面接に手応えがあっても油断は禁物!落ちるケースの原因は?

面接に手応えがあっても油断は禁物!落ちるケースの原因は?の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接に手応えがあったと感じるのは、入社可能日や希望職種などを聞かれたとき
    ・面接に手応えがないと感じるのは、スムーズに回答できなかったとき
    ・質問にスラスラ答えられて手応えを感じても、棒読みだと好印象を与えづらい
    ・答えに詰まっても、自分の言葉で表現すれば入社意欲が伝わる可能性がある
    ・面接結果の連絡が遅くても、不合格とは限らない

面接が終わると「手応えがあったから合格できそう」「うまく話せかなったからきっと不合格だ…」と結果を予想する人は多いと考えられますが、あくまで自己評価のため、思ったとおりになるとは限りません。

当コラムでは、面接に手応えがあっても落ちるケースや、自信がなくても合格になった例をご紹介します。面接の手応えだけで一喜一憂しないよう、採否に影響を与えるポイントをコラムで確認しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接に手応えがあったと感じるとき

面接に手応えを感じるケースの例として、以下の5つが挙げられます。

1.面接官に入社可能日を聞かれた

いつ入社できるかを面接官に聞かれた場合、「入社を前提とした質問をするなら、内定をもらえるかも」と期待が高まるでしょう。

なお、入社可能日は、「応募者に入社意思があるか」「企業のスケジュールに合うか」を確認するために聞く場合があります。入社意欲を示すためには、「在職中の会社での引き継ぎがあるため、◯月(上旬、中旬、下旬)頃に入社できると思います」と理由を述べたうえで入社時期の目安を伝えることが大切です。「まだ分かりません」とだけ答えると、質問に答えられていないと判断される恐れがあります。

2.勤務地や具体的な仕事内容について説明があった

入社後の勤務地や担当業務について、希望を聞かれたり面接官が詳しく説明したりした際に手応えを感じることもあるでしょう。

企業側が勤務地や仕事内容について説明するのは、ミスマッチによる早期離職を防ぐのが1つの理由として考えられます。そのため、希望を聞かれた際は理由を添えて正直に伝えるのが無難です。

3.面接時間が長かった

面接官からの質問が多く、面接時間が予定よりも長かった場合、「自分に興味を持ってくれた」と肯定的に捉えられるでしょう。

面接官は業務の合間を縫って面接を行っており、その中で自分のために多くの時間を費やしてくれたのであれば、採用を意識していると考えられます。

4.面接官が入社のメリットを話してくれた

「自社では◯◯に力を入れている」「自社に入社すれば◯◯できる」と面接官が会社のメリット・魅力を積極的に話した場合、「入社してほしいと思っているのでは?」と前向きに捉えられます。

企業側は事業内容や社風の補足としてメリットを話す場合もあるため、必ず合格するとは限りませんが、採用に前向きである、他社ではなく自社を選んでほしいと思っているということは推測できるでしょう。

5.面接官に「自社に合っていそう」と言われた

面接では募集職種への適性や社風との相性などを確認されているため、面接官から「自社に合っていそう」と言われたなら、その時点では採用を意識している可能性があります。

ただし、応募者の人柄やスキル、マナーなどを総合的に見て採否を決めているので、相性の良さを褒められても有頂天にならないよう注意しましょう。

面接に手応えがなかったと感じるとき

「今回の面接は不合格かも…」と思ってしまう要因として、以下の5つの例が挙げられます。

1.面接時間が短かった

面接が予定よりも早く終わってしまった場合、手応えを感じられず自信をなくしてしまうでしょう。

企業によって面接時間は異なるため、「長かったから合格」「短いと不合格」だと一概には言えませんが、あまりにも短いと「自分に興味がなかったのでは」と不安になるのは無理もありません。

2.面接官の表情が暗かった

自信を持って自己PRや志望動機などを話したにもかかわらず、面接官が険しい顔をすることがあるようです。

面接官が終始無表情だったことで、自信をなくして自分の表情も暗くなってしまい、結果的に採用につながらないケースがあります。

3.質問にスムーズに回答できなかった

「面接準備が不十分で、回答を用意していない質問にうまく答えられなかった」「事前に面接練習したけれど、緊張してしどろもどろになってしまった」という場合があるようです。

回答を丸暗記していると、「次の言葉が出てこなかった際に頭が真っ白になり、しばらく黙り込んでしまった」ということも起こりうるでしょう。

4.自分の回答について根掘り葉掘り聞かれなかった

「回答を深堀りされると思ったのに、詳しく聞かれず面接があっけなく終わった」という場合、自分に関心がなく、採用の可能性が低いのではと不安に感じるようです。

自分が回答した後に静まり返ったときも、「何か不適切なことを言ってしまったのでは」「不合格のサインかも…」と落ち込んでしまうでしょう。

5.アピール内容を面接官に否定された

自分の強みや自己PRを伝えた際、「自社で活かすのは難しいのでは?」「ほかの内容と矛盾するのでは」と否定的な反応があると、不合格を連想してしまうでしょう。

面接官からアピール内容の欠陥や矛盾を指摘されると、「気が動転してほかの質問にもうまく答えられなかった…」と気が滅入ることもあると考えられます。

面接の手応えだけでは結果は分からない!

