20代の仕事探しと服装の関係とは?

20代の仕事探しと服装の関係とは?の画像

20代で正社員として仕事をするようになるときに気になることの一つとして、会社にどのような服装でいけばよいのか、ということもあるのではないでしょうか。
正社員は全員スーツ、と決まっている会社もあれば、会社として制服を設けている会社があったり、オフィスカジュアルでOKという会社もあり、会社によって様々です。
これから働く会社がどのようなルールがあるのか知っておくと安心です。

制服を着る必要がある仕事とは?

まず、20代で仕事をする場合に、制服で仕事をする職業をご紹介します。
鉄道会社やタクシー会社などの公共交通機関の運転手や駅員などは制服で仕事をします。
また、デパートやイベント会社などの場合も制服で仕事をするケースが多いでしょう。
さらに、工場内では間接部門も含めて作業服が制服というところも多いですし、オフィスワークの場合は、男性はスーツで女性は制服というケースもあります。
制服で仕事をするメリットは、仕事着に関して何を着るかを悩まずに済むことと、仕事用の洋服にかけるコストが少なくて済む点です。
ファッションコーディネートが面倒、洋服にはコストをかけたくないという場合は、制服の仕事は有望な選択肢となります。
また同じ服装をしながら働くメンバーにはチーム意識が生まれることもあり、制服を導入している企業もあります。

スーツが中心となる仕事とは?

20代で仕事をする場合にスーツが中心となる仕事にはどんなものがあるでしょうか?
まず最初に思い浮かぶのは営業でしょう。スーツはビジネスにおける正装ですので、お客様先に訪問に行く際はスーツを着ることがほとんどです。
20代が毎日スーツを着て仕事をする場合、最初はスーツの数が足りないと感じることが多いでしょう。
働き始めたばかりの頃は就活や転職活動用で買ったスーツしか持っていないという人も少なくありません。給料の一部を継続的に貯めて、早めにスーツを何着か購入するように心がけましょう。
営業以外も会社としてスーツでの勤務をマストにする企業も中にはあります。大手金融系企業などはそのパターンでしょう。
このように、事前に就活や転職活動の際に知っておくと準備が出来てよいでしょう。入社後も毎日着るものなので、クリーニングに出したりアイロンをかけ、整った身なりを意識しましょう。

自由な服装ができる仕事とは?

20代が仕事を選ぶ場合、仕事内容だけでなく、自分に合った服を着てできる仕事、自分の気に入った服装で仕事をすることが許される職場ということも考慮して就職活動をする人もいるかもしれません。
比較的自由な服装で仕事ができる業界には、アパレルや広告、デザイン業界などがあります。
また、新興企業など、設立して間もない会社で社長などの経営陣が若い会社の場合は、服装の自由度が高いケースもあります。服装の自由度が高い会社は、一般的には社風も自由ということが多いです。
仕事の服装が社風などを表すこともあるので、就職活動中や転職活動中はその企業で働く人の服装に注目してみるのも、傾向が見えて面白いかもしれません。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION