履歴書写真の適切なサイズとは?合わないときの対処法も紹介

履歴書写真の適切なサイズとは?合わないときの対処法も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書のベストな写真サイズは一般的な履歴書で縦40mm×横30mm
  • ・履歴書写真のサイズが合わないと全体のバランスが悪くなり、悪印象を与えてしまう
  • ・履歴書写真のサイズが合わないときは、撮り直すか写真屋に任せるのがおすすめ
  • ・データで履歴書写真を送る際はスキャンせず、2MBまでの容量で送る
  • ・履歴書写真は第一印象を決める重要なものなのできちんとしたほうが良い

履歴書の一般的な写真サイズをご存知でしょうか。履歴書の写真は規定のサイズより大きすぎても小さすぎても全体のバランスが悪くなってしまうため、注意が必要です。
このコラムでは履歴書の写真サイズや、サイズが合わない場合の対処法、履歴書写真を撮るときの服装や髪型なども合わせてご紹介。履歴書の写真に関するマナーを知り、就職を成功に導きましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の適切なな写真のサイズとは?

応募者の印象が伺える証明写真は、履歴書の中でまず見られる可能性が高いです。そのため、身だしなみや表情に気をつけている人も多いのではないでしょうか。
せっかく好印象を心がけて身なりを整えていても、写真枠のサイズが異なり、不自然に見えてしまうともったいないです
では、どのくらいを基準に写真サイズを確認すれば良いのでしょうか。

一般的な履歴書の場合

一般的な履歴書であれば、縦40mm×横30mmの写真枠で設定されていることが多いです
このサイズで写真を撮るのが無難ですが、念のため事前に履歴書を買って枠のサイズを確認するか、写真に合わせた履歴書を購入するのが良いでしょう。

ウェブ応募の履歴書の場合

ウェブ応募の場合、顔写真のデータをアップロードするのが一般的です。紙の履歴書と同じようにサイズが規定されている場合もあるため注意しましょう。
ピクセルサイズについては「560×420ピクセル」と「600×450ピクセル」の2つの場合が多く、縦と横の比率は4:3がほとんどです。
ウェブ応募の履歴書の場合、企業ごとに既定のサイズが異なることが多いため、サイズを変更できるツールを用意しておくと良いでしょう。

履歴書のサイズでもう迷わない!A4・B5の特徴や証明写真について解説」でも、写真について触れています。

履歴書の写真サイズが合わなかったときの印象

履歴書の写真のサイズはきちんと合わせましょう。サイズが合わない写真を使用すると、以下のような印象を与えてしまう恐れがあります。

・証明写真が小さすぎると枠が見て不格好になる
・写真が大きすぎると全体的なバランスが悪くなる
・面倒くさがり、大雑把な印象を与えられる

写真サイズが合わないと、履歴書全体のバランスに影響する恐れがあるため、写真サイズはピッタリのものを選びましょう。また、事実とは異なっていても、大雑把に見られることもあります。
採用担当者の人により、受け止め方はさまざまですが、写真のサイズもしっかりと意識して準備しましょう。

履歴書の写真は印象を左右する!撮影時のポイントを解説」もご一読下さい。

履歴書写真のサイズが合わないときの3つの対処法

履歴書のサイズが大切だと分かっていても、サイズを間違えたり、企業によって規定された写真サイズが違うということもあるでしょう。
ここでは履歴書のサイズが合わないときの対処法についてご紹介します。

1.撮り直す

写真サイズが合わないとき、一番良いのはサイズに合うよう写真を撮り直すことです。持っている写真のサイズが小さいと履歴書に印刷された枠が見えてしまうため、サイズが小さいことが一目で分かってしまいます。
そのため、持っている写真のサイズが小さいときは撮り直しが必要です。また、持っている写真のサイズが大きい場合も、写真は丁度良いバランスで撮影されているため、後からサイズを修正すると不自然になってしまいます。
写真のサイズが合わないときは、余計なリスクを避けて撮り直すのがおすすめです。

