ニートは就職できない?就職するためにやるべきこととは

ニートは就職できない?就職するためにやるべきこととはの画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートから脱却できない原因は人それぞれだが、今の生活が続く保障はない
    ・就職活動は若い人ほど有利だが、若くないからといって何もしないと不利になる一方
    ・就職活動を始めるにあたって生活リズムを整えることが大切
    ・生活リズムを改善させると同時に求人探しも行う
    ・ニート期間については嘘をつかず、学んだ知識やスキルがあれば積極的にアピールする

ニートとは、就学や就労、職業訓練などを行っていない状態の人を指していて、日本では15歳から34歳までの人を対象としています。
このコラムではニートが就職できない理由や就職活動を成功させるためのポイント、求人の選び方などの情報をまとめました。
良かったら参考にしてください。

◆ニートから脱却できない様々な理由

ニートから脱却できない原因は人によって様々ですが、以下のようなことが考えられます。

・就職活動に失敗して自信を無くしてしまった
・職場のストレスに耐えられるか不安
・人とのコミュニケーションが苦手
・引きこもりがちになっている
・特にやりたいことがない
・現実世界よりネットの世界で生きているほうが楽

今はニート生活を支えてくれている人達がいるので不安や焦りを感じることはないかもしれませんが、今の生活がずっと続くという保障はありません。
支えてくれている人達が突然いなくなってしまった場合、今の状態で生きていけるでしょうか?
少しでもニート生活から脱却したいと考えている方がいたら、すぐ行動に移すことをオススメします。

◆思い立ったら即行動!早めの就職活動が内定への近道です

就職活動は年齢が若い人ほど有利であると言われていますが、それには以下のような理由があります。

・未経験の業種にチャレンジができる
・ポテンシャル採用が多い
・若い人のほうが仕事を覚える速度が早いと考えられている
・若い人のほうが物事に対する柔軟性があると考えられている
・会社に染まっていないため社風に馴染みやすい

上記のような理由から、企業は若い人の雇用にメリットを感じて採用活動を行っています。
しかし、若くないからといって行動に移さないのは不利になる一方なので、ニートを脱出したいと考えた時点で行動に移しましょう。
行動に移す時期が早ければ早いほど、自分が希望する業界や職種、福利厚生などの条件が揃った求人と出会える可能性も高くなります。

◆まずは生活習慣を改善すること大切

ニートから脱却するために、まずは日常生活の立て直しから始めます。
生活習慣を見直して、社会に適応できる体作りをしていきましょう。

【食事】

1日3食を決まった時間に摂りましょう。
インスタント食品で済ますのではなく、栄養バランスが摂れたごはんを食べます。
ごはんと味噌汁はもちろんのこと、肉や魚、卵、豆腐などを使ったメイン料理に、野菜や海藻を使ったおかずを添えましょう。
食欲が湧かない時はお粥や雑炊、リゾット、麺類などが食べやすいのでオススメです。
また、お菓子の代わりに果物を摂取することで、体の調子を整えてくれるビタミンを摂取できます。

【睡眠】

人間の体は、朝は起きて夜は寝るという体内リズムを持っているため、このリズムが崩れてしまうと体調を崩しやすくなります。
また、大半の会社は日中に動いているため、生活リズムが崩れている場合、適応するのが困難で退職せざるを得なくなってしまうケースも。
社会のリズムに合わせるためにも、夜は12時までに寝て、朝は7時までに起きるという生活習慣を身に付けましょう。

◆求人を選ぶ際のポイント

生活リズムの立て直しと同時に、求人探しも進めていきますが、求人を選ぶ際にはポイントがあります。

【給与】

給料についてですが、求人情報や求人票に提示されている金額が、額面なのか手取りなのかを確認しましょう。
額面の場合、提示されている金額から厚生年金や健康保険、雇用保険、所得税などが引かれるので、手取りはもっと少なくなります。
また、基本給や固定給もチェックしましょう。
基本給は提示されている金額に加えて、住宅手当や家族手当、残業代などがプラスされますが、固定給は提示されている金額に手当が含まれています。

【休日】

休日は、会社によって土日休みだったり、平日が休みだったり、平日土日を交えて休みだったり様々です。
完全週休2日制は毎週2日間休みがありますが、週休2日制は週2日間の休みが月に1回以上、週休制は毎週1日以上の休みとなります。
それぞれ休みの日数が変わってくるので、こちらもしっかりと確認をしましょう。

【未経験歓迎の仕事を探す】

知識やスキルを持っていない場合は、未経験歓迎や未経験OKと謳っている求人を探しましょう。
入社してから仕事を教えてもらえるため、挑戦しやすいお仕事になっています。

◆空白期間の伝え方に気を付けよう

【嘘をつかないことが大切】

資格取得やボランティア、怪我、病気などのやむを得ない事情がある場合は問題ありません。
しかし、後ろめたさから、ニートの期間をごまかそうとするのは止めましょう。
採用担当者は人を見抜くプロなので、面接者の表情や話し方、一貫性などから簡単に気付くことができます。
また、就職後に嘘だと分かった際には周りからの信頼を失いますし、懲戒処分になる可能性も。
そのため、ニートであったことを反省しているとを伝え、働こうと思ったきっかけ、その会社で働きたい理由や熱意を話しましょう。

【ニート期間中に身につけた知識やスキルがある場合は積極的にアピールする】

例えば「ブラインドタッチができるようになりました」「プログラミングを学びました」でも構いません。
「ニート期間中は何もしていませんでした」ではなく、アピールできることを伝えたほうが好印象を残せます。
また「質問に対してどのように答えたら良いか分からない」「就職先が決まらない」「自分に向いている仕事が分からない」という方は、就職支援機関を利用することも一つの方法です。
就職支援機関には、公共職業安定所やジョブカフェ、民間企業が運営している就職支援サービスなどがあり、それぞれ雰囲気やサービスが異なるため、実際に出向いて確かめてみましょう。
自分に合ったサービスを利用することで、就職活動がしやすくなり、内定獲得への熱意も高まります。

ハタラクティブでは、就職活動を熟知した就活アドバイザーがカウンセリングから入社後の定期的なフォローまでサポートをしています。
企業が求めている人物像、仕事内容、職場の雰囲気、経営者の考え方などの細かい情報も把握しているため、ミスマッチを防ぐことが可能です。
また、自己分析、就活軸の探し方、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策などをしっかりと行うため、不安を取り除きながら安心して就職活動に取り組めるのも魅力。
さらに、就活アドバイザーが企業に直接あなたの良さをアピールするので、書類選考の通過率が高いことも特徴となっています。
ハタラクティブに少しでも興味を持たれた方は、お気軽にご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION