高卒の年収の平均は?転職で年収を上げるポイント!

高卒の年収の平均は?転職で年収を上げるポイント!の画像

高卒で転職活動をしている方の中には、年収の低さを不安視している方もいるのではないでしょうか。
実際に高卒の平均年収は大卒と比較して低いことがわかっていますが、学歴不問で経験や人柄重視のお仕事も多く、高収入が望めることがあります。

ここでは、高卒の平均年収や、高卒で高収入が見込める職種についてご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

高卒の平均年収は?

厚生労働省が実施した「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、最終学歴が高卒の人の平均賃金は男性で295,000円、女性で218,000円でした。高卒の平均年収は大卒・大学院卒の人の年収に比べて低いことがわかります。

  大学院 大学 高専・短大 専門学校 高校
男性(年齢計) 465,200 391,900 345,500 309,300 295,000
女性(年齢計) 404,300 288,300 258,000 263,400 218,000

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 学歴別

大卒の月の平均賃金が男性で391,900円、女性が288,300円に対して、高卒の月の平均賃料は男性で295,000円、女性で218,000円となっています。
仮に賞与を月給1カ月分として、月給×13カ月で計算した場合、大卒の平均年収は男性で約500万円、女性で約375万円。
対して、高卒の平均年収は男性で約384万円、女性で約284万円になり、その年収差は少なくないといえるでしょう。

また、それぞれ月収のピーク時は、男性の場合は大卒・高卒ともに50代でした。
大学卒の人の月の平均が526,600円で上記同様に年収を算出すると約685万円なのに対し、高卒は月の平均が353,700で年収は約460万円。
平均値だけでなく、年収の上昇率も大卒と比較して少ないことが理解できます。

女性の場合も収入のピークは男性と同じく50代ですが、大卒は月の平均が382,000円。年収は約500万円です。
一方、高卒は月の平均が234,000円。年収は約300万円となっています。大卒者に比べると高卒者の年収は大きな差があるというのはデータ上も明確なようです。

参照元
厚生労働省
賃金構造基本統計調査

高卒でも高年収の職業とは?

このように、学歴によって平均年収が異なりますが、学歴に関係なく年収が高い仕事に就いている人もいます。実際に学歴不問の求人も多くあることから、学歴よりも経験を重視するという職場もあると考えられるでしょう。

例えば、生命保険の営業に代表されるような歩合制の給与体系の企業では、学歴よりも営業力やネットワークの広さが重宝されます。
他にも金融や不動産の営業は同様に成果が重視される傾向があるので、学歴よりも人柄ややる気を重視することが多いといえるでしょう。

また、大工などのガテン系のお仕事も学歴不問が多い職種です。
体力勝負ですが、人手不足の業界で年収は他業界より高い傾向にある上、特殊車両の免許などがあればさらに高給が見込めるかもしれません。

さらに専門職の場合は将来的に独立することもできます。
特に料理人やSEなどは経験や技術が重要視される職種です。
ほかにも社会労務士や中小企業診断士などの国家資格を取得し独立すれば高収入を目指すことも可能かもしれません。

高卒の転職はハタラクティブにおまかせ!

自分の適性や経験を活かして高収入の転職先を見つけようとする場合、自分ひとりで情報収集するには限界もあるので、転職のプロに相談するのがおすすめ。

ハタラクティブは、20代の若手に特化して転職のサポートをしている転職エージェントで、求人募集している企業から依頼を受けて求職者へお仕事を紹介するサービスを行っています。
高卒の方向けの求人も豊富に取り扱っているので、どんな仕事があるのかわからないという方も一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

また、キャリア相談の他にも面接対策も行っており、魅力的な応募書類の書き方や、学歴よりも人柄やポテンシャルをアピールする面接でのポイントなどをレクチャーしています。
転職活動に役立つ情報やノウハウを多く提供しておりますので、転職が初めてで不安という方も、ぜひ無料カウンセリングでご相談ください。

この記事に関連するタグ