仕事が不安で眠れない…ミスが怖い?原因を突き止めて解消しよう

仕事が不安で眠れない…ミスが怖い?原因を突き止めて解消しようの画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事の不安要素にはすべて解決策がある
  • ・仕事が不安で、1人で解決できないときは周囲を頼る
  • ・不安を無理に消そうとするのではなく、上手な対処法を学ぼう
  • ・得意分野を見つけたり、楽観的な考え方を意識したりするのが効果的
  • ・仕事の不安をどうしても解消できないなら、環境を変えてみるのもおすすめ

仕事が不安、怖くて仕方がないと思っているのは、あなただけではありません。不安になる原因と対策をまとめたので、参考にしてみてください。ストレスの元になる要因は、人それぞれで異なるもの。まずは、自分自身の不安の原因を突き止めていきましょう。不安を無理なく乗り越えるための考え方や、どうしても不安が取り除けない場合の対処法も解説します。自分らしくのびのびと働けるよう、工夫してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事の不安は解消できる?

仕事に対する不安は、実際には起こるか分からない事柄に対して抱くもの。つまり、「失敗したらどうしよう」「怒られるかもしれない」と、根拠が曖昧なマイナス思考が不安の要因になることが多いようです。もちろん、過去の経験という根拠を持って不安を覚える方もいるでしょう。また、担当する仕事や関わる人が増えれば増えるほど、不安要素は増えるもの。どんな人でも仕事に対する不安は抱きますし、不安を解消することは難しいようです。
厚生労働省が行った「労働安全衛生調査」によると、労働者のうち54.2%の人が、仕事もしくは職業生活においてストレスを感じているという結果に。
しかし、実際にやってみたら「失敗しなかった」「怒られると思ったのに優しい人だった」など、稀有に終わることも。仕事に対する不安は完全に消すことはできませんが、原因や要因を突き止めることで軽減は期待できます。

仕事が不安で眠れない!不安感が募る原因と対処法

誰しも、仕事に対して不安感を抱いたことはあるでしょう。その原因は人それぞれ異なりますが、状況を脱却するには、明確な原因と対策が必要です。まずは、仕事における不安要素と対処法をご紹介していきます。

業務内容への不安

仕事の業務内容に対する不安は、「自信のなさ」と「自己分析の不足」によって起こりがちです。「本当にこれで正しいのだろうか」「自分には合わないのではないか」と感じることが多いといえます。また、自己分析力に優れている人は自分を常に客観視でき、「今自分は何に悩んでいて、何が足りないのか、どうすることが最善か」を考えられるでしょう。そうすることで、先輩や上司に質問する際も「何が分からないのか」を明確に伝えられます。自分の悩みが明らかになるだけでなく、聞き手側も分かりやすくなるため、解決の糸口が見つかりやすいでしょう。

業務内容に不安を感じるときの対処法

対処法として、「周囲を頼る」ことが必須です。実績を出している先輩や、頼れる上司に相談をしたり、積極的に不明点を質問したりすることが解決への近道。悩みを紙に書き出してみることもおすすめです。普段気づいておらず、口に出していないことでも文字にすると出てくる場合もあります。

新しい仕事への不安

新しく仕事を始めるときに不安な原因は、「経験がないこと」が大きいといえます。新しい仕事をするにあたって、「人間関係を良好に保てるだろうか」「仕事はきつくないだろうか」とまだ分からないことに関して悩んでしまうこともあるでしょう。メンタルや体力をどれだけ必要とするか分からないため、「経験していないので予測がつかない」ことで、ネガティブに考えてしまいがちです。行動に移してみなければ、答えは出てきません。頭で考えず、まずは実行することから始めてみましょう。

新しい仕事に不安を感じるときの対処法

この場合は、頭で考えていても解決には至りにくいので、まずは「やってみる」ことが対処法です。新人として、1人で社内のコミュニティーの中に足を踏み入れることは、誰しも不安なもの。初めて行うことや、経験のないことは、仕事以外でも不安に感じることがほとんどでしょう。