2.サイズを調整する

履歴書写真のデータを持っている場合、自分で写真を加工できるソフトなどを持っていればデータを加工してサイズを調整することができます
しかし、慣れていないと正確なサイズに加工することは難しく、不自然な仕上がりになってしまうため注意が必要です。
また、持っている履歴書写真が大きい場合は切ってサイズを調整することが可能ですが、顔がバランスよく配置されるように調整したり、まっすぐ切らなくてはならず、きれいに仕上がるとは限らないため、あまりおすすめできません。

3.写真屋にお任せする

写真サイズの調整は、プロの写真屋に任せるのが良いでしょう。
写真屋によっては専用の機械で決められたサイズにカットしてもらうことが可能です。また、写真屋で撮った写真データがあれば、それを加工して焼き増ししてくれる場合もあります。
全ての写真屋で対応してくれるわけではないため、ホームページや電話で確認しましょう。

履歴書写真とサイズが同じもの

履歴書写真の一般的なサイズは縦40mm×横30mmで、このサイズは国家公務員試験や電気工事士免状交付、情報処理技術者免許受験、身体障碍者申請などに使われる写真のサイズと同じです。
企業によっては独自の履歴書フォーマットが存在する場合もありますが、一般的には上述したものと写真サイズは同じといえます。

履歴書写真とサイズが異なるもの

履歴書写真にほかの用途で撮影した証明写真を使おうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、サイズが異なるため使えないものもあります。
ここでは履歴書写真とサイズが異なるものについてご説明します。

パスポート

パスポートに必要な証明写真のサイズは縦45mm×横35mmで、履歴書写真と比べると大きいサイズです。パスポート用の写真をそのまま履歴書に貼ってしまうと、明らかに大きいためサイズが違うと分かります。
また、履歴書写真の枠に収まるようにカットする場合、上部は頭が切れないように、下部は胸から上が映るようにしなければならず、全体的に写真の中で顔が占める割合が大きくなるため不自然な印象になってしまうでしょう。

運転免許証

運転免許証用の写真サイズは30mm×24mmで、履歴書写真より小さいサイズです。このサイズの写真を履歴書写真の枠に貼ると小さすぎて余白だらけになってしまいます。
一般的に枠線より2mmから3mm程度小さい写真は許容されますが、運転免許証用の写真は縦サイズが10mmも小さいです。
明らかに小さいサイズの写真を貼って出すのはマナー違反のため、運転免許証用の写真を履歴書写真として使用することは避けましょう。

履歴書写真を貼るときの5つのポイント

履歴書写真を貼り付ける際にもマナーがあり、単に貼り付ければ良いというものではありません。履歴書写真は第一印象を決める重要な部分ですから、マナーを守って貼り付けましょう。
ここでは、履歴書写真を貼るときのポイントについてご紹介します。

1.写真の裏に名前を書いておく

証明写真を貼り付ける前に、写真の裏に名前を書いておきましょう。万が一写真が剥がれてしまった場合に、誰の写真なのかが相手に分かるようにするために書きます。名前だけでなく大学名や撮影日も記載しておくと良いでしょう。
また、裏に名前を書く場合には糊を付けたときに消えてしまわないよう、油性ペンを使用してください。企業によっては写真の裏に記載があるかチェックする場合もあるため、必ず書くようにしましょう。

2.まっすぐ切る

履歴書写真を切る際にはまっすぐきれいに切ることが重要なポイントです。カッターマットとカッター、定規を用意しましょう。
定規を使うときはラインから少しずらして、カッターの刃でラインをなぞるように切ります。力を入れすぎないように気をつけ、3回ほど軽い力でなぞるように切ると、まっすぐきれいに切れるでしょう。

3.スティックのりを使う

履歴書写真を貼る際には、スティックのりを使いましょう。履歴書写真を貼るときには、のりがはみ出ないように気をつけなくてはなりません。
スティックのりならピンポイントで塗れ、はみ出る心配がなく、粘着力が強いものが多いため剝がれにくいです。
四隅が浮いていると引っ掛かって写真が剥がれてしまう可能性があるため、四隅までしっかりのりを塗って、きれいに写真を貼り提出しましょう。

4.折り目がついたら別のものにする

履歴書写真を準備しているときに折り目が付いてしまったら、別のものに代えましょう。少しでも折り目が付いた写真を提出すると、相手に良い印象を与えません。
履歴書写真は折り目がないきれいな状態のものを貼って、提出するようにしてください。

5.写真の期限に注意する

証明写真はいつ撮影したものでも良いというわけではなく、期限があります。原則3カ月以内に撮影したものを使用するようにしてください
3カ月以上経ったものを使用してもバレないことが多いですが、バレたときは悪い印象を与えてしまうため、3カ月以内のものを提出しましょう。
また3カ月以内に撮影したものでも、髪型などに大きな変化があると、見た目の印象も異なってしまうため、現在の姿と写真が一致するように気をつけてください。

履歴書写真をデータで送るときの3つの注意点

ここまでは紙の履歴書に貼る履歴書写真についてご説明しましたが、最近では紙の履歴書だけでなくウェブでの応募を推奨している企業もあります。
ウェブで応募する場合は、顔写真のデータをアップロードするのが一般的です。ここでは履歴書写真をデータで送るときの注意点についてご紹介します。

1.データ容量に注意する

履歴書写真をデータで送る場合、データの容量に注意しましょう。ビジネスメールに添付するデータは一般的に2MBまで許容されるといわれています
2MB以上になってしまうと、ダウンロードに時間がかかったり、企業によっては受信できない場合もあるため注意が必要です。
解像度が高くてきれいな写真はデータ容量が大きくなりがちですので、気をつけましょう。

2.サイズ調整ができるツールを用意しておく

ウェブで提出する履歴書写真のサイズはピクセルで表されます。企業によってはピクセルが指定されている場合もあるため、提出前にサイズ指定があるか確認しましょう。
サイズ変更が必要なときのために、事前にサイズ調節ができるツールを用意しておくと良いでしょう。Windowsであれば、「ペイント」ソフトを使ってトリミングすることで、サイズの調節ができます。

3.データを用意する

写真屋などで撮影すると、写真と一緒に撮影データの入ったCD-ROMを受け取ることができたり、スマホなどへデータを転送してくれたりする場合が多いです。これらの方法でデータを用意するようにしましょう。
証明写真などをスキャンして使用することはおすすめできません。スキャンすると見栄えが悪くなりますし、トリミングやサイズ調整に時間がかかる可能性もあります。
そのため、写真をスキャンしないようにしましょう。

履歴書の写真を撮る3つの方法のメリット

履歴書写真を撮る方法として、写真館で撮影する方法やスマホアプリを使う方法、スピード写真を利用する方法などがあります。
それぞれに利点が異なるため、ここでは履歴書の写真を撮る3つの方法の利点について解説します。

1.写真館

写真館で履歴書写真を撮るメリットは、プロが撮影してくれるため、きれいな写真が撮れるということです
写真そのものを美しく現像するだけでなく、プロがアドバイスしながら撮影することで、あなたの魅力を引き出した良い写真を撮ることができます。
また、写真館で撮影すると撮影データを受け取れるオプションが用意されている場合もあり、ウェブ応募をする際や履歴書をたくさん送る場合などに便利です。

2.スマホアプリ

スマホアプリを使って履歴書写真を撮ることも可能です。スマホアプリで履歴書写真を撮るメリットは、何と言っても手軽に撮影できることといえるでしょう
スマホ1つあれば履歴書に貼る写真をどこでも簡単に撮影することができます。また、アプリを使えば明るさの調整やデータの加工も簡単に行うことができるのもメリットです。

3.スピード写真

スピード写真のメリットは、安い費用ですぐに履歴書写真を手に入れることができる点です
スピード写真機は駅や商業施設など色々なところに設置されており、学校帰りや空き時間など、都合の良いときに写真を撮ることができます。撮影時間も短くすぐに現像され、費用も安いので気軽に使えるのがメリットです。

履歴書の写真を撮る3つの方法のデメリット

ここまで履歴書写真を撮る3つの方法のメリットをご紹介しましたが、それぞれデメリットもあります。
ここでは履歴書写真を撮る3つの方法のデメリットを解説しますので、それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、自分に適した方法で履歴書写真を撮りましょう。

1.写真館

魅力を引き出した美しい履歴書写真を撮ることができる写真館ですが、費用と時間がかかるというデメリットもあります
就職活動が本格化するシーズンは特に混み合うことが多く、なかなか予約が取れないこともあるため注意が必要です。就職活動を始めたら、時間を作って予約を取りましょう。

2.スマホアプリ

スマホアプリは手軽に履歴書写真が撮れる一方で、写真の質が悪くなってしまうというデメリットがあります。スマホアプリを使って自分で撮る写真は、写真館でプロに撮ってもらう質の高い写真と比べると、どうしても見劣りしてしまうでしょう。
多くの履歴書を見る企業担当者に、きちんとした写真を用意できていないという良くない印象を与える可能性もあるため、アプリで撮影する際は仕上がりを厳しくチェックすることが必要です。

3.スピード写真

スピード写真は安い費用ですぐに履歴書写真を撮ることができるメリットがありますが、その反面、第三者からの客観的なアドバイスがもらえないというデメリットがあります
プロが撮影する場合は、魅力を引き出すためのアドバイスなどをしてくれますが、スピード写真機で撮る場合にはそのようなアドバイスはもらえません。
事前に撮影するときのポイントなどを調べておくことが必要です。

スピード写真を使って履歴書写真を綺麗に撮るコツ

スピード写真を使って履歴書写真を撮る際は、外から光が入って顔に余計な影ができたり、フラッシュが外に漏れて写真が暗くなったりしないよう、カーテンを隙間なくしっかり閉めましょう
カメラの正面に座り、頭を上から糸で引っ張られているイメージで、あごを軽く引き、肩甲骨を寄せて胸を張り、左右の肩の高さを合わせて姿勢を正します。
プロが使うレフ板代わりになる大きな白いハンカチなどを膝の上に置いて撮影すると、顔に影が落ちるのを緩和してきれいに撮ることができるでしょう。

履歴書の写真を撮るときの7つのポイント

履歴書の写真を撮るときにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。ここでは、服装や髪型、背景や表情など、履歴書の写真を撮るときのポイントを7つご紹介します。
下記に挙げるポイントに気をつけて、好印象の履歴書写真を撮りましょう。

1.服装

まずは服装についてですが、履歴書写真を撮るときの服装の基本は男女ともにスーツが望ましいといわれています。
スーツの色は黒や紺色が無難でしょう。以下で男性と女性の服装について詳しく解説します。

男性の場合

男性の場合、スーツに合わせるシャツはボタンダウンなどを避けて、無地の白を選びましょう。シャツのボタンは1番上まできちんと留めてください。
このとき、上着の形が崩れないようにするために、上着の1番下のボタンは外してから撮影すると良いでしょう。
ネクタイも締めるのが基本です。締めるネクタイは派手過ぎないものを選びましょう。ネクタイで迷ったら、落ち着いた印象を与える無地の寒色系のネクタイがおすすめです。

女性の場合

女性の場合も男性と同様、黒や紺のスーツに合わせるのは白のシャツやブラウス、カットソーなどがおすすめです
ブラウス、カットソーはシンプルなデザインのものを選ぶと清潔感のある雰囲気になります。カットソーなどを選ぶ際には、胸元が開きすぎてないか注意しましょう。

2.髪型

履歴書写真では服装だけでなく髪型も重要なポイントです。髪型1つで印象は大きく異なるため、履歴書写真にふさわしい髪型で撮影しましょう。
ここでは履歴書写真にふさわしい髪型について、男性と女性に分けて解説します。

男性の場合

履歴書写真には清潔感のある髪型が好ましいです。前髪が目にかかると暗い印象を与えてしまうため、前髪が目にかからないようにしましょう
整髪料を使って髪を分けたり、流したりすると爽やかな印象に仕上げることができます。セットする際は整髪料で髪を固めすぎず、ナチュラルにセットするよう心がけましょう。

女性の場合

女性の髪型も清潔感が大切です。肩にかかる長さの髪は後ろでまとめて結ぶようにしましょう。寝ぐせにも注意が必要です。
前髪やサイドの髪は横に流したり、耳にかけたりすると顔回りがすっきりとして、明るい印象を与えることができます。

3.メイク

履歴書写真を撮る際に、女性はメイクにも注意が必要です。清潔感を与えるナチュラルメイクが基本となるため、濃いメイクにならないよう気をつけましょう
チークやアイライナーが濃すぎたり、つけまつげで盛り過ぎたりしないよう、ナチュラルメイクを意識することが重要です。
撮影前にはあぶら取り紙で、顔のテカリを拭き取っておきましょう。

4.姿勢

姿勢も重要なポイントです。背中が丸まった状態で写真撮影すると、姿勢が悪く、暗い印象を与えてしまいます
写真を撮るときには、頭のてっぺんを糸で引っ張られているようなイメージで、背筋をピンと伸ばし、正面を向いて撮影しましょう。

5.眼鏡とコンタクト

履歴書写真を撮る際には眼鏡をかけたままで問題ありません。しかし眼鏡のデザインには注意が必要です。
派手過ぎるデザインのものはビジネスシーンにはふさわしくないため、履歴書写真でも避けましょう。落ち着いた雰囲気の眼鏡で撮影してください。
また、眼鏡でもコンタクトでも採用に関して影響はありませんが、相手に与える印象は異なります。
眼鏡だと知的な印象になるため、知的さや真面目さを印象付けたいときにおすすめです。一方コンタクトは、表情が伝わりやすいため率直さなどを印象付けることができるでしょう。

6.背景

履歴書写真の背景色は白や青、グレーなどが基本です。写真館やスピード写真などでも背景色を選ぶことができる場合が多いですが、その場合にはこの3色から選ぶようにしましょう
白は明るい印象にすることができるため、背景色に迷う場合には白がおすすめです。青は表情が分かりやすく爽やかな印象になります。グレーの背景は、落ち着いた雰囲気を印象付けたいときにおすすめです。

7.表情

表情は歯を見せない程度に微笑むのが基本です。口を閉じて左右の口角を上げるイメージで表情を作ると良いでしょう
歯を見せないのが基本ですが、業界や職種、企業によっては歯を見せた写真を求められる場合もあるため、事前に規定をチェックして写真を撮影するようにしてください。

履歴書の写真に関するマナーについては、「履歴書の証明写真に適した服装とは?基本マナーを押さえ好印象を与えよう!」もあわせて参考にしてください。

履歴書の写真をきちんとしたほうが良い理由

履歴書写真の撮り方や服装、髪型などさまざまなポイントについて紹介しましたが、ここまで履歴書写真にこだわるのには理由があります。
ここでは履歴書の写真をきちんとしたほうが良い理由について解説します。

面接前に見られるため

履歴書写真は面接前に見られるため、担当者にとっては1番最初に目に入るもので、あなたの第一印象を決めるものです。
写真に写る表情や髪型、服装などの見た目があなたの第一印象を決めてしまいます。写真に写る姿がだらしなければ、面接する前にだらしないという印象を与えてしまうでしょう
第一印象を良いものにして面接に臨むため、履歴書写真はきちんとしたほうが無難です。

