・コミュニケーション能力

システムエンジニアは一人で黙々とパソコンに向かっているイメージがあるかもしれませんが、実際には顧客やチームなど多くの人と関わりながら仕事をしています。

プロジェクトのメンバーと力を合わせるために円滑なやり取りが大切です。

また、顧客の要求を正確に掴まなくてはなりません。

説明を求められた場合には、専門用語ではなくわかりやすい言葉で顧客に伝えるプレゼンテーション能力も必要になります。

◆新卒からシステムエンジニアを目指す

専門的な知識や資格がなくても新卒からシステムエンジニアとして活躍することは可能です。

企業も若手を求めているので、未経験歓迎の求人が多く存在します。

そのような企業は社内研修を徹底しているため、早めに一人前のシステムエンジニアとして活躍することができます。

大学や専門学校でシステムについて学んでいた場合には、それらの経験を活かすことができます。

未経験の方は、システムに関わることへのやる気や興味があることをアピールしましょう。

◆プログラマーからシステムエンジニアを目指す

プログラマーから経験を積み、システムエンジニアへステップアップしたいという人も多いのではないでしょうか。

プログラマーとシステムエンジニアは別の役割をもっています。

システムエンジニアの仕事は、顧客のニーズに合わせてシステムを設計すること。

プログラマーの仕事は、プログラム言語を用いて設計通りにシステムやソフトウェアを作成することです。

顧客やチームとの連携が必須となるため、システムエンジニアはプログラマーより能動的に動く必要があります。

仕事の違いを踏まえた上で、何故プログラマーからシステムエンジニアになりたいのかという理由を明確に伝えましょう。

「同業界でより濃い経験をしたい」「プログラマーとしての経験を活かしてスキルアップをしていきたい」など、業務に対する熱意をアピールします。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A