仕事を辞めるときの不安

退職を控えている場合は、「新たに入社する会社で続けられるだろうか」「辞めてしまって、本当に後悔しないだろうか」と不安になることが多いでしょう。退職において不安な場合、周囲の同僚や先輩など社内の人に相談することは、あまりおすすめしません。人員配置やシフト調整なども含めた現場としての意見が多く、自分の軸がぶれてしまうと「自分はこうしたい」と本音では思っていても、流されてしまう可能性があるからです。

仕事を辞めることに不安を感じるときの対処法

退職することに対して重要なのは、「自分はどうしたいか」を客観的に見つめることといえます。
「自分を客観視し、判断を見つめ直す」ことが対策です。先行きの収入が安定する保証もないため、自分の判断が間違いではないかと考えてしまいがち。自分を客観的に見つめ、退職することで発生するメリットとデメリットを考えましょう。どちらも必ず存在しますが、メリットのほうが圧倒的に多い、または自分にとって有利であれば、退職の判断に間違いはないはずです。

長期休みからの復帰に対する不安

長期休みから復帰する場合、時間のブランクがあるため、「久しぶりの仕事についていけるだろうか」と不安になることが大きな原因でしょう。業務内容が大きく変化することもあり、「変化への対応」には、周囲の協力や素直な姿勢が必要です。
たとえば、産休や育児休暇、病気で長期入院していた場合などが主なパターンです。休職中は休職要因に専念しなければならないため、職場や業務内容の変化は知り得ないことが沢山あるでしょう。

現場復帰に不安を感じるときの対処法

職場にもよりますが、ブランクを1人で取り返すことはとても困難であり、追いつかない可能性があります。そのため、前述のとおり、周囲の協力が元のペースを取り戻すことに必要不可欠です。経験があっても、不明点を教わる素直な気持ちを持てば、自然と周りも協力的になるでしょう。

将来に対する不安

仕事をする中で、給与面や体力、結婚など、将来の不安はつきまとうもの。これらの根底には、「長く働いていられるのだろうか」という悩みがあります。特に給与面では、成果を出しても収入に反映されない会社もあり、長期で働くことに不安を抱える人が多々。また、体力や結婚など、年齢を重ねるにつれ現実を考える時間も増えていくでしょう。長期で働けば働くほど任される仕事や責任も多くなり、将来が安定しないプレッシャーのなかで、より不安が募ってしまうことがあります。

将来に不安を感じるときの対処法

この場合の対処法として、自分の中で優先順位をつけ、それに沿った具体的な目標や計画を立てると良いでしょう。働くうえで、人生の優先順位は人それぞれ。
たとえば、「収入を優先して経済的な不安を減らすために、いつまでにどの程度貯蓄する」「何歳までには結婚し、家庭を持つ」などがあります。何を優先し、いつまでにどうなりたいかを具体的に決めておくと、自分がどうするべきかが明確になるでしょう。そうすることで自分の軸ができ、何のために何をすべきかが判断しやすくなるうえ、迷いがなくなります。ただし、理想と現実は異なるもの。あくまで、自分が譲れない条件やどうしてもこうすべきだ、と思えることだけを優先するのが現実的といえます。

始めての就職など、社会人経験の少なさから不安を覚えているなら、「就職に不安は付き物?乗り越える方法は?」のコラムがおすすめ。自信を持って新社会人生活をスタートさせましょう。

よくある仕事中に感じる不安と向き合い方

厚生労働省の「令和2年 労働安全衛生調査」によるストレスの内容は、「仕事の質・量」が56.7%と最も高く、次いで「仕事の失敗、責任の発生等」が35.0%、「対人関係(セクハラ・パワハラを含む)」が27.0%の順となっています。誰にとってもストレスや不安は、身近なものであると言えるでしょう。不安を感じがちなシチュエーションについて、深掘りしてお伝えします。

ミスが多く怒られてばかりいる

仕事にミスは誰にでもあるもの。しかし、ミスを多く繰り返し、上司や先輩から怒られてばかりいる人は、なぜミスが続くのかを改めて客観的に見直すことが必要です。そして、解決策を実行しなければ、いつまでも不安な状態が続いてしまいます。ミスの原因は、確認不足や注意不足によって起こることがほとんどといえます。しかし、個人の仕事量が膨大になり過ぎていて負担がかかりミスが続く、あるいは先輩によって指導の内容が異なり過ぎていて統一性がない、など原因は会社側にある場合もあります。一概にすべてのミスの根源が自分にあるとは言い切れないケースもあるため、悲観的にならず、どうしたら解決するのかを考えることが大切です。