良い印象を与えるため

写真に写る表情や髪型、服装などはもちろん、履歴書写真のサイズがきちんと守られているかということや、折り目などなくきれいに貼られているかということも見られています。
きちんとした履歴書写真がきちんと貼られていれば、相手に良い印象を与えますが、既定のサイズとは違う写真がシワが付いて貼られていれば、ルールやマナーが守れない人という印象を与えてしまうでしょう
相手に好印象を与えるためにも、履歴書写真はきちんとするのが基本です。

履歴書写真で印象が悪くなってしまう6つの例

履歴書の写真をきちんとしたほうがよい理由についてご紹介しました。ここでは履歴書写真で印象が悪くなる例をご紹介します。
面接前の第一印象を決める重要な履歴書写真で印象が悪くなってしまわないよう、ご紹介するポイントに気をつけて撮影しましょう。

1.髪の毛が乱れている

髪の毛が乱れていると、それだけで相手にだらしない印象を与えてしまいます。特に寝ぐせには気をつけましょう。
また、無造作ヘアは人によっては乱れているように見えます。履歴書写真では清潔感が大切なため、整髪料などを使ってナチュラルな印象を与えられるよう、きちんと整えましょう。

2.髪の色が派手

派手な髪の色にも注意が必要です。明るく染めすぎている髪や染めた髪が伸びてムラになっている髪は印象が悪くなります。男女とも髪の色には気をつけ、派手な髪色は避けてナチュラルな髪色にしましょう。

3.濃すぎるメイク

女性は濃すぎるメイクにも注意が必要です。写真を撮るときには気合を入れてメイクをしたくなりますが、メイクが濃すぎると派手な印象を与えてしまう可能性があります。そのため、ナチュラルな仕上がりを意識してメイクをしましょう
マスカラやアイライナーなどのアイメイクは控え、チークやリップで血色よく見せると、清潔感のある印象にすることができます。
チークやリップを塗る際も派手な色は避け、肌なじみの良い色を選ぶようにしましょう。オレンジやコーラル系にすると血色を良く見せながら清潔感のある印象になります。

4.シワがある服

履歴書写真の服にシワがあるとだらしない印象を与えてしまいます。そのため、スーツやシャツにシワがないか、写真撮影する前に必ずチェックしましょう
写真だから気づかないと思ってシワがある服を着て写真を撮ると、そこが目立って写る可能性があります。
意外と見られるところでもあるため、シワのチェックを怠らないようにしましょう。

5.曲がっているネクタイ

曲がっているネクタイは緊張感のなさを印象付けてしまいます。そのため、写真撮影の前に必ずネクタイが曲がっていないかチェックしましょう
ネクタイピンを使用すれば、ネクタイを固定することができるため、ずれたり曲がったりするのを防ぐことができます。
ネクタイとシャツ、スーツの中心がまっすぐ揃っているか、確認してから撮影に臨みましょう。

6.表情が硬い

履歴書写真では表情にも気を付けましょう。先述したように、履歴書写真はあなたの第一印象を決める重要な写真です。
写真の中のあなたの表情が、相手の第一印象に与える影響は大きいでしょう。硬い表情だと不機嫌そうな印象を与えてしまう可能性があります
口角を上げてほほ笑むのが理想ですが、緊張して難しい場合には、睨んでいないか、無表情になっていないか、ということに気をつけてみましょう。

履歴書写真を用意するときはサイズに気をつけよう

就職活動を成功させるためには、履歴書写真の写り方だけでなくサイズにも気をつけましょう。
履歴書写真だけでなく、履歴書作成で困ったことがあればハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは就活支援を行っており、プロの就活アドバイザーがマンツーマンでサポートします。
履歴書の書き方など、書類作成方法のアドバイスも行っているため、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION