仕事とは?面接で聞かれる理由と答え方

仕事とは?面接で聞かれる理由と答え方の画像

この記事のまとめ

  • 仕事とは、お金を得る手段や社会と繋がる手段などである
  • 「あなたにとって仕事とは?」の質問には、人柄や価値観を知る意図がある
  • 面接で「仕事とは?」と聞かれたら、応募先企業の情報と絡めて回答しよう

「あなたにとって仕事とは何ですか」面接で聞かれることがある質問ですが、回答に困る方もいるでしょう。人によって仕事の捉え方や目的は異なりますが、面接で聞かれたら質問の意図を理解したうえで回答するのが理想的。コラムでは仕事の意味や目的をまとめました。面接で質問されたときの答え方にも触れているので、回答の参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事とは?

仕事とは、「生きるため、生計を立てるために行う事柄」と捉えることができます。ほかに、「何らかの目標などを達成するための行動」「行った事柄に対する結果や実績」と捉えることもできるでしょう。
また、仕事そのものの意味ではなく、「仕事をする意味・意義」「働く目的」など、概念的に捉えることもあります。

仕事の意義や目的は人によって異なる

仕事をする意義や目的は人によって異なります。たとえば、「お金を稼ぐ」ために仕事をしていても、「お金を稼ぐ目的」は「欲しい物を買うため」「さらなるキャリアを目指して留学するため」「生活を豊かにするため」など人それぞれ。
さらに、「周りが働いているから」「とりあえず働こうと思った」など、意義や目的を持たなくても仕事は行なえます。

仕事の意義を持つメリット

仕事や働くことに対して意義を持てると、やりがいを感じられるようになります。仕事にやりがいを感じるほど当事者意識が強まり、成果に対して貪欲になったりスキルアップに積極的になれたりするため、自己成長のスピードが上がるといわれています。
また、意欲的に仕事に取り組めるため「大変なこと」「辛いこと」への意識が薄れてストレス緩和にも期待できるでしょう。

代表的な仕事をする理由や目的は?

人によって仕事をする理由や目的は異なりますが、ここでは代表的な「仕事をする理由・目的」を紹介します。

お金を得る手段

仕事をするそもそもの目的はお金にあるため、「生活や家族を養うため」に働いているという意見は多いようです。生きるうえで、家賃や光熱費、食費といったお金は必要不可欠でしょう。

一人暮らしの生活費

一人暮らしの生活費をシミュレーション!平均金額や最低限にする方法も紹介」のコラムによると、家賃を除いた一人暮らしの平均生活費はおよそ10万円。家賃を含めると16万円ほどになると予測できます。

自分の目的や目標を達成する

「留学のために費用を稼ぐ」「経験を積んで独立する」など、掲げている目的や目標を達成するために仕事をする方もいるでしょう。仕事を通して身につくのは、業務に関するスキルだけでなく「人間力」や「判断力」「協調性」といったものもあります。

人との出会いをつくるもの

職場の仲間や取引先、店舗を訪れた人、顧客など、仕事をしていると社外問わず多くの出会いがあり、色々な人から刺激を受ける機会があります。
人との出会いを通して今まで知らなかった価値観や仕事のやり方、生き方が学べるのは、働くうえでの大きな醍醐味になるのでしょう。

自分を成長させるもの

仕事は楽しいことばかりではなく、困難や失敗がつきものです。ただ、成功・失敗を問わず一生懸命取り組んだ時の成長は大きなもので、趣味や遊びでは得られない自己成長を感じられるのではないでしょうか。

趣味や休日を楽しむため

労働基準法では少なくとも週1日または4週間で4日の休日を設けるとしています。限りあるプライベートの時間をより充実させるために仕事をする、という方もいるでしょう。。

人生を豊かにするもの

社会との繋がりが感じられ、多くの人に出会える仕事は、人生を豊かにしてくれると考える人もいます。
仕事は大変と感じる場面も多いですが、仕事をしない生活はめりはりがつきませんし、何かをやり遂げた達成感を得られるのは、毎日働いているからこそ。やりがいのある仕事に就いている人は、仕事を人生を豊かにする要素の1つと捉えているようです。

面接で「あなたにとって仕事とは?」と聞かれる理由

面接で「あなたにとって仕事とは?」と聞かれるのは、仕事に対する価値観やモチベーションを確認するのが目的です。

仕事に対する価値観の確認

「仕事とは?」の答えから、本人が仕事に対してどう捉えているか、どんな価値観で臨んでいるかを確認しています。採用活動を行うにあたり、企業と同じ価値観を持っているかどうかは重要な判断基準になるといえます。

仕事に対する熱意やモチベーションの確認

仕事に対する目的や理由が曖昧だと、仕事のモチベーションが保てずに成長に積極的になれないと考えられます。仕事に対する考え方から、モチベーションや意欲も確認できるでしょう。

社風や既存社員に適合するかの確認

仕事の目的や意欲が、在籍する社員や会社の社風と合うかを確認することも。どれだけ仕事に意欲的でも、会社の掲げる社風や既存社員と折り合いがつかないと「目的が異なる」と判断されてしまいます。

モチベーションを維持する要因の確認

応募者がどんなことに興味があり、何を意欲としているのかを「あなたにとって仕事とは?」の質問から読み取る企業もあります。モチベーションを維持する方法やありかが分かれば、仕事で困難なことが起きても対応できる人材と判断されるでしょう。

面接で「あなたにとって仕事とは?」と聞かれたときの答え方

面接で「あなたにとって仕事とは?」と聞かれたら、自分が考える仕事の意義を伝えて問題ありません。ただし、漠然と「生活のため」「自己成長のため」と伝えるのではなく、応募先企業の理念やビジョンと絡めたり、将来性に言及したりしたほうが、好アピールになる可能性が高まります。

企業研究の内容と絡める

自分が仕事をする意義や目的のほかに、企業研究で得た「応募先企業の情報」と絡めた回答は好印象を与えるポイントになりえます。企業の目標や理念と、自分が仕事をする意義に共通性があれば、「目指すものが同じ」「マッチ度が高い」などポジティブな印象を持ってもらえるでしょう。

将来のビジョンを意識する

仕事は長く続けるもののため、「入社したらどうなりたいのか」「仕事をとおしてどんな成長をしたいのか」といった将来の目標やビジョンを伝えるのもポイント。意欲的・前向きな姿勢をアピールできるでしょう。

仕事の目的や意味が分からない理由は?

仕事をする目的や意味が分からない理由として考えられるのが、「正統な評価を受けていない」「働く環境が整っていない」など。モチベーションを保てない環境では、働く意味も見出しにくくなってしまいます。

評価に納得していない

仕事の意味や目的が分からない理由の一つに挙げられるのが、正当な評価を受けていなかったり評価に納得していなかったりすること。自分なりに会社に貢献している、成果を出していると思っているにも関わらず満足できる評価を受けられないと、モチベーションが低下して仕事の目的が分からなくなるでしょう。「成果を出したから昇格・昇給した」など満足できる評価を得ると、「また頑張ろう」「次は◯◯を目指そう」とさらなる目標に向かってモチベーション高く仕事に取り組めるでしょう。

周囲の環境が良くない

一緒に働く上司や先輩、同僚に問題があることで仕事に意義を見いだせなくなることも。言葉だけは強いものの行動が伴わない上司や愚痴ばかりで作業を滞らせる同僚がいれば、モチベーションを保つのは難しくなります。

自分の目的が分からない

「学校を卒業したらみんな働くから」「なんとなく採用されたから」など、自分が働く目的そのものが分からないまま仕事をしている、という方もいるでしょう。働くうえでの目標や目的がないため、仕事に身が入らず結果や成果が出ないという悪循環になっていることも。働く目的を見出したい方は、「なんのために働くのか…分からなくなったときのヒントや面接の対策法を解説」をご覧ください。

仕事の意味を見つける方法

仕事をする意味や働く意義で悩んだら、小さな目標を立てて成功体験を積みましょう。また、業務に対して積極的に取り組むことで、やりがいを見いだせる可能性が高まります。

1.小さな目標を達成する

小さな目標を立てて達成していくことで、成功体験につながります。やりがいや「目標を達成した」という充実感を重ねると、仕事をする意義や目的も見いだせるようになるでしょう。
また、小さな目標を達成すること自体にやりがいを感じ始めると、達成に向けて知識やスキルの習得に積極的になるため、自己成長にもつながります。

2.仕事への取り組み方を見直す

指示を受けてこなす、といった受身の姿勢では、仕事の意義ややりがいを感じるのは難しいといえます。当事者意識を持ち、指示を待つのではなく自ら動いていくことで、達成したときに大きなやりがいを感じられるように。自ら仕事を取りに行くのが困難でも、与えられた仕事に対して「前回より効率化を意識する」など自分なりに課題を設定することは可能でしょう。
仕事に積極的になることで、知識やスキルが深まりより仕事への理解度や貢献度が高まる期待もできます。

3.周囲にやりがいを聞く

一緒に働く人や同じ仕事をする人に、やりがいを聞いてみるのも働く意味を見つけるひとつの方法です。別の視点を取り入れることで、今まで気づかなかった仕事の魅力や問題点が浮かび上がることも。また、自分以外の人がどのように仕事に取り組んでいるかを参考にすることが、自分の仕事への向き合い方の参考になるかもしれません。

仕事への取り組み方をどう伝えていいか分からなかったり、面接対策に不安があったりするなら、就職・転職支援のハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層に特化したエージェントで、カウンセリングや求人提案、書類、面接対策で内定までを全面的にバックアップ!
専任のアドバイザーがその都度必要な指導をいたしますので、1人での仕事探しに不安がある方も安心です。
ハタラクティブで、あなたに合った仕事を見つけましょう。

この記事に関連するタグ