1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職理由を履歴書に書く際のポイント

退職理由を履歴書に書く際のポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書や職務経歴書を作成する場合、退職理由によって書き方が異なる
    ・退職理由をポジティブに書くことにより、自分へのアピールポイントへと変わる 
    ・ネガティブな理由は書く必要はないが、退職理由を偽るのは経歴詐称になりかねないので注意

履歴書や職務経歴書の作成する際、自己都合や会社都合などの理由だけでなく、退職理由を書かなければならない場合があります。今回のコラムでは、基本的な退職理由の書き方や、印象を良く見せる退職理由の書き方について紹介していきたいと思います。

◆退職理由の基本的な書き方

転職時、前職の退職理由を書こうとしても、どう書べきなのか悩んでしまうかもしれません。
退職理由の書き方によっては、あなたへの採用担当者の印象が大きく変わるかもしれないので気をつけましょう。

【自己都合による退職】

自己都合による退職の場合は「一身上の都合により退職」と、記載をすると良いでしょう。
仮に、人間関係で問題があった場合や、仕事内容に不満があって辞めたとしても、自分から退職を願えば一身上の都合になります。

【倒産やリストラなどによる退職】

倒産やリストラの影響による退職は「会社都合により退職」と記載すれば大丈夫です。会社都合に該当するのは、会社の倒産や人員削減・リストラ・事業所の閉鎖などが挙げられます。
ただ注意する点があり、会社側から退職勧奨を受けてそれを承諾をした場合、自己都合による退職扱いになることがあるので気をつけましょう。

【契約期間満了による退職】

契約社員や派遣社員など、期間に定めがある労働契約の場合は「契約期間満了につき退職」と記載をします。
しかし、契約満了前に退職をした場合は「一身上の都合」による退職となるので注意しましょう。

◆詳しい退職理由を書くべき場合の注意点 

通常は「一身上の都合により」と、最低限の言葉の記載だけで良いでしょう。
しかし「空白期間が長い」「転職回数が多い」「職種に一貫性がない」といった場合は、採用担当者から理由を問われることがあるため、職務経歴書に理由を具体的に書くことが望ましいです。

【ブランク期間が長い場合】

一般的に、退職後に就職活動にかける期間は、2~3ヶ月程度だといわれています。半年以上の期間が空いている場合は「働いていない間、何をしていたんだろう…?」と、採用担当者から思われる可能性は高いでしょう。
この場合、ブランクがある期間をどのように過ごしていたのかを書くことをおすすめします。
例えば「資格取得」や「フリーランスとして活動」など、状況に応じた理由を書くことが望ましいでしょう。
また「病気治療」のための退職だった場合は、病気が完治した旨を書くことを忘れてはいけません。

【転職の回数が多い場合】

「結婚」や「家族の転勤」などで転職の回数が多い方は、明確な理由を記載します。
短い期間に転職を繰り返されている方は、仕事に対する前向きな姿勢が感じられる退職理由を明記すると良いでしょう。

【職種に一貫性がない場合】

職種に一貫性がない場合は「なにごとも中途半端じゃないだろうか?」「社会人として仕事を任せても大丈夫だろうか?」と、採用担当者が懸念を抱く可能性も否めません。
退職理由を書く場合は、「新たな職種にチャレンジするため退職」といった積極性をアピールするのが良いかと思われます。


◆ネガティブな退職理由は書かない

ネガティブな理由はマイナス評価に繋がりかねないので、わざわざ書く必要はありません。
しかし自己都合で会社を辞めたにも関わらず、「会社都合での退職」と書くと、経歴詐称にあたりますので注意しましょう。
もしマイナスイメージが気になるなら、前向きな理由へ置き換えられないか発想を転換させてみることが大切です。

【ポジティブな気持ちで転職活動】

採用担当者から見れば、少なからずともネガティブな理由で退職する人もいること把握しているでしょう。
ですので、あなたが今まで歩んできた社会人としての経験も大切ですが、今どんな気持ちで転職に挑んでいるのかが重要となってきます。
企業は、前向きな気持ちで新しい会社へと一歩を踏み出そうとする人材を採用したいと思っているでしょう。

そこで、あなたが転職活動に前向きな人物だとアピールできれば、 採用への道が近づくかもしれません。
自分の印象を好印象で残すため、アピール方法が重要となってきます。
もし、第三者目線でアドバイスをしてくれる人がいれば、きっと心強いでしょう。自分でも気がづかなかった問題点を見つけ出すことができるかもしれません。

就職支援を行っているハタラクティブには、アドバイスを行ってくれる多くのアドバイザーが在籍しています。
カウンセリングを通して自己分析ができる他、履歴書の書き方や面接対策などに取り組むことができます。
あなたの転職活動のパートナーとして、この機会にハタラクティブを活用してみるのも、転職活動を成功させる鍵となるでしょう。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる