新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書には固定電話と携帯電話のどちらを書くのが正解?

履歴書には固定電話と携帯電話のどちらを書くのが正解?

公開日:

最終更新日:

履歴書には固定電話と携帯電話のどちらを書くのが正解?の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書に電話番号を書くときのポイントは、応募書類に合わせて記入すること
  • ・電話番号欄が1つの場合、固定電話と携帯電話のうち「連絡のつきやすい電話番号」を記入する
  • ・日中電話に出られないときは、履歴書の本人希望欄に「連絡の取れる時間帯」を書いておく

履歴書の基本情報欄に記入する電話番号について悩む人は意外といるようです。
就職・転職活動をする際に、実家で親と同居しているケース、一人暮らしをしているケース、求職活動中のみ滞在先が変わるケースなど、人によって置かれている状況はさまざま。
そのため、履歴書に書くべき電話番号は人それぞれ異なるのではないでしょうか。
ここでは、電話番号欄における書き方の基本をご紹介。記入するときの注意点も合わせて解説します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書の電話番号欄の書き方

履歴書の電話番号欄を書くときのポイントのひとつは、応募書類に合わせて記入することです。
例えば、何も書かれていない場合もあれば、あらかじめ“()”が書かれている場合もあります。
パターン別に書き方の例を挙げてみました。

何も書かれていない場合

電話番号欄に何も書かれていない場合は、電話番号をハイフンでつなぐのが一般的。
携帯番号なら090-〇〇〇〇-△△△△、固定電話なら××‐〇〇〇〇-△△△△のように記入しましょう。

あらかじめ()があるとき

()が中央にあるときは、()の左から電話番号を記入します。
携帯電話なら090(〇〇〇〇)△△△△、固定電話なら××(〇〇〇〇)△△△△となります。

また、()が左端にあるときは、()の中から記入。固定電話なら市外局番から書きます。
携帯電話なら(090)〇〇〇〇‐△△△△、固定電話なら(××)〇〇〇〇‐△△△△です。下4ケタの前にはハイフンを入れましょう。

電話番号欄が2つあるとき

電話番号欄が2つある場合は、どちらか一方が「携帯電話」と指定されていることがほとんど。
指定通りに記入し、もう一方の電話番号欄に固定電話を記入します。
携帯電話が無い場合、固定電話がない場合は「なし」と書いておきましょう。

固定電話と携帯電話ではどちらを選ぶべき?

電話番号欄が1つの場合は、固定電話と携帯電話のうち「連絡のつきやすい電話番号」を記入しましょう。
「書類に記入する電話番号は固定電話」というイメージを持つ人もいるようですが、最近は固定電話を引かず携帯電話のみ利用するという人も多く、固定電話でなければならない、というルールはありません。

固定電話と携帯電話の両方を利用している場合、どちらを記入しても問題ありませんが、日中電話にでやすい、移動先でも着信に気づきやすい携帯電話番号を記入した方が、採用担当者との連絡がスムーズにいくケースが多いようです。

また、在職中に求職活動を行う場合は注意が必要です。
日中連絡がつきやすいからといって、会社の電話や会社から支給された携帯電話を応募書類に記入するのは避けましょう。
会社の電話はもちろん、支給された社用携帯は「会社のもの」という意識を持ち、現職の業務と転職活動をきちんと分けて考えることが大切です。

日中電話に出られないときは?

在職中、在学中などの場合、日中電話に出れないという人は多くいます。
そんなときは、履歴書の最後の方にある、「本人希望欄」を活用すると良いでしょう。

本人希望欄は、入社するにあたり妥協できない条件があるときや、連絡の取りやすい時間帯などがあるときなど、採用を円滑に進めるために伝えておくべきことを記入する欄です。

平日は固定電話に出られるのが家族しかいない、日中は勤務中に出られないといったケースでは、連絡がスムーズにいかず、採用担当者に手間をかけしまうことが考えられます。
日中どうしても電話に出られないという場合は、自分が電話に出られる時間帯を本人希望欄に記入しておきましょう。

履歴書には電話番号欄以外にもたくさんの項目があります。
履歴書の書き方が分からない、履歴書を書いてみたけど自信がないという人は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブなら、履歴書や職務経歴書などの添削サービスを利用できます。
ハタラクティブは若年層向けのサービスが充実しているので、はじめて履歴書を書く方にも丁寧で分かりやすいアドバイスが可能です。
提供するサービスは、応募書類の添削のほかにも、希望に合わせた求人紹介、面接対策、採用のスケジュール調整など、さまざま。
はじめての就職・転職活動に不安がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