評価されない仕事のがんばり!その理由を考えてみよう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 評価されない仕事のがんばり!その理由を考えてみよう

2017/04/03

【このページのまとめ】

  • ・自分が評価されていないのは会社のせいだけではない可能性も十分にある
  • ・仕事で評価されるには、主観的な視点だけではなく客観的になることも大切
  • ・どうしても状況が変わらないのなら転職を視野にいれるのも一つの手


なぜこんなに仕事をがんばっているのに評価されないのか…そんなことを考えたことはありませんか。
仕事はがんばった分がそのまま評価されるようなわかりやすい仕組みになっていないことがあります。努力しているのに評価されない理由はなんでしょうか。
今回は仕事で評価されるために必要なことを考えてみましょう。

やる気が空回り?仕事で評価されない理由とは

評価されないのはいろいろとつらい面があります。仕事で評価されなければ、給与や賞与はアップしませんし、周りから軽くみられてしまうこともあるでしょう。
自分としては一生懸命がんばっているつもりなのに、評価されなければ仕事に対するモチベーションは下がってしまいがちです。
このような不満がたまってくると、上司や同僚に対して批判的な発言をとってしまうことも時にはあるかもしれません。

しかし、自分が評価されていないのは会社のせいだけではない可能性も十分にあり得ます。
仕事はそつなくこなしていても、自分の意見を無理やり通そうとした経験はないでしょうか。他人より働いているつもりでも、単に自分だけで仕事を抱えがちになってはいませんか。周囲とうまくコミュニケーションはとれていますか。
自分だけが正しいとは考えずに1度冷静に評価されない理由を分析してみましょう。
                 

仕事で評価されるためのコツとは

仕事で評価されるためには、ただ単に「がんばる」だけでは成果が上がりにくいと考えられます。
主観的に行動するだけでなく、客観的な視点も必要になってきます。評価されるためにはどうすればよいかを具体的に考えてみましょう。
例えば上司に仕事を指示されたとき、与えられた業務のみをこなすことに注力し過ぎてはいませんか。もちろん、与えられた仕事をしっかりこなすことは前提としてありますが、プラスアルファでなにかできることがないのかを検討してみてください。
その際、無理やり意見を通すのではなく「提案」ベースで話ができると良いです。上司は部下からの提案を待っていることが多い傾向にあります。

また、どうしても評価されないのであれば身近な先輩や上司に相談してみてもよいでしょう。
すぐに解決策が出るとは限りませんが、相談することによってこちら側の信頼感を相手に示すことができます。頼りにされて気を悪くする人はあまりいません。
円滑な人間関係を構築するためにも相談するという行為は有効といえるでしょう。              

努力してもダメなときは環境を変えてみるのもひとつの手段

自分なりに考え、いろいろとアクションをおこしても評価されないことはあります。
企業にはそれぞれ社風がありますので、自分の考えの根底が社風とあっていなければ評価されないこともあるかもしれません。

どうしても現状の環境が自分にあっていないと思うのであれば、勇気をだして違う環境を探す道もあります。

ただし、どのような環境に移ったとしても「自分は正しいし、がんばっている!」と思い込み過ぎないように注意しましょう。

ハタラクティブでは20代を中心とした既卒・フリーター・第二新卒に向けて就職活動支援のサービスを無料で行っています。
「自分に向いている仕事はなんなのか」「どのような行動をおこせば良いのか」など、もし転職で悩んでいるようであれば1度お気軽にご相談ください。経験豊富な就活アドバイザーがあなたを全力でサポートします。
                 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