フリーターにはどんなバイトが人気?おすすめの仕事4選を紹介!

フリーターにはどんなバイトが人気?おすすめの仕事4選を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • フリーターには塾講師や家庭教師のバイトが、生徒の成長を感じることができると人気
  • フリーターが働くアミューズメント施設のバイトは、接客やゲームが好きな人に人気
  • フリーターが飲食店のバイトをする場合は、ホールとキッチンの業務がある
  • イベントやキャンペーンスタッフは、土日祝日を中心に働きたい人に人気

フリーターには、どのようなバイトが人気なのでしょうか。時間に余裕があるフリーターだからこそ、自分に合ったバイト先を探したいもの。このコラムでは、フリーターに人気のバイトを4つご紹介します。仕事内容や魅力、働く上で大変なことなどを詳しく解説。人気のバイトを知ることで、自分の仕事探しに活かせるかもしれません。今後の働き方の参考にぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

塾講師・家庭教師

塾講師や家庭教師は、成績アップや受験対策を目的に勉強を教える仕事。小学生から高校生まで、教える年代が幅広いのが特徴です。

仕事内容

塾講師は、1〜3人の生徒に1人の先生がつく個別指導と、学校のように20〜30人の生徒に授業を行う集団指導があります。授業だけではなく、事前準備や学校の授業のサポート、テストの採点、受験指導などさまざまな業務を担っています。塾によっては、担当している生徒の保護者会や三者面談を行うこともあるようです。
一方、家庭教師は生徒の自宅を訪問し、生徒や家庭の要望に合った指導を行うことが特徴です。塾から支給される教材や、生徒が通っている学校の教科書などを使い、宿題のサポートからテスト勉強、受験対策までさまざまな指導を行います。

仕事の魅力・大変なこと

塾講師や家庭教師は、やる気のない生徒に指導することもあるため、意欲を引き出す授業が求められます。塾の集団指導では、生徒の理解度に差が出ないよう、難しい問題を教えるときには予習や準備のための時間が必要です。家庭教師は、一人ひとりの生徒に集中でき、保護者と連携しやすいのが魅力の1つ。生徒の成長を身近に感じられるやりがいのある仕事といえるでしょう。授業は夕方から始まることが多いため、ダブルワークをしたい方や、短い時間で効率的に働きたい方に向いています。ダブルワークについては「フリーターがバイトを掛け持ちするポイントと注意点」のコラムで注意点を解説しています。気になる方は、こちらも参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

レジャー・アミューズメントスタッフ

カラオケやゲームセンター、ボウリングセンター、遊園地、映画館などのレジャー施設・アミューズメント施設で働くのが、レジャー・アミューズメントスタッフです。

仕事内容

アミューズメント施設の運営・接客に携わる仕事です。チケット販売、施設の案内、アトラクションの運営、商品管理、掃除など、働く施設や配置される場所によっていろいろな業務があります。

仕事の魅力・大変なこと

レジャー施設やアミューズメント施設は営業時間が長い施設が多いため、長時間働けるのが魅力。年齢や性別を問わず多くの人が訪れるので、コミュニケーションスキルが身につくでしょう。
大変な点としては、常にお客さまの安全に気を配り、迷子や盗難、怪我などのトラブルに柔軟に対応をする必要があることです。また、マナーの悪いお客さまに注意しなくてはいけないこともあるかもしれません。さらに、お休みに関しては、土日や祝日はお休みをとることが難しい点に注意が必要です。ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始といった長期休暇期間もお客さまが集中するため、休みを取ることが難しくなるでしょう。

飲食店スタッフ

飲食店とは、レストランやファストフード店、喫茶店、居酒屋など、飲食物を提供するお店のこと。店舗によりますが、フリーターが多いバイト先の一つです。飲食店のアルバイトは、主に調理に携わるキッチンスタッフと、接客や給仕を行うホールスタッフに分けられます。

仕事内容

キッチンスタッフは、注文があったフードやドリンクを作り、盛り付けます。大手チェーン店は難しい調理が少なく、料理に自信がない人でも働きやすいのが特徴。皿洗いやドリンクの補充、調理の仕込みなども行います。一方でホールスタッフは、来店したお客さまの接客が主な業務です。席への誘導や注文確認、給仕、片付け、精算まで全て携わります。また、開店前・閉店後に行う店内外の清掃、レジの準備なども業務の1つです。

仕事の魅力・大変なこと

キッチンスタッフは調理方法や盛り付け方を、ホールスタッフは身だしなみや正しい言葉遣いを身につけることができます。また、飲食店では、スタッフにまかないのサービスが出ることも。一人暮らしのフリーターには特にうれしい魅力の1つです。しかし、勤務中は常に立ち、料理を運んだりお皿を片付けたりと動き続けているため、体力的にハードな仕事だといえるでしょう。

イベント・キャンペーンスタッフ

人の集まる場所で行うイベントやキャンペーン。短期アルバイトの定番の1つであるイベント・キャンペーンスタッフの仕事は、土日や長期休暇中が中心です。

仕事内容

イベントスタッフは、コンサートやライブ、セミナー、ヒーローショーなどのイベントに関するバイトです。グッズ販売やチケットの手続き、会場案内、警備、会場の設営を行うことも。半日〜1日の単発バイトだけでなく、イベントの開催期間によっては1〜2週間の短期バイトやシフト制の長期バイトもあります。キャンペーンスタッフは、新商品や新規オープンのお店に合わせて、サンプル品やグッズ、チラシなどを配ります。その場で試してもらい感想を聞いたり、商品の説明を行ったりすることも。駅前やショッピングモール、店頭、イベント会場など、人が集まるさまざまな場所で働くのが特徴です。

仕事の魅力や大変なこと

イベントスタッフやキャンペーンスタッフは、土日祝日の勤務が多いため、平日のバイトとダブルワークしやすいというメリットがあります。また、イベントスタッフは、イベントの裏側を知れるのが魅力。運が良ければ、ライブやコンサートのリハーサルを見るチャンスがあるかもしれません。キャンペーンスタッフは、1日8時間のフルタイム勤務は少なく、「10時〜15時まで」や「サンプルを配り終えるまで」など短時間の勤務が特徴ですが、常に立ちっぱなしなので体力が必要となります。また、女性は高いヒールを着用することもあるようです。これらの職種については「フリーターには人と接する仕事がおすすめ?多くの人に会う求人」でも紹介していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

フリーターに人気のあるおすすめバイトをご紹介しましたが、いかがでしたか?フリーターはプライベートの時間を確保しやすく、柔軟に働けるところが魅力ですが、収入面やスキルアップの面で不安を感じている方もいるでしょう。その場合、ダブルワークをしたり、より条件の良いバイトに変えたりする方法もありますが、正社員になって就職するというのも1つの手です。「フリーターでスキルなしでも就職可能?スキルアップの方法もご紹介!」を参考に正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブでは、就活アドバイザーが1対1でカウンセリングを実施。あなたの希望や能力に合った求人を提案しています。応募書類の添削や面接対策も行っているため、就職活動をしたことがないという方でも安心して利用できるのがポイント。将来に不安を感じているフリーターの方、就職を考えている方は、まずはハタラクティブにご相談ください。