参照元
厚生労働省 
令和2年 労働安全衛生調査

体力的に続けられるか不安

「体力的に、この仕事を続けられるか不安…」と考えることもあるでしょう。そのような場合、心身が健康なうちに転職を考えることもひとつの手段です。また、特に肉体労働がメインとなる職種では、タフな精神力も必要となり、大きな負担がかかりやすいのが現実です。仕事はどんな職種でも体が資本。万が一、倒れてしまったり、休職せざるを得ない状況になってしまったりした場合も、体の健康状態や収入がどうなるかは予測がつきません。そのため、体力面に不安がある人は求人が見つかりやすい20代のうちに、転職を検討する人も多いでしょう。

人間関係が上手くいかない

上司や先輩、取引先など、人と関わることが多い社会では、避けられない人間関係。前述のとおり、自分を客観的に見ると、自然と解決策が見えてきます。なぜ対人関係が上手くいかないのか、見つめ直してみましょう。この場合も、紙に書き出してみるのがおすすめです。「人の話をあまり聞かず、自分のことばかり話してしまう」場合は、傾聴力を高めることが改善策となります。「気を使い過ぎてしまって、疲れてしまう」場合は、原因を深掘りすると、「他人の目や評価を気にし過ぎる」という現状が見えてくることもあるでしょう。自己肯定感を適度に持つには、周囲を信頼する必要があります。どうしても改善されない場合、上司に相談する・自分のストレス解消法や自分時間を作ることも良いでしょう。どうしても人との関わりに苦手や不安を覚えるなら、1人でできる仕事を選ぶのも手。「対人ストレスを軽減!人と関わらないお仕事とは?」も参考にしてください。

仕事中の不安に対して上手に対処するための4つの思考法

前項で紹介したとおり、仕事で不安を感じる要因は多岐にわたります。不安に振り回され、疲弊しないためには、上手に対処するためのコツを知っておくことが大切です。「不安の原因や対処法が分かっていても、どうにもならない…」と思ったときには、以下の考え方を取り入れてみてください。
自分の心と上手に向き合うための方法を、4つ紹介します。

不安を「消す」のではなく「小さくする」

不安とは、人間の心から生まれるもの。「不安な気持ちに振り回されたくない」という気持ちが強くなればなるほど、不安を消そうと努力しがちです。しかし、冒頭で説明したように実際には、不安を消すのは難しいでしょう。こんなときには、不安を「消す」のではなく、できるだけ「小さくする」ことを意識してみてください。
たとえば、「明日仕事に行くのが不安」という場合、不安な気持ちを消すのは難しいでしょう。「行く」場合でも、「行かない」場合でも、それぞれで別の不安が生まれるはずです。こんなときには、「なぜ不安を感じるのか?」という原因に目を向けてみてください。「会議で発表するのが緊張するから不安」「仕事量が多く片付けられるだろうか…」など、具体的なポイントが明らかになれば、対処法も見えてきます。「会議の内容について先輩にアドバイスしてもらおう」「片付かないかもしれないから、朝一で上司に相談してみよう」などの対策で、不安も軽くなるのではないでしょうか。
不安なときほど、その原因から目を逸らさないことが大切です。漠然とした不安ではなく、小さく具体的な不安へと変換することで、不安な気持ちに対処しやすくなります。

得意分野を見つけ、自信をもつ

自己分析ができていれば、自分はどのようなときに得意と感じるのかが分かるはずです。「得意とまでは言えない…」と感じていても、自分が好きで続けていることや小さなことでも自信になります。たとえば、「早起きが得意」「掃除が得意」などの内容は、「自己管理能力」に繋がるでしょう。また、「人と話すことが得意」「人の話を聞くのが得意」などは、「コミュニケーション能力」に繋がります。急に「得意」と感じるのが難しければ、「自分の特徴」と捉えてみてください。紙に書き出し、何をしているときに楽しいと思うのか、どのようなときに自分のアイデアや言葉が出てくるのかを考えると、見つけやすいでしょう。

ときには楽観的でも良いと考える

真面目過ぎてしまう人は、同僚や先輩との何気ない会話を楽しむこともしづらく、常に自分を追い込んでしまいます。極端に力を抜くのではなく、真面目に仕事内容に取り組みながら、ときには楽観的になってみましょう。肩の力を抜いていたほうが、心に余裕ができ、周囲とのコミュニケーションも取りやすくなります。また、自分のストレス解消法を見つけやすくなり、オンオフのメリハリもつけられるでしょう。不安を解消して心身のバランスを保つには、物事すべてに深入りせず、一歩引いた目線で余裕を持つことも大切です。

ミスが続くときは具体的な対策を考える

仕事でミスが続くとき、対策を考え、実行していなければいつまでも解決には至らず、同じミスを繰り返してしまいます。その度に上司に謝り続けるだけではなく、「対策」を常に考えましょう。自分の現状から、どうしたらそのミスを繰り返さないか対策を立てて計画し、必ずその計画を実行します。そして、実行したことでどうなったかを反省することがポイントです。この「反省=自己評価」がなければ、どんな状況も客観的に見ることはできません。反省をふまえ、この対策が効果的だったか、それとも効果がなかったのかを判断することができます。もし効果がなかった場合、対策を変える必要があるでしょう。再度計画し、実行→反省→対策を繰り返すと、自ずとミスがなくなる方向へ転換できます。

仕事に自信がない方に向けた情報は、「仕事に自信がない人の要因は?不安を解消する方法を解説!」のコラムでも解説しています。自信を身に付けたいと思ったら、ぜひ参考にしてみてください。

仕事の不安解消には、自分が先に変わるのが近道!

仕事の不安を解消するには、周囲の変化を期待するのではなく、自分が先に変化することが実はとても大切です。不安を感じやすい人の特徴や、行動力を高める方法、環境を変える方法をご紹介します。

不安を感じやすい人の特徴3選

不安を感じやすい人の特徴として、以下の3点が挙げられます。

1.自己肯定感が低い
2.人の目や評価を気にする
3.他人を信頼しない

このように、自分を常に否定してしまい、自分を認められない人は自信がなく、不安になることが多いでしょう。また、周囲を信頼できずにどう見られているのかが気になってしまう人も、不安になりやすいといえます。他人が自分の性格を理解し、先に変わってくれるのを期待するのではなく、自分自身が先に変わったほうが、解決は早いでしょう。人を変えるよりも、自分を変えるほうが時間はかかりません。しかし、年齢を重ねてしまうと、自分の性格を変えることは困難なもの。自分を変えるにはまだ間に合う20代のうちに、早めに方向転換することが改善の近道となります。前述のとおり、自己分析を繰り返し、自信をもって他人を信頼できるようになると良いでしょう。

不安のままにせず行動してみよう

「仕事が不安でどうすれば良いか…」と考えてばかりいると、なかなか行動できずに時間だけが経過してしまいます。まずは行動あるのみです。しっかりと自分がどうなりたいかを考え、改善していく方向へ進みましょう。自分と向き合いながら行動すれば、どんな結果でも自分が決めたこととして、冷静に受け止めることができます。うじうじと考えていると、時間がもったいなく「あのとき、こうしておけばよかった」と、後悔してしまうでしょう。特に、20代のうちに時間を無駄にしてしまうのは、とてももったいないことです。仕事や将来など、あらゆる可能性が開花される世代でもあり、自分が変化していくチャンスも大いにあります。時間を有効に使い、悔いの残らないように行動しましょう。

環境を変えてみるのもひとつの手段

仕事が不安でどうしようもないときは、思い切って環境を変えてみることも、手段の一つです。視野を広げ、今いる会社だけを見るのではなく、若いうちにたくさんの企業を目にすることも大切です。飲食やサービス業、IT企業など、さまざまな企業の中で自分に合った職種を探す経験をすることで、これまでとは違った観点で自己分析ができるようにもなるでしょう。「また同じ状況になったらどうしよう…」と不安な人は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。就職エージェントでは、就活のプロが相談に乗ってくれるので不安を感じ過ぎることなく、転職活動を行えます。転職に関して不安な方は「転職に対する不安とその解消法」のコラムを参考にしてみてください。不安の分析方法を分かりやすく解説しています。

それでもやっぱり毎日の仕事が不安な方へ

仕事に対して不安を抱いているのは、自分だけではありません。大なり小なり、みんなそれぞれの不安を抱えながら、日々の仕事をこなしています。とはいえ、非常に強い不安感が毎日続くようであれば、自身の健康状態に目を向けたケアが必須だといえるでしょう。

・頭痛や微熱が続いている
・仕事のことを考えると、夜うまく眠れない
・吐き気や気持ち悪さを感じる
・ネガティブな考えから逃れられない
・好きなことをやっていても、楽しくない
・食欲がない

こうした症状に思い当たる節がある場合、不安な気持ちを乗り越えようと、頑張り過ぎるのは禁物です。まずは、自分自身の心に寄り添ってあげましょう。仕事が辛いときには、お休みをもらうのもおすすめです。不安感から解放されたら、ゆっくり休んで英気を養いましょう。
自分1人で対処するのが難しい場合、誰かに話を聞いてもらうのがおすすめです。それでも気持ちが楽にならない場合は専門家に話を聞いてもらうだけでも、心が楽になる方も多いはずです。

退職を伝えるのが不安なときは「退職代行」の利用も検討しよう

仕事は大切なもの。しかし、自分自身の心身を健康に保つことは、さらに重要です。「健康のため、職場から離れることを決意したものの、自らの口で退職の意志を伝えるのは難しい」という場合には、退職代行サービスの利用も検討してみてください。
退職代行サービスでは、依頼主の代わりに退職の意を会社側へと伝え、そのあとの手続きもすべて代行してくれます。退職代行サービスの利用については、賛否両論ありますが、不安感が原因で身動きできなくなっている方にとっては、非常に助かるサービスだといえるでしょう。不安から抜け出し、新たな一歩を踏み出すために、ぜひ上手に活用してみてください。

既卒や第二新卒など若年層を対象とした転職エージェント「ハタラクティブ」では、未経験でも応募可能な求人を多数取扱っています。また、扱っている求人はすべて直接訪問した企業のものなので、社員や職場内の雰囲気なども具体的にお伝え可能。退職代行は行っていませんが、円満退職のコツをお伝えします。相談だけのご利用も歓迎しているので、現在の仕事に不安を感じている方はぜひご登録ください!

こんなときどうする?仕事の不安に関するお悩みQ&A

「仕事が不安で眠れない」「失敗したらどうしよう」など、仕事に何らかの不安を抱いている方もいるでしょう。ここでは、想定される仕事の不安に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

仕事に大きな不安を抱きやすい人の特徴は何ですか?

仕事に大きな不安を抱きやすい人は、完璧主義、自己肯定感が低い、失敗を恐れるといった傾向があります。もちろん仕事でミスをしないに越したことはないですが、過度にミスを恐れてストレスを溜め込んでしまっては本末転倒です。慎重さは必要ですが、自分を追い込みすぎないようにしましょう。

仕事が不安になるのはなぜですか?

仕事が不安になる原因は、苦手な業務への不安感や職場の人間関係、会社の将来に不安を抱いているなど、さまざまです。自分がなぜ仕事に不安を感じているのかを明確にし、それぞれに合った対策を考える必要があるでしょう。詳しくは、このコラムの「仕事が不安で眠れない!不安感が募る原因と対処法」をご覧ください。

仕事が不安で眠れないときの対処法を教えてください。

仕事が眠れないほど不安な方は、原因に合わせた対処法を実行する必要があります。たとえば、特定の業務に不安を抱いている場合は先輩や上司など周りの人を頼る、これから退職することに対して不安を抱いている場合は「辞めた後どうしたいか」を明確にしておくなど、現状を解決するにはどうしたら良いか考えておくと良いでしょう。

仕事への不安を解消するにはどうしたら良いですか?

仕事への不安を解消するには、スキルアップして自信をつける、物事を楽観的に考えるなどの方法を実践するのがおすすめです。 もし仕事への不安の原因が職場環境や人間関係などにある場合は、思い切って転職を考えてみても良いでしょう。 転職を考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。アドバイザーがマンツーマンであなたの希望に沿ったお仕事をご紹介します。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION