新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で泣くのは弱いからじゃない!その心理と対策とは

面接で泣くのは弱いからじゃない!その心理と対策とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接で泣くと、面接官からストレス耐性がない、自分をコントロールする能力がないと判断される可能性がある
    ・面接で泣いてしまったら、素直に謝り気持ちを切り替える。その後きちんと回答できれば合格の可能性もある
    ・緊張や不安、思うように答えられなかったなど、受かりたい気持ちが強いときほど面接で泣いてしまうことがある
    ・面接で泣かないためには、必要以上に自分をよく見せようとしないこと、少しの失敗で落ち込まないことなどが大切

面接で極度の緊張やプレッシャーを感じてしまったら、そんな時に面接官に厳しい言葉を言われてしまったら、泣いてしまう応募者がいるのも理解できます。
しかし、どんな理由があっても面接で泣くことは面接官にとって印象はよくありません。このコラムでは、面接で泣いてしまう理由と、泣かないための対策をまとめました。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

面接で泣くと受からない?

どうしても受かりたい!そう思えば思うほど緊張し、プレッシャーを感じてしまう面接。
面接で泣きそうになったり、泣いてしまう応募者も少なからずいるようです。

面接で泣くと・・・

面接で泣いてしまうと、ストレス耐性がない、自分をコントロールする能力がないと判断され、仕事にも影響が出るのではないかと面接官が採用を躊躇してしまう可能性もあります。

泣いてしまったら・・・

まずは素直に謝ることが大事。面接官によっては待ってくれることもありますので、心を落ち着けて再度面接に挑みましょう。
気持ちを切り替え、その後の回答がきちんとしたものであれば、合格の可能性は十分あります。

面接で泣いてしまうのはどんなとき?

大人が人前で泣くというのはあまりないことですが、面接の場合、どんな時に泣いてしまうのでしょうか?

緊張や不安

不安や緊張のあまり話しているうちに自然と涙が出てしまう、ということもあります。
泣きたいわけではないのに泣いてしまうことほど悔しいものはないですよね。

圧迫面接

圧迫面接とは、面接官がわざと厳しいことを言ったり、応募者を困らせるような質問をしたりする面接方法。応募者のストレス耐性や臨機応変さをチェックするために行うとされています。
ただでさえ不安な面接で、シビアな質問が続けば泣いてしまう人がいるのも頷けます。

思うように答えられなかった

事前準備や対策をしてきたからこそ、思ったように答えられず沈黙の時間が続いてしまうと、耐え切れなくて泣いてしまうということもあるのではないでしょうか。

ほかの人と比べてしまう

集団面接などで、自己PRや志望動機、スキルや経験など、自分よりも優秀だと感じる人と一緒になってしまったときに泣いてしまう人もいるようです。

泣いたってしょうがない、泣きたいわけじゃない。そう分かっていても泣いてしまうのは、緊張や「絶対受かりたい」という強い思いが原因だということが分かります。

面接で泣かないためにできること

人前、なおかつ大切な面接で泣いてしまうと、そんな自分を恥ずかしく感じたり、後悔してしまう人も多いのではないでしょうか。
では、泣かないためにはどんな心構えをすればいいのでしょう。

まずは、必要以上に自分をよく見せようとしないことが大切です。

受かりたいという気持ちが強ければ強いほど、少しでも自分をよく見せいたいと思うのは当然です。しかし、それによって余計にプレッシャーや緊張が大きくなってしまうことも。
少しの失敗で落ち込まず、この面接がダメでも、次がある!と考えれば気持ちも少しは楽になるはずです。

覚えておいてほしいのは、「面接が上手くいかない=自分の能力に問題がある」ではないということ。どんなに素晴らしいスキルや経験があっても、その能力を活かせない業種の企業では落ちてしまうこともあるでしょう。

あなた自身の人格を否定されたわけではなく、企業との相性が合わなかっただけなのです。落ち込みすぎず、自分を必要としてくれる企業に出会えるよう頑張りましょう。

面接中に回答に詰まって泣いてしまった人は、今以上に面接対策をしっかりとしておきましょう。
自己分析や企業研究、よくある質問への回答を想定するなど、自分の心を強くするためにできることは、まだまだあるのではないでしょうか?

また、緊張しすぎてうまくいかないという人は、家族や友人などに面接官役をしてもらっての練習がおすすめ。実際に口に出してやり取りをすることで、頭のなかで考えているよりもスラスラと言葉が出るようになります。

それでも緊張してしまう場合は、面接の前にトイレで鏡を見て心を落ち着かせたり、深呼吸をしましょう。練習してきたことを思い出し「やれるだけのことはやったから大丈夫」と自分に言い聞かせることが大切です。


面接準備はしたけれど、これでいいのかわからない。練習をしたいけど、知っている人だとうまくいかない。
そんなときは、ハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービス。
経験豊富なキャリアドバイザーがマンツーマンでサポートするので、面接対策に不安がある方も安心です。

カウンセリングから内定後のフォローまで、万全な体制であなたの就職を応援します。
書類作成や面接対策、就職のことで困ったら、お気軽にハタラクティブをご利用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