うざい上司の特徴や対処法、人間関係で成功する転職とは

うざい上司の特徴や対処法、人間関係で成功する転職とはの画像

この記事のまとめ

  • うざい上司の特徴には、いくつかのパターンがある
  • うざい上司に対処するには、仕事の品質を高めたり、指示内容を確認する方法もあり
  • 人間関係で参らない職場に転職するには、転職エージェントの利用も検討すること

ある大物のお笑い芸人が、どこの世界にも嫌な人が1人はいると発言していました。それでも努力を続ければ、道は通じるという説得力のある発言です。そうはいっても、職場にいるうざい上司は目の上のたんこぶのよう。ときには理不尽な発言をされて落ち込むこともあり、仕事を続けることにとまどいを感じても無理もない状況はよくあります。

自分が上司になったら、部下にとってうざい上司になりたくないと誓っても、いつの間にやら自分がうざい上司になってしまっている人もいます。その特徴には、ある種の傾向があるようです。傾向をつかめば、うざい上司に対処することも可能。
ここでは、うざい上司の特徴を知って対処する方法、人間関係を上げる転職の成功方法について紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

うざい上司の特徴とは?

うざい上司の特徴は、いくつかのパターンに類別できます。パターンが決まっていることから、対処もしやすいもの。
まずは、うざい上司のパターンを見ていきましょう。

指示の内容がコロコロ変わる
さっき言っていたことと、今言っていることの指示内容が、明らかに違うという上司がいます。部下にとって、上司は従うべき存在。指示内容にブレがあると、とまどってしまうのは当然です。指示内容がさっきと違うと指摘しようものなら、機嫌を害する上司もいます。頑張って指示通りの仕事を仕上げたにもかかわらず、指示に従っていないと言われたら、今すぐ転職したくなっても不思議ではないもの。指示内容がコロコロ変わる上司は、うざい代表格です。

気分で怒鳴ったり強く叱責したりする
気分次第で、部下を怒鳴ったり、強く叱責する上司がいます。もはや、仕事を超えてプライベートな事情から生まれた感情をぶつけているとしか思えない叱責にあった部下は、とまどうばかり。この上司と上手くやっていくのは難しい、この上司がいる職場で働くのは困難という思考におちいり、転職を考え始める人が多数です。

些細なミスを引きずって責める
仕事でのミスは、少なければ少ないほど理想的です。そうはいっても、人間は機械ではなく、ミスをしてしまうこともあります。重大なミスであれば、職場全体の課題として大きく取り上げられることもあるでしょう。一方で、些細なミスは、今後の注意を促す程度の訓戒で終えるのが立派な上司と尊敬されます。細かなミスをいつまでも責め立てると、うざい上司のランキング入りしてしまうのは確実です。

パワハラやアルハラをしてくる等
かつては、セクハラが世間をにぎわせましたが、最近では職場でのパワハラに悩まされる部下が増えています。パワハラには明確な定義がなく、幅広い種類のパワハラ問題が日本中の職場で続出しています。裁判になった事例もあり、上司としても油断は禁物。何気なくした言動が部下を傷付けたり、押さえつける結果となる可能性があります。

パワハラのパターンとしてあげられる代表的な例は、身体的侵害・精神的侵害・人間関係からの引き離し・過大な要求・過小な評価・個の侵害など。飲ミュニケーションと称して、半ば強制的に部下をお酒の席につきあわせ、アルハラに至るのも、うざい上司のパターンです。

うざい上司への対処法

うざい上司のパターンが見えてきたところで、上手な対処法についても心得ておきましょう。人によって、それぞれに対処法は異なるはず。なるべく多くの対処法を知っておくことで、いざというときにあわてず、どのように動けばよいかを判断できます。

仕事のクオリティを高める
うざい上司に悩まされていると、仕事へのモチベーションが低下したり、クオリティが下がってしまいがち。それらの結果が、ますます上司の不満をあおってしまうこともあります。当然のことながら、仕事をしている以上、質の高さを目指すのが理想的。理想を現実にして、仕事のクオリティをどこまでも高めていけば、うざい上司も文句を言えなくなるでしょう。

メモやメールなど、後から見返せる形で指示を確認する
コロコロ指示内容が変わる上司には、指示内容をそのたびにメモしておく、メールしておくなどして、指示を確認する対策法があります。かえって上司の怒りを買わないように、下手に出ながらも上司の指示内容を記録して確認するようにしましょう。自分の混乱も、防ぐことが可能です。

できる限り、関わらないようにする
うざい上司に参ってしまわないように、できる限り、関わらないようにするのも、1つの対処法です。人間関係を円満にするためには、必要最低限のつきあいにすることが肝心な場合もあります。

異動や転職する
あまりにも、うざい上司による影響を濃く受けてしまう場合は、異動を願い出たり、転職を検討するのも対処法の1つ。新天地では、今までのことがウソのように晴れやかな気持ちで仕事できるかもしれません。自分を追い込み過ぎていないか、考えてみましょう。

人間関係をきっかけに転職するなら

うざい上司に悩まされるなど、人間関係をきっかけに転職しようと思ったら、今度こそ良い人間関係の職場に入りたいものです。転職で成功するコツを、見ていきましょう。

次も同じ失敗をしないように慎重な転職活動を

人間関係で悩み抜き、転職を急ぎたいと思うと、とにかく次の職場に転職できればよいと焦りがち。結果、また同じ失敗を繰り返してしまうことがあります。せっかく転職をするなら、次の職場ではより良い人間関係を築けるようにしたいもの。そのためには、慎重に転職活動を進めることが大切です。

職場の雰囲気を知るエージェントを挟むという手も

転職先として検討したい職場の雰囲気は、少しでも多く知っておきたいところです。役立つのは、転職エージェントが握っている情報。仕事内容をはじめ、人間関係にも成功する転職は、転職エージェントの助けを借りる方法があります。

ハタラクティブではしっかりサポートしています

ハタラクティブでは、転職を希望する人の様々な事情を考慮し、成功する転職へのサポートをしています。人間関係を含め、多様な条件にマッチした転職先への道案内をしてくれるのが、ハタラクティブです。

この記事に関連するタグ