面接が終わった後は「和やかな雰囲気だったので合格できそう」「練習通りに回答できなかったから、きっと不合格だろう…」と結果を予想する人もいると考えられますが、手応えはあくまで自己評価のため、そのとおりになるとは限りません。

面接に手応えがあっても落ちるケースとしては、以下の例が挙げられます。

1.アピール内容が応募先企業のニーズに合っていなかった

面接は応募者と企業の相性を確かめる場のため、明るい表情でスラスラ回答できたとしても、アピール内容がニーズに合っていなければ不合格になる可能性が高いでしょう。

面接で不合格になると「せっかく書類選考に通ったのに…」と落ち込むと考えられますが、自分の強み・スキルを活かせない企業だったのであれば、「入社後のミスマッチを防げた」と前向きに捉えることが大切です。

2.スムーズに回答できたが棒読みになっていた

スムーズに受け答えできたとしても、丸暗記した内容を述べると感情がこもっていない話し方になり、「熱意が感じられない」「自社の志望度はあまり高くないのでは?」と思われる恐れがあります。

面接で棒読みになるのを防ぐには、想定質問への回答を箇条書きでまとめ、ポイントを頭に入れて話すのが有効です。「箇条書きした内容をうまく文章にできるか不安…」という人は、家族や友人に面接官役をお願いし、模擬面接で何度も練習しましょう。

3.身だしなみや言葉遣いなどのマナーを守れていなかった

面接に臨む際は、清潔感のある服装・髪型や正しい言葉遣いを心がけることが大切です。

髪に寝癖がついていたり敬語をたびたび間違えたりすると、「緊張感が足りない」「取引先の社員と信頼関係を築けないのでは?」と不安要素を与え、採用される可能性が低くなってしまうでしょう。


ここまで面接に手応えがあっても落ちるケースをご紹介しましたが、以下のように手応えがなくても採用される場合があります。

1.緊張して表情がこわばったが、強みやスキルが応募先企業のニーズに合っていた

面接官は応募者の緊張をある程度想定しているため、表情が硬かったとしても、即不採用ということはないと考えられます。

「笑顔を意識するつもりだったのに、緊張して暗い表情で話してしまった…」という人も、企業のニーズに合うアピールができたなら、採用される可能性があるでしょう。

2.難しい質問をされた際は、正直に「勉強不足で分かりません」と答えた

企業によっては、志望動機や自己PRのほか専門知識を要する質問をされることがあります。難しい質問をされた際に黙り込んだり当てずっぽうに答えたりすると「コミュニケーションスキルが低いのでは」「知ったかぶりをしている」と悪印象につながってしまうでしょう。

知識を基に正答を述べるのが望ましいですが、分からないときは「申し訳ありません、勉強不足で分かりません。面接後にしっかり調べたいと思います」と正直に伝えれば、「素直である」「向上心がある」と肯定的に捉えてもらえる場合があります。

3.スムーズに回答できなくても、自分の言葉で述べることを心がけていた

面接官の質問にスラスラ答えられなかったとしても、感情を込めて自分の言葉で話したのであれば、入社意欲や熱意が伝わって好印象を与えられる可能性があります。

ただし、話が支離滅裂になると「コミュニケーションスキルが心配」「面接準備が不十分なのでは」とネガティブな印象につながりやすいでしょう。自分の考えやアピール内容を分かりやすく伝えるには、事前に模擬面接を行い、論理的に話す練習をするのがおすすめです。

面接の結果連絡が遅いのは不合格フラグ?

面接結果の連絡が遅くても、不合格とは限りません。面接官のほか人事部の責任者や管理職などが採否を決める際は、採用の決定や結果連絡までに時間がかかる場合があるからです。

結果連絡は面接後1週間~10日が目安といわれていますが、可能であれば面接時に連絡の期日を聞いておきましょう。結果連絡の期日を把握しておけば、「いつになったら連絡がくるんだろう…」と不安になるのを防げます。

期日を過ぎても企業から連絡が来ないときは、電話かメールで問い合わせましょう。企業から問い合わせ時の連絡手段を指定されている場合は、指示に従ってください。

「面接では手応えを感じているのに、なかなか内定をもらえない」「いつも面接で落ちてしまい、自信をなくしている」という人は、就職・転職エージェントのハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒などを対象にアドバイザーがマンツーマンで就職・転職支援を行うエージェントです。就職・転職活動時にハタラクティブを活用するメリットとして、以下の5つの例が挙げられます。

1.希望や経験に合う求人を紹介してもらえるので、効率的に仕事を見つけられる
2.履歴書や職務経歴書の効果的な書き方を押さえ、自分の強みを最大限にアピールできる
3.模擬面接で基本的なマナーを確認でき、自信を持って本番に臨める
4.面接の日程調整を代行してもらえるので、選考対策の時間を確保しやすい
5.入社前に必要な準備を教えてもらえるので、安心して初出勤日を迎えられる

ハタラクティブは未経験OKの求人を常時2,300件保有しており、人柄重視の企業が多いのが特徴です。ハタラクティブは実際に取材した企業をご紹介しているため、応募前に具体的な仕事内容や社風などを把握でき、入社後のミスマッチを防げます。

万が一面接でうまくアピールできなかったとしても、アドバイザーが企業にあなたの強みを伝えるので、1人での就職・転職活動よりも選考通過率を高められる可能性があります。

希望に合う企業に就職できるよう、内定率80.4%のハタラクティブにぜひご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION